Eiko Uchiyama
内山 映子 ウチヤマ エイコ

政策・メディア研究科特任准教授(非常勤)
学位博士(政策・メディア)
専門分野医療情報学(遠隔医療・遠隔ケア)、医療者−患者間コミュニケーション
主要著作・論文・作品1.「利用者中心型の個人情報流通・保護メカニズム―在宅介護情報共有システムにおける実証と評価―」
内山映子、花井荘太郎、宮川祥子、村井純 医療情報学 (Suppl),vol26, 2006年11月
2.「在宅介護を前提とした小規模コミュニティにおける情報流通と管理」
内山映子, 宮川祥子: KEIO SFC JOURNAL, vol.4, №1, 2006年3月
3.「療養型ヘルスケアサービスにおけるコンシューマ中心型情報共有・保護環境の構築に関する研究」
内山映子, 平成17年度博士論文, 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科,2005年7月
4.「サービス利用者のプライバシポリシーに基づくインターネットを利用した在宅ケア情報共有システム」
内山映子, 宮川祥子, 太田喜久子, 村井純, 吉野肇一, 電子情報通信学会論文誌, vol. J87-D1, No. 12., 2004年12月
5. Healthcare Information Sharing on Internet Based on Individual Privacy
  Policy, Eiko Uchiyama, Shoko Miyagawa: The 6th China-Japan-Korea Medical Informatics Conference, Nov. 2004.
6. Telemedicine Comes of Age
Japanese Journal of Clinical Oncology.,2000.1 30(1)
Mizushima H., Uchiyama E., Nagata H., Yamaguchi N.
7.Japanese Experience of Telemedicine in Oncology
International Journal of Medical Informatics., 2001, 61,
Mizushima H., Uchiyama E., Nagata H.,Matsuno Y., Sekiguchi R., Ohmatsu
H. Hojo F., Shimoda T., Wakao F., Shinkai T., Yamaguchi N., Moriyama N.,
Kakizoe T., Abe K., Terada M.
8. 新たな遠隔医療の試み 新医療, 1998.1, vol25(1)
 水島 洋、永田宏、内山映子
9. WWWを利用したがんおよび神経難病サービスにおける患者情報ニーズ
第20回医療情報学連合大会論文集 2000.11
   内山映子、青木直行、木内貴弘、新海哲、水島洋
10.疾患の特異性を踏まえた患者の情報ニーズの分析
  医療情報学 22 (Suppl.), 2002
   内山映子、花井荘太郎
11. 医療情報 カレントテラピー, 1998.7, vol16(7), p87-92 内山映子、水島 洋
12.「インターネットによる医学情報アクセスガイド」(共訳) 南江堂、1997.9
13.「Medical Yellow Page」(共著) 南江堂、1999.7
14.「看護情報学への招待」(共訳)中山書店、2001.12
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス