Akio Kanai
金井 昭夫 カナイ アキオ

環境情報学部教授
政策・メディア研究科委員
学位薬学博士 (東京大学)
略歴【学歴】
○ 東京大学大学院 薬学系研究科生命薬学専攻 修了
○ 早稲田大学大学院 理工学研究科物理学及び応用物理学専攻 修了
○ 早稲田大学教育学部 理学科生物学 卒業           

【主な前職】
○ 慶應義塾大学環境情報学部 助教授(同・先端生命科学研究所 助教授)(2001-2006)
○ 科学技術振興事業団ERATOプロジェクト グループリーダー・技術参事 (1996-2001)
○ 東京都臨床医学総合研究所 研究員 (1992-1996)
○ 米国NIH 博士訪問研究員 (1990-1992)

【主な兼職】
○ 慶應義塾大学先端生命科学研究所 教授 (2006-現在)

専門分野分子生物学、分子進化学、発生生物学
担当科目プロジェクト,ゲノム分子生物学1,ゲノム分子生物学2,概念構築(BI),先端分子細胞生物学,研究会(RNA機能解析(先端生命科学)),研究会(RNA機能解析プロジェクト),大学院プロジェクト科目(先端生命科学)
所属学会・団体RNA Society、American Association for the Advancement of Science (AAAS)、American Society for Microbiology (ASM)、日本分子生物学会、日本生化学会、日本RNA学会、日本進化学会
主要著作・論文・作品原著論文:
-------------------------------------------------------------------------------
(1) Nagata, S., Imai, J., Makino, G., Tomita, M. and Kanai, A. (2017) Evolutionary analysis of HIV-1 Pol proteins reveals representative residues for viral subtype differentiation. Frontiers in Microbiology 8: 2151.
 HIV-1 Polタンパク質の進化解析より明らかにされたウイルスのサブタイプ分化に関わるアミノ酸残基
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fmicb.2017.02151/abstract
-------------------------------------------------------------------------------
(2) Noro, E., Mori, M., Makino, G., Takai, Y., Ohnuma, S., Sato, A., Tomita, M., Nakahigashi, K. and Kanai, A. (2017) Systematic characterization of artificial small RNA-mediated inhibition of Escherichia coli growth. RNA Biology 14(2): 206-218.
 大腸菌の増殖を抑制する人工低分子RNAのシステム生物学的解析
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27981881
-------------------------------------------------------------------------------
(3) Hamashima, K., Tomita, M. and Kanai, A. (2016) Expansion of non-canonical V-arm-containing tRNAs in eukaryotes. Molecular Biology and Evolution 33(2): 530-540.
 Vアーム構造を有した非標準型tRNAの真核生物における爆発的な進化
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26545920
-------------------------------------------------------------------------------
(4) Ikeda, T. K., Hirose, Y., Hiraoka, K., Noro, E., Fujishima, K., Tomita, M. and Kanai, A. (2015) Identification, expression, and molecular evolution of microRNAs in the “living fossil” Triops cancriformis (tadpole shrimp). RNA 21(2): 230-242.
 生きた化石カブトエビにおけるマイクロRNAの同定、遺伝子発現および分子進化
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25525151
-------------------------------------------------------------------------------
(5) Kanai, A. (2014) Welcome to the new tRNA world! Frontiers in Genetics 5: 336.
 新しいtRNAの世界にようこそ (Frontiers in Genetics誌にて編集したtRNA特集号の巻頭言)
https://www.frontiersin.org/research-topics/1729/molecular-biology-of-the-transfer-rna-revisited
-------------------------------------------------------------------------------
(6) Hamashima, K., Fujishima, K., Masuda, T., Sugahara, J., Tomita, M. and Kanai, A. (2012) Nematode-specific tRNAs that decode an alternative genetic code for leucine. Nucleic Acids Research 40(8): 3653-3662.
 ロイシンに対する別の遺伝暗号をデコードする線虫特異的なtRNAの解析
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22187151
-------------------------------------------------------------------------------
(7) Fujishima, K., Sugahara, J., Kikuta, K., Hirano, R., Sato, A., Tomita, M. and Kanai, A. (2009) Tri-split tRNA is a transfer RNA made from 3 transcripts that provides insight into the evolution of fragmented tRNAs in archaea. Proceedings of the National Academy of Sciences U. S. A. 106(8): 2683-2687.
 アーキアにおける分断型tRNAの分子進化:3つの転写産物からなるTri-split tRNAの発見
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19190180
-------------------------------------------------------------------------------
(8) Kanai, A., Sato, A., Fukuda, Y. Okada, K., Matsuda, T., Sakamoto, T., Muto, Y., Yokoyama, S., Kawai, G. and Tomita, M. (2009) Characterization of a heat-stable enzyme possessing GTP-dependent RNA ligase activity from a hyperthermophilic archaeon, Pyrococcus furiosus. RNA 15(3): 420-431.
 超好熱性アーキアPyrococcus furiosusに由来するGTP依存性RNAリガーゼ活性を有した耐熱性酵素の性状解析
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19155324
-------------------------------------------------------------------------------
(9) Sugahara, J., Kikuta, K., Fujishima, K., Yachie, N., Tomita, M. and Kanai, A. (2008) Comprehensive analysis of archaeal tRNA reveals rapid increase of tRNA introns in the order Thermoproteales. Molecular Biology and Evolution 25(12): 2709-2716.
 アーキアThermoproteales目におけるtRNAイントロンの急激な増加
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18832079
-------------------------------------------------------------------------------
(10) Numata, K., Kanai, A., Saito, R., Kondo, S., Adachi, J., Wilming, L. G., Hume, D. A., RIKEN GER Group Members, Hayashizaki, Y. and Tomita, M. (2003) Identification of putative non-coding RNAs among the RIKEN mouse full-length cDNA collection. Genome Research 13: 1301-1306.
 理研マウス完全長cDNAコレクションにおける長鎖non-coding RNAの同定
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12819127
-------------------------------------------------------------------------------
発表論文詳細:
 http://vu.sfc.keio.ac.jp/faculty_profile/cgi/f_profile_e.cgi?id=172bf44dd53bd101
-------------------------------------------------------------------------------

参考文献:
-------------------------------------------------------------------------------
(1) 金井昭夫 (2017) アーキアのnon-coding RNA(アーキア生物学 日本Archaea研究会 監修、石野良純・跡見晴幸 編著)pp. 159-168 共立出版
http://www.kyoritsu-pub.co.jp/bookdetail/9784320057852
-------------------------------------------------------------------------------
(2) 金井昭夫 (2016) ncRNAの種特異性と進化 (DOJIN BIOSCIENCEシリーズ ノンコーディングRNA --- RNA分子の全体像を俯瞰する 廣瀬哲郎・泊幸秀 共編)pp. 156-166 化学同人
https://www.kagakudojin.co.jp/book/b227362.html
-------------------------------------------------------------------------------
(3) 金井昭夫 (2013) Chapter 14 機能性RNA(ベーシックマスター分子生物学 改訂2版 東中川徹、大山隆、清水光弘 共編)pp. 333-348(株)オーム社
http://shop.ohmsha.co.jp/shopdetail/000000000519/
-------------------------------------------------------------------------------
(4) 河合剛太、金井昭夫 編集 (2006)「機能性Non-coding RNA」(株)クバプロ
https://www.kuba.jp/syoseki/detail.php?no=3212
-------------------------------------------------------------------------------

RNA機能解析グループの参考資料:
 金井昭夫 (2015) 21世紀の生命科学におけるRNA研究のインパクト (Impact of RNA Biology on Life Science in the 21st century) 特集『世界を救え〜SFCバイオの挑戦』 黒田裕樹、内藤泰宏、佐野ひとみ 共編 SFC Journal Vol.15, No.1, pp. 204-221 慶應義塾大学湘南藤沢学会

 http://gakkai.sfc.keio.ac.jp/journal_pdf/SFCJ15-1-11.pdf
学生諸君へ一言いま、基礎研究をやろう!
 自身の研究をより一般的な疑問に回答をだすようにと展開していきましょう。いたずらに目先の利益に惑わされることなく、その研究を昇華させていきましょう。極めて素晴らしい応用研究は基礎研究の汗の上に花開くものです。そして、その過程を戦略的に、諦めずに遂行していきましょう。もしかすると、その研究に対して大いなる批判を受けるかもしれません。でも、社会はもともと、不平等な部分があるものです。例えば、誰かが、何かで得をしていることなど、羨むのはやめましょう。何も気にすることはないのです。大手を振って楽しく自身の研究をやりましょう。ただし、独りよがりにならないように、批判的な目をもって、かつ自分のロマンを信じましょう。基礎研究は文化の基盤をつくり、人の心を豊かにします。
プロジェクトURLhttp://www.kri.sfc.keio.ac.jp/kris-yp/cgi/view_page.cgi?research_id=161
個人ウェブページhttp://k-ris.keio.ac.jp/Profiles/70/0006999/profile.html
連絡先〒997-0017 山形県鶴岡市大宝寺日本国403-1 慶應義塾大学先端生命科学研究所 RNA研究グループ TTCK
akio [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください