Yasushi WATANABE
渡辺 靖 ワタナベ ヤスシ

環境情報学部教授
政策・メディア研究科委員
生年1967年
学位Ph.D. (ハーバード大学、1997年)
略歴【学歴】
ハーバード大学 博士号(Ph.D.、文化人類学、1997年)

【主な前職】
ハーバード大学国際問題研究所アソシエート、オクスフォード大学シニア・アソシエート、ケンブリッジ大学フェロー、パリ政治学院客員教授など
専門分野文化人類学、文化政策論、アメリカ研究
担当科目地域と文化(米州),概念構築(フィールドワーク論),研究会(グローバル化時代の<文化>),大学院プロジェクト科目(文化政策プロジェクト)
所属学会・団体Royal Anthropological Institute、American Anthropological Association、American Studies Association、日本アメリカ学会など
主要著作・論文・作品<単著>
『<文化>を捉え直す カルチュラル・セキュリティの発想』(岩波書店、2015年)
『沈まぬアメリカ 拡散するソフトパワーとその真価』(新潮社、2015年)
『アメリカのジレンマ 実験国家はどこへゆくのか』(NHK出版、2015年)
『文化と外交 パブリック・ディプロマシーの時代』(中央公論新社、2011年)
『アメリカン・デモクラシーの逆説』(岩波書店、2010年)
『アメリカン・センター アメリカの国際文化戦略』(岩波書店、2008年、中国語版2014年)
『アメリカン・コミュニティ 国家と個人が交差する場所』(新潮社、2007年、選書版2013年)
『The American Family: Across the Class Divide』(University of Michigan Press & Pluto Press, 2005)
『アフター・アメリカ ボストニアンの軌跡と<文化の政治学>』(慶應義塾大学出版会、2004年)

<編著>
『現代アメリカ 日米比較のなかで読む』(新曜社、2014年)
『ソフト・パワーのメディア文化政策 国際発信力を求めて』(新曜社、2012年)
『現代アメリカ』(有斐閣、2010年)
『Soft Power Superpowers: Cultural and National Assets of Japan and the United States』(M.E. Sharpe, Inc., 2008)など

<共著>
『The Routledge Handbook of Soft Power』(Routledge, 2016)
『デジタル情報社会の未来』(岩波書店、2016年)
『アートと社会』(東京書籍、2106年)
『「地元」の文化力 地域の未来のつくりかた』(河出書房新社、2014年)
『「日米安保」とは何か』(藤原書店、2010年)
『オバマ大統領 ブラック・ケネディになれるのか』(文藝春秋、2009年)など

<メディア>
朝日新聞(書評委員、オピニオンコラム)、読売新聞(読書委員、文化コラム)、毎日新聞(文化コラム)、NHK国際放送番組審議会委員長、三省堂高校英語教科書『CROWN』編集委員など

他、多数。

<受賞>
義塾賞、アメリカ学会清水博賞、サントリー学芸賞、日本学術振興会賞、日本学士院学術奨励賞など

学生諸君へ一言世の中には大学で学びたくても学ぶことのできない人達が多くいます。その人達の分までしっかりと学んでください。
備考2017年度秋学期は塾派遣留学のため担当授業なし
連絡先ywatanab[ at ]sfc.keio.ac.jp  ※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください (内線:53432)
TEL : 0466-49-3558