Wanglin YAN
厳 網林 ゲン モウリン

環境情報学部教授
政策・メディア研究科委員
学位博士(工学)
主な兼職中国華東師範大学客員教授、成都理工大学客員教授、東京大学空間情報科学研究センター客員教授(2012.1-
略歴【学歴】
1987.4-1989.3 東京大学工学部土木工学科修士課程
1989.4-1992.3 東京大学工学部土木工学科博士課程
【主な前職】
慶應義塾大学環境情報学部助手、
武蔵工業大学環境情報学部助教授 
慶應義塾大学環境情報学部助教授
専門分野地理情報科学, 都市・地域環境、気候変動、持続可能科学
担当科目空間情報発想,空間分析,地球環境概論,エコシステム評価論,地球環境技術論,デジタルアース論,低炭素社会設計論,環境測定演習,大規模環境システム構築法,アカデミックプロジェクト,研究会(データドリブンによるスマート都市・地域の構築),研究会(データドリブンによるスマート都市・地域の構築 ),大学院プロジェクト科目(環境と開発のジオインフォマティクス)
所属学会・団体地理情報システム学会、写真測量とリモートセンシング学会、日本リモートセンシング学会、土木学会、電気学会、日本地理学会、日本都市計画学会
主要著作・論文・作品●著書:
Wanglin Yan and Williamn Galloway(2017)Rethinking Resilience: Adaptation and Transformation Springer:Netherlands, 396p.19-Apr-2017.
Wanglin Yan. (2015). Interfaces of Science and Policy for Climate Change Adaptation and Disaster Risk Reduction. In P. Sawhney & M. A. Perkins (Eds.), Emerging Climate Change Adaptation Issues in The Asia-Pacific Region (pp. 138–162). Institute of Global Environmental Strategy (IGES).
アジアの持続可能な発展に向けてー環境・経済・社会の視点から、厳網林・田島英一編著、慶應義塾大学出版社、2013.12(序章pp.1-22、第1章pp.25-40を執筆、第2章pp.41-57翻訳).
ザ・環境学ー緑の頭の作り方、小林 光・一ノ瀬友博・厳 網林・池田靖史編著、勁草書房、2014.1.
社会イノベータへの招待−「変化をつくる人」になる、共著(金子郁容・國領二郎・厳網林)、慶應義塾大学出版会、2010.11.(第1書、第5章②、第6書④、第8章を執筆).
総合政策学:問題発見・解決の方法と実践,共著(大江守之・岡部光明・梅垣理郎【編】),慶應義塾大学出版会,2006.2,268p.(第8章 東アジアにおける環境問題と国際政策協調スキームの構築を執筆分担).
GISの原理と応用(単著)、日科技連、2003.4
GISの基礎と応用―空間情報統合化の技術(共著)、オーム社、2001.
●近年の論文:
厳網林(2015)スマートコミュニティの現状と課題, 環境情報科学 Vol.44(3) 特集解説, 61-66, 30-Sep-15, Tokyo.
厳網林(2017)震災レジリエンスと環境共生:人口減少社会における復興とは, 環境情報科学 Vol.46(1) 特集解説, 61-66, 31-Mar-16, Tokyo.
厳網林, Rob Roggema(2017)ランドスケープ計画を通した復興まちづくりの実践, 環境情報科学, 環境情報科学センター, 46−1.
金森貴洋, 厳網林(2016)集団移転団地における高齢者の徒歩アクセシビリティ評価―東日本大震災における宮城県気仙沼市の事例―, SFC Journal, 湘南藤沢学会, 16, 152-169, 01-Sep-16, eer-reviewed paper.
厳網林, Rob Roggema, 大場章弘, Luke Middleton,金森貴洋(2016)共創型復興まちづくりの実践とレジリエンスの形成, SFC Journal, 湘南藤沢学会, 16, 26-59, 01-Sep-16, Invited Paper.
Yenita, E. & W. Yan (2015) Lesson learned from government and private-sponsored “woody biomass” project ― case study of Shimokawa and Hita. Procedia Environmental Sciences, 28(SustaiN 2014), pp.21–26.
A. Oba, W. Yan, B. Suvdantsetseg. (2015) Early Warning System for Pastoral Herders to Reduce Disaster Risk by Using a Mobile SMS Service. Proceedings of Building Resilience of Mongolian Rangelands: A Trans-disciplinary Research Conference, Ulaanbaatar Mongolia, June 9-10, 2015, pp.185-189, 2015.
Yan W., A. Oba and B. Suvdantsetseg (2015) Planning an Agent-Based Network for Livestock Production and Meat Distribution in Mongolia. Proceedings of Building Resilience of Mongolian Rangelands: A Trans-disciplinary Research Conference, Ulaanbaatar Mongolia, June 9-10, 2015, pp.199-205.
Zhang, H., W. Yan, A. Oba. (2014) Radiation-Driven Migration: The Case of Minamisoma City, Fukushima, Japan, after the Fukushima Nuclear Accident. International journal of environmental research and public health, 11(9), pp.9286–9305.
大場章弘・厳網林 (2014) 景観生態区分による村落レベルの牧草生産力の評価、砂漠研究、24、285-294.
Majed Bouchahma, Wanglin Yan (2013) Monitoring shoreline change on Djerba Island using GIS and multi-temporal satellite data. In Arabian Journal of Geosciences.
Maged Bouchahma, Wanglin Yan (2012) Automatic Measurement of Shoreline Change on Djerba Island of Tunisia, 17-24. In Computer and Information Science 5 (5).
厳網林・一ノ瀬友博・丹治和則、2011、緩和と適応の統合とベストミックスによる気候変動と環境のパラダイムシフト、SFC Journal, Vol.11(1), 69-82(招待論文).
大場章弘・厳網林、2011、砂漠植林管理のためのWebGISツールの開発、SFC Journal、Vol.11(1)、83-98.
厳 網林・飯塚 直・稲葉佳之・仙石裕明、2007、Web2.0技術による地域情報サービス支援ツール−GeoSLSの開発、地理情報システム学会講演論文集、Vol.16、391-396.
Songnian Li, Wanglin Yan, 2009, Mashing up Geospatial Data Services:Implications of Acceptable Use Policies, Geomatica, 64 (1):365-376, 2009.(査読あり)
稲葉佳之・厳網林,2009, 都市近郊における農地の粗放化の空間分布と時系列的変化の解明,都市計画論文集,44(3):55-60, 2009-10-25.
Wanglin YAN, 2007, Mapping the Structure of Urban Canopy Layers with GIS and Remotely Sensed TIR Images, 10th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, CD-ROM.
宮崎浩之・厳網林、2006、高原牧草地における地理的不均一性を考慮した放牧圧の評価-青海省馬多県を対象として-、環境情報科学論文集20,367-372.
厳網林、2006、衛星熱画像による都市サーモフィーチャーの抽出とその温度特性の考察、地学雑誌、115(4)、448-465.
厳 網林・三上岳彦,2004,ランドサット/TM熱画像による都市ヒートアイランド強度の試算と評価,地学雑誌,113(4),pp.482-494.
厳網林・三上岳彦、ランドサットTM熱画像による輝度温度と地上気温との関係の分析、地学雑誌、111(5)、2002、695-710.
学生諸君へ一言Think globally, act locally.
プロジェクトURLhttp://ecogis.sfc.keio.ac.jp, http://ei.sfc.keio.ac.jp
個人ウェブページhttp://ecogis.sfc.keio.ac.jp
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤5322 ε509(内線:53152)
TEL : 0466-49-3453