Shinya Fujii
藤井 進也 フジイ シンヤ

環境情報学部専任講師(有期)
生年1982年
学位博士(人間・環境学),京都大学
略歴【学歴】
2004 アンミュージックスクール京都校ドラムス科マスターコース特待生認定 修了
2005 京都大学総合人間学部自然環境学科 卒業
2007 京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程 修了
2010 京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程 修了,博士(人間・環境学)
【職歴】
2007-2010 日本学術振興会特別研究員DC1(京都大学)
2010-2013 日本学術振興会特別研究員PD(東京大学,ハーバード大学)
2013-2015 日本学術振興会海外特別研究員(トロントサニーブルック研究所)
2015-2016 東京大学大学院教育学研究科身体教育学コース 特任助教
専門分野ドラム、音楽、リズム、音楽の神経科学・身体科学、音楽家の身体運動制御メカニズム、音楽の知覚・認知、ヒトの音楽性の起源、リズム感の個人差、失音楽症、聴覚フィードバックシステムを用いた運動学習とリハビリテーション
所属学会・団体Society for Music Perception and Cognition, Member
Frontiers in Auditory Cognitive Neuroscience, Review Editor
Musicae Scientiae, Consulting Editor
主要著作・論文・作品【論文 (全て査読有)】
Fujii S., Lulic T., & Chen JL. More feedback is better than less: Learning a novel upper limb joint coordination pattern with augmented auditory feedback. Frontiers in Neuroscience. 10:251, 2016.
Miura A., Fujii S., Okano M., Kudo K., & Nakazawa K. Finger-to-beat coordination skill of non-dancers, street dancers, and the world champion of a street-dance competition. Frontiers in Psychology. 7:542, 2016.
Chen JL*., Fujii S*., & Schlaug G. The use of augmented auditory feedback to improve arm reaching in stroke: a case series. *equally contributed. Disability and Rehabilitation. 38 (11), pp. 1115-1124, 2015.
Miura A., Fujii S., Yamamoto Y., & Kudo K. Motor control of rhythmic dance from a dynamical systems perspective: A review. Journal of Dance Medicine and Science. 19 (1) pp. 11-21, 2015.
Fujii S., & Wan CY. The role of rhythm in speech and language rehabilitation: The SEP hy-pothesis. Frontiers in Human Neuroscience. 8:777, 2014.
Fujii S., Watanabe H., Oohashi H., Hirashima M., Nozaki D., & Taga G. Precursors of dancing and singing to music in three- to four-months-old infants. PLoS ONE. 16; 9(5): e97680, 2014.
Fujii S., & Schlaug G. The Harvard Beat Assessment Test (H-BAT): a battery for assessing beat perception and production and their dissociation. Frontiers in Human Neuroscience. 7:771, 2013.
Fujii S., & Moritani T. Spike shape analysis of surface electromyographic activity in wrist flexor and extensor muscles of the world’s fastest drummer. Neuroscience Letters. 514 (2), pp. 185-188, 2012.
Fujii S., & Moritani T. Rise rate and timing variability of surface electromyographic activity during rhythmic drumming movements in the world’s fastest drummer. Journal of Electromyography and Kinesiology. 22 (1), pp. 60-66, 2012.
Fujii S., Hirashima M., Kudo K., Ohtsuki T., Nakamura Y., & Oda S. Synchronization error of drum kit playing with a metronome at different tempi by professional drummers. Music Perception. 28 (1), pp.491-503, 2011.
Kudo K., Miyazaki M., Sekiguchi H., Kadota H., Fujii S., Miura A., Yoshie M., & Nakata H. Neurophysiological and dynamical control principles underlying variable and stereotyped movement patterns during skill acquisition. Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics. 15, pp. 942-953, 2011.
Fujii S., Kudo K., Ohtsuki T., & Oda S. Intrinsic constraint of asymmetry acting as a control parameter on rapid, rhythmic bimanual coordination: A study of professional drummers and non-drummers. Journal of Neurophysiology, 104 (4), pp. 2178-2186, 2010.
Katsuhara Y., Fujii S., Kametani R., & Oda S. Spatiotemporal characteristics of basketball bouncing in skilled and unskilled players. Perceptual and Motor Skills, 110 (2), pp. 469-478, 2010.
Fujii S., Kudo K., Ohtsuki T., & Oda S. Tapping performance and underlying wrist muscle ac-tivity of non-drummers, drummers, and the world’s fastest drummer. Neuroscience Letters, 459 (2), pp. 69-73, 2009.
Fujii S. & Oda S. Effects of stick use on bimanual coordination performance during rapid alternate tapping in drummers. Motor Control, 13 (3), pp. 331-341, 2009.
Fujii S., Kudo K., Shinya M., Ohtsuki T., & Oda S. Wrist muscle activity during rapid uniman¬ual tapping with a drumstick in drummers and non-drummers. Motor Control, 13 (3), pp. 237-250, 2009.
Fujii S. & Oda S. Effects of stick use on rapid unimanual tapping in drummers. Perceptual and Motor Skills, 108 (3), pp. 962-970, 2009.
Shinya M., Fujii S., & Oda S. Corrective postural responses evoked by completely unexpected loss of ground support during human walking. Gait and Posture, 29 (3), pp. 483-487, 2009.
Fujii S. & Oda S. Tapping speed asymmetry in drummers for single-hand tapping with a stick. Perceptual and Motor Skills, 103 (1), pp. 265-272, 2006.

【解説論文・著書(分担執筆)】
藤井進也.巧みな音楽パフォーマンスの背景にある神経・筋メカニズム:世界最速ドラマーの手首筋活動を例に.日本生理人類学会誌,第19巻3号,pp. 159-165, 2014.
藤井進也.音楽リズム運動の生成と同期.バイオメカニズム学会誌,第36巻2号,pp.12-18,2012.
藤井進也.変わらないために変わり続ける身体,ムチのようにしなる身体の動き,世界最速ドラマーの筋活動,眼で聴く音楽,身体の動きでリズムを感じる,市橋則明・小田伸午(編),ヒトの動き百話-スポーツ科学からリハビリテーションの視点まで(市村出版),pp.36-37,pp.46-47,pp.60-61,pp.62-63,pp.66-67,2011.
藤井進也.ドラムの研究と実践,小田伸午(編),京大人気講義シリーズ運動科学実践編(丸善出版),pp.160-187,2007.
藤井進也.リズム感とスポーツ,田口貞善・小田伸午(編),スポーツ百科事典(丸善出版),pp.714-715,2006.

【講演・学会発表等(2016年以降)】
藤井進也.音楽神経科学のフロンティア.神経画像勉強会,慶應義塾大学医学部病院,2017年3月8日.
藤井進也,多賀厳太郎.乳児を対象とした活動ログ計測技術の開発.東京大学大学院教育学研究科付属発達保育実践政策学センター(Cedep)2016年度関連SEEDSプロジェクト最終報告会,東京大学本郷キャンパス福武ホール,2017年3月5日.
藤井進也.音楽神経科学とは.第1回異分野合同研究合宿,早稲田大学伊豆川奈セミナーハウス,2017年2月25日.
藤井進也.音楽的コミュニケーションのダイナミクスに応じた乳児の四肢運動の変化.発達神経科学学会第5回大会,東京大学本郷キャンパス武田先端知ビル,2016年11月26日.
藤井進也.SFC x 音楽.慶應義塾大学SFCオープンリサーチフォーラム,2017年始動・SFCの新しい教育の仕組み〜Health Scienceパースペクティブ〜,東京ミッドタウン,2016年11月19日.
藤井進也.音楽家の身体運動制御研究が切り拓く未来.第5回 日本音楽家医学研究会,東京大学駒場キャンパス,2016年11月3日.
藤井進也.乳児にみられる歌と踊りの前兆―ヒトの音楽性の起源.日本音楽教育
学会 第47回大会ラウンドテーブル「人はなぜ歌うのか,歌を学ぶのか:赤ちゃんの音楽性を学際的に考える」,横浜国立大学,2016年10月19日.
Fujii S. Breaking New Ground: Music, Motor Control, and Rehabilitation,第10回 Motor Control研究会シンポジウム,慶應義塾大学日吉キャンパス,2016年 9月3日.
Fujii S. Music, Motor Control, and Rehabilitation,International Workshop on Music, Brain and Body. Sophia University, Tokyo. August 31, 2016.
藤井進也.音楽を感じる脳,上智大学音楽医科学研究センター主催特別シンポジウム,上智大学四谷キャンパス,2016年 8月23日.
藤井進也,平島雅也,渡辺 はま,中村 仁彦,多賀 厳太郎.ドラマーとベーシストの即興演奏中の運動リズム同期:モーションキャプチャーデータのN:M位相同期解析,第21回認知神経科学会,東京大学武田ホール,2016年 8月6日.
Fujii S., Hirashima M., Watanabe H., Nakamura Y., & Taga G. Quantifying synchronization in musical duo improvisation: Application of n:m phase locking analysis to motion capture data. 14th International Conference on Music Perception and Cognition (ICMPC14). San Francisco, California, USA. July 5-9, 2016.
藤井進也.スポーツサイエンスから音楽の神経科学・発達脳科学研究へ:身体運動科学研究が切り拓く未来,第157回 スポーツサイエンス研究会,早稲田大学所沢キャンパス, 2016年 6月30日.
藤井進也.リズムを処理する脳―ヒトの音楽性の起源.日本赤ちゃん学会第16回学術集会ラウンドテーブル「赤ちゃんは生まれながらに音楽的か:”歌”を多角的に考える」,同志社大学今出川校 良心館・寒梅館,京都,2016年 5月21日.
藤井 進也,儀間 裕貴,多賀 厳太郎,渡辺 はま.自発的運動と他動的運動の分離:乳児用モーションキャプチャースーツを用いて,日本赤ちゃん学会第16回学術集会,同志社大学今出川校 良心館・寒梅館,京都,2016年 5月21日.
藤井進也.ドラマー研究の開拓,そして音楽リズム同期現象の発達的起源を求めて, 上智大学「脳神経可塑性」プロフェッショナルセミナーシリーズ,上智大学,東京,2016年 1月15日.
Fujii S. Precursors of dancing and singing to music in infants. 発達基礎科学シンポジウム,東京大学本郷キャンパス福武ラーニングシアター,2016年 1月12日.
学生諸君へ一言巧みで美しい身体運動は、音楽や芸術行為の中に満ち溢れています。ドラマーとして音楽を演奏する傍ら、ヒトの身体運動の不思議さに魅了され、一流ドラマーの身体科学研究をはじめました。研究をすればするほど、そもそもヒトはなぜ、リズムを奏でるのか、ヒトにとって音楽とは何か、より本質的な問いに迫りたいと思うようになりました。最近では、神経科学や発達脳科学の観点から、ヒトの音楽性の進化・発達的起源や、音楽・言語リズムの脳内処理過程、聴覚フィードバックを用いた運動学習やリハビリテーションについても研究を進めています。音楽や芸術についての神経科学・身体科学は、まだまだ未開拓の研究領域です。皆さんと一緒に、SFCから世界に向けて、エクストリームでおもしろい研究を発信していきたいと思います。
個人ウェブページhttp://sface.sfc.keio.ac.jp/018-shinya-fujii.html
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
sfujii [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください