Toshiaki Kojima
小島 敏明 コジマ トシアキ

政策・メディア研究科特任教授(非常勤)
略歴流通系コンサルタント事務所、マーケティング会社を経て、1990年乃村工藝社に入社。プランニングディレクターとして、企業PR施設、レジャー施設、テーマパーク、複合文化施設等におけるプロジェクトに参画。その後、新規事業開発、事業戦略を担当する一方で、慶応義塾大学SFC研究所にて、「場」を起点としたマーケティングやイノベーションに関する研究を進める。順天堂大学スポーツマネジメント学科非常勤講師、イベント学会研究大会委員
専門分野マーケティング戦略、コンセプトワーク、新規事業開発
担当科目パブリックマネジメント,ソーシャルビジネスの商品開発とプロモーション
主要著作・論文・作品【著書】
「ホーム領域需要創造マーチャンダイジング技術」(商業界,1990年 共著)
「株式会社自衛隊」(ピンポイント,1993年 共著)
「新しい価値を生む「場」のつくり方」(東洋経済新報社Think!,2013年 単著)
「地域を変えるミュージアムー未来を育む場のデザイン」(英治出版,2013年 共著)
「ソーシャルインパクト」(産学社,2014 年 共著)
「なぜ、人口8千人の小さな町にカフェ&レストランが増え続けるのか?」(商業界・飲食店経営1月号,2015)
月刊『飲食店経営』(アール・アイ・シー)「街に人を呼ぶ! これからの飲食ビジネスを考える」連載(2015年より)
「東川スタイル」(産学社,2016年編著)
「ソーシャルパワーの時代」(産学社,2016年共著)
【論文】
「CSR活動とイベントの役割」(イベント学会研究大会抄録,2008年9月)、「ソーシャル・イノベーションの場づくりとしてのミュージアム・マーケティング」(日本ミュージアム・マネジメント学会 研究紀要 第12号,2008年3月) 、「文化・観光施設におけるサービス生産性向上プロジェクト〜長崎歴史文化博物館の「見える化」によるサービス改善」(日本ミュージアム・マネジメント学会会報,第51号,2009年)、「博物館と市民が共創するプロセス構築に向けた基礎的研究〜長崎歴史文化博物館と劇団ちゃんぽんの協働を事例に〜」(イベント学会研究大会抄録,2009年)、「まちあるき型イベントとしての観光ガイド事業の現状と可能性」(イベント学会研究大会抄録,2011年)、「復興博覧会の軌跡」(イベント学会研究大会抄録,2011年)
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
bin19 [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください