Kazuharu Arakawa
荒川 和晴 アラカワ カズハル

環境情報学部准教授
政策・メディア研究科委員
生年1979年
学位政策・メディア博士(慶應義塾大学, 2006)
略歴【学歴】
慶應義塾大学環境情報学部卒業(2002年)
同 大学院政策・メディア研究科修士課程修了(2004年)
同 大学院政策・メディア研究科博士課程修了(2006年)

【主な前職】
日本学術振興会 特別研究員(DC1, PD), 慶應義塾大学 環境情報学部 非常勤講師, 慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科 特任助教, 慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科 特任講師, 慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科 特任准教授
専門分野バイオインフォマティクス, システム生物学
担当科目プロジェクト,ゲノム解析ワークショップ,総合技術論,経営工学,クリーンエネルギー利用論,日本学特論,技術者倫理,基礎生態学,基礎土壌学,基礎動物生理学,環境地理学特論,細胞生化学,食品微生物学,研究会(ゲノム生物学(先端生命科学)),研究会(非モデル生物のトランスクリプトーム解析),大学院プロジェクト科目(先端生命科学)
所属学会・団体日本バイオインフォマティクス学会, 日本分子生物学会, オープンバイオ研究会, International Society for Computational Biology, Open Bioinformatics Foundation, 生命情報科学若手の会, NGS現場の会
主要著作・論文・作品【著書】
・「水の生き物(学研の図鑑LIVE)」, (共著, 学研, 2016).
・「オープンソースで学ぶバイオインフォマティクス」(共著, 東京電機大学出版, 2008).
・「メタボローム研究の最前線」(共著, シュプリンガー・フェアラーク, 2003).
・ "Metabolomics - The Frontier of Systems Biology" (共著, Springer-Verlag, 2005).

【訳書】
・「RとBioconductorを用いたバイオインフォマティクス」(共著, シュプリンガー・フェアラーク, 2007).

【論文】
・Arakawa K, Tomita M, "Genome Analysis Workshop: a Personal Genomics class at Keio SFC", Keio SFC Journal, 2014, 14(1):158-177.
・Arakawa K, "Comparative metabolomics of anhydrobiosis in tardigrade Ramazzottius varieornatus", Journal of Japanese Society for Extremophiles, 2013, 11(2), 75-82.
・Arakawa K, Tomita M, "Merging Multiple Omics Datasets In Silico: Statistical Analyses and Data Interpretation", Methods Mol. Biol. 2013, 985:459-470.
・Arakawa K*, Tomita M, "Measures of Compositional Strand Bias Related to Replication Machinery and its Applications", Current Genomics, 2012, 13(1):4-15.
・Arakawa K, Kido N, Oshita K, Tomita M, "G-language Genome Analysis Environment with REST and SOAP Web Service Interfaces", Nucleic Acids Research, 2010, 48:W700-W705.
・Arakawa K, Suzuki H, Tomita M, "Quantitative analysis of replication-related mutation and selection pressures in bacterial chromosomes and plasmids using generalised GC skew index", BMC Genomics, 2009
・Arakawa K, Tamaki S, Kono N, Kido N, Ikegami K, Ogawa R and Tomita M, "Genome Projector: zoomable genome map with multiple views", BMC Bioinformatics, 2009, 10:31.
・Arakawa K, Suzuki H, Tomita M, "Computational Genome Analysis Using The G-language System", Genes Genomes and Genomics, 2008, 2(1): 1-13.
・Arakawa K, Tomita M, "Large-scale Modeling for Systems Biology", BIOforum Europe, 2006, 10:54-55.
・Arakawa K, Tomita M, "G-language System as a platform for large-scale analysis of high-throughput omics data", Journal of Pesticide Science, 2006, 31(3):282-288.
・Arakawa K, Yamada Y, Shinoda K, Nakayama Y, Tomita M, "GEM System: Automatic prototyping of cell-wide metabolic pathway models from genomes", BMC Bioinformatics, 2006, 7:168.
・Arakawa K, Mori K, Ikeda K, Matsuzaki T, Kobayashi Y, Tomita M, "G-language Genome Analysis Environment: a workbench for nucleotide sequence data mining", Bioinformatics, 2003, 19(2):305-306
学生諸君へ一言面白いこと、やりたいことに向けて積極的に動いていきましょう。意志をもって動き始めれば、他はあとからついてきます。
プロジェクトURLhttp://www.iab.keio.ac.jp/
個人ウェブページhttp://bioinformatician.org/
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス