Atsushi Kusano
草野 厚 クサノ アツシ

名誉教授
専門分野政策決定論, 経済摩擦の政治学的分析, 日本の外交, アメリカ政治 (議会,行政府)
主要著作・論文・作品政権交代の法則(角川新書) 08年8月
なぜ日本は地球の裏側まで援助するのか(朝日新書)07年11月
解体・国際協力銀行の政治学(東洋経済新報社)07年1月
テレビは政治を動かすか(NTT出版)
歴代首相の経済政策全データ(角川新書)
癒しの楽器パイプオルガンと政治(文春新書)
官僚組織の病理学(ちくま新書)
テレビ報道の正しい見方(PHP新書)
連立政権(文春新書)
日米オレンジ交渉 (日本経済新聞社, 1983年) (日米友好基金賞受賞)
国鉄改革 (中公新書, 1989年), 国鉄解体へ改題 (講談社文庫, 1997年)
アメリカ議会と日米関係 (中央公論社, 1991年)
大店法・経済規制の構造 (日本経済新聞社, 1992年)
ODA・一兆二千億円のゆくえ (東洋経済新聞社, 1993年)
日本の論争・既得権益の構造 (東洋経済新報社, 1995年)
政策過程分析入門 (東京大学出版会, 1997年)
ODA の正しいみかた (ちくま書房, 1997年)
山一證券破綻と危機管理(朝日新聞社, 1998年)
考える力を養う情報収集法(太陽企画出版, 1999年)
連立政権(文春新書, 1999年)
日米安保とはなにか(PHP, 1999年)
〔最近の論文〕
安倍晋三を操る岸信介=強行採決のDNA 「諸君」07年8月号
「アメリカの行革に学ぶこと」 中央公論, 1996年2月
「輸銀・基金と ODA」 諸君, 1996年5月
「国会を大改造せよ」 東洋経済・論争, 1996年7月
「スーチー英雄史観には呆れる」 諸君, 1996年8月
「国益に適う ODA に転換すべき」 東洋経済・論争, 1997年1月
「米国の官僚が見た日本の霞ヶ関」 潮, 1997年3月
「ゴラン高原視察記」 外交フォーラム, 1997年3月
「テロ集団の ODA 批判に唱和した日本人」 文芸春秋, 1997年3月
「中学教科書 「国際貢献」 の杜撰な記述」 諸君, 1997年5月
新聞コメント多数
テレビ出演多数
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス