Hiroyuki Kosaka
小坂 弘行 コサカ ヒロユキ

名誉教授
略歴【学歴】
慶應義塾大学大学院工学研究科管理工学博士課程 (1974年)
【主な前職】
慶応義塾大学理工学部管理工学科助教授
名古屋市立大学経済学部附属経済研究所教授
その間、ペンシルバニア大学経済学部リンクセンター客員研究員として、多国間リンクモデルの開発に従事。主宰者L.R.Klein(Nobel Prize Laureate in Economics1980)
専門分野国際産業連関モデル、国際リンクモデル
所属学会・団体International Input-Output Association,日本統計学会,環太平洋産業連関分析学会
主要著作・論文・作品著書
Impact of Military Cuts on the Soviet and Eastern European Economies: Models and Simulations (L. R. Klein, M. Gronicki and H. Kosaka) in W. Isard & C. H. Anderton (eds.): Economics of Arms Reduction and the Peace Process, North-Holland, 1992.
グローバル・システムのモデル分析,有斐閣,1994年12月。
論文
エネルギー・モデルと二酸化炭素排出,公益事業研究,第46巻,第2号,175―197頁,1994年11月。
月次計量経済モデルの作成と政策シミュレーション,計画行政,第18巻,4号,32―44頁,1995。
Arms Race and Disarmament in International Interdependence in M.Chatterji et al.(eds.): Arms Spending, Development and Security, APH Publishing Corporation,1996.
Formulation,Estimation, and Forecast of an Energy Model:A Panel Data Analysis of Multi-Countries,International Workshop of Statistical Modeling,1999(coauthor).
Trade Patterns and Exchange Rate Regimes:Testing the Asian Currency Basket Using an International Input-Output System,International Input-Output Association,2000(coauthor).
矢野貴之&小坂弘行,2010,リンダー仮説の検証,産業連関Vol.18,No.1&2,63頁-70頁.
学生諸君へ一言学問することの楽しみを学生時代に身につけてください。
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス