Miki Akiyama
秋山 美紀 アキヤマ ミキ

環境情報学部教授
大学院健康マネジメント研究科
政策・メディア研究科委員
学位博士 (医学) 慶應義塾大学, 博士 (政策・メディア) 慶應義塾大学, Msc. Media and Communication Regulation, London School of Economics and Political Science (ロンドン大学)
主な兼職・塾内:医学部、先端生命科学研究所 ・東邦大学 客員講師(医学部医学科) 
専門分野健康情報とコミュニケーション、公衆衛生、疫学、健康政策
担当科目社会基盤と制度設計,社会的組織の経営(ヒューマンセキュリティ),エビデンスに基づく健康政策とコミュニケーション,ヘルスリサーチの基礎,ヘルスコミュニケーション,リスク社会の制度設計,社会的組織の経営(ヘルスケア),研究会(コミュニティヘルス研究と実践),研究会(健康行動とヘルスコミュニケーション),大学院プロジェクト科目(プラットフォームとビジネス)
(健マネ)医療マネジメント特論Ⅰ,医療マネジメント特論Ⅱ,スポーツマネジメント特論Ⅰ,スポーツマネジメント特論Ⅱ,医療マネジメント合同演習,スポーツマネジメント合同演習,ヘルスコミュニケーション,健康マネジメント特論Ⅰ,健康マネジメント特論Ⅱ,健康マネジメント合同演習
所属学会・団体ヘルスコミュニケーション学会、公衆衛生学会、医療マネジメント学会、医療情報学会、遠隔医療学会、緩和医療学会、経営情報学会、組織学会、情報通信学会、Academy Health, APHA, ICIS.
主要著作・論文・作品<最近の主な論文(英文)>
・Akiyama M, Abraham C, "Comparative cost-benefit analysis of tele-homecare for community-dwelling elderly in Japan: Non-Government versus Government Supported Funding Models", International Journal of Medical Informatics. 2017 May [epub ahead of print]
・Akiyama M, Yoo BK, "A Systematic Review of the Economic Evaluation of Telemedicine in Japan", J Prev Med Public Health. 2016 Jul;49(4):183-96.
・Akiyama M, Hirai K, Takebayashi T, Morita T, Miyashita M, Takeuchi A, Yamagishi A, Kinoshita H, Shirahige Y, and Eguchi K. “The effects of community-wide dissemination of information on perceptions of palliative care, knowledge about opioids, and sense of security among cancer patients, their families, and the general public”, Supportive Care in Cancer. 2016 Jan;24(1):347-56.
・Morita M, Miyashita M, Yamagishi Y, Akiyama M, Akizuki N, Hirai K, Imura C, Kato M, Kizawa Y, Shirahige Y, Yamaguchi T, Eguchi K. “Effects of a programme of interventions on regional comprehensive palliative care for patients with cancer: a mixed-methods study”. Lancet Oncology. 2013 Jun; 14(7):638-46.
・Akiyama M, Takebayashi T, Morita T, Miyashita M, Hirai K, Matoba M, Akizuki, N, Shirahige Y, Yamagishi A, Eguchi K. “What patients in the advanced stages of cancer know and believe about palliative and home care: a nationwide survey in Japan”, Supportive Care in Cancer. 2012 May; 20(5):923-31.
・Hirai K, Kudo T, Akiyama M, Matoba M, Shiozaki M, Yamaki T, Yamagishi A, Miyashita M, Morita T, Eguchi K. “Public awareness, knowledge of availability, and readiness for cancer palliative care services: A population based survey across four regions in Japan”, Journal of Palliative Medicine. 2011 Aug; 14(8):918-22.
・Abraham C, Nishihara E, Akiyama M. “Transforming healthcare with information technology in Japan: a review of policy, people, and progress”, International Journal of Medical Informormatics. 2011 Mar;80(3):157-70.

<和文論文・総説>
・秋山美紀、武林亨「健康なコミュニティづくりの実践的研究―「からだ館」と「鶴岡みらい健康調査」」慶應SFCジャーナル特集「世界を救え〜SFC バイオの挑戦」(招待論文)KEIO SFC JOURNAL 2015; 15(1):190-203.
・秋山美紀「地域介入とエビデンス−複雑介入と混合研究法をめぐって」慶應SFCジャーナル特集「SFCが拓く知の方法論」KEIO SFC JOURNAL 2014; 14 (1): 8-29.(招待論文)
・秋山美紀、武林亨「在宅医療の担い手としての診療所機能の現状と効果的な療養支援のための地域連携の課題」、医療と社会、2013, Vol.23 NO.1.
・秋山美紀「大学による地域協働型のがん情報提供の試み:からだ館がん情報ステーション」医学図書館雑誌, Vol.57 No.2, 2010, pp. 193-198.

<主な著書>
・『価値創造の健康情報プラットフォームー医療データの活用と未来』、慶應義塾大学出版会、2016年。
・『コミュニティヘルスのある社会へ―「つながり」が生み出す「いのち」の輪』、岩波書店、2013年。
・『地域医療におけるコミュニケーションと情報技術―医療現場エンパワーメントの視点から』、慶應義塾大学出版会、2008年。
・『地域医療を守れ―「わかしおネットワーク」からの提案』平井愛山、秋山美紀(著)、岩波書店、2008年.
学生諸君へ一言人が、社会が、健康になることを願って研究と実践をしています。主に、健康寿命を伸ばす予防や健康増進、そして機能が下がっても、地域で幸せに暮らせる取り組みをしています。
プロジェクトURLhttp://akiyama-lab.sfc.keio.ac.jp/
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス K207
miki [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください