Keiji Takeda
武田 圭史 タケダ ケイジ

環境情報学部教授
政策・メディア研究科委員
生年1970年
学位博士(政策・メディア)(慶應義塾大学, 2001)
主な兼職カーネギーメロン大学日本校客員教授
略歴【学歴】
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了
【主な前職】
防衛庁・航空自衛隊
アクセンチュア株式会社
カーネギーメロン大学日本校
専門分野情報セキュリティ(侵入検知、セキュリティアーキテクチャ, ソフトウェアセキュリティ等)
所属学会・団体IEEE
主要著作・論文・作品武田圭史 監訳. (2001). ネットワーク侵入解析ガイド―侵入検知のためのトラフィック解析法, Intrusion Signatures and Analysis (S.Northcutt M.Fearnow K.Frederick and M.Cooper, Trans.). Pearson Education. (Original work published 2001)
武田圭史, 磯崎宏. (2000). ネットワーク侵入検知, ソフトバンクパブリッシング.
武田圭史. (1997). Java プログラミングハンドブック2, - Java使いの友. ソフトバンクパブリッシング.
武田圭史. (1996). Java プログラミングハンドブック- Java使いへの道. ソフトバンクパブリッシング.
武田圭史 (2007). 多様なネットワーク環境における情報セキュリティ, システム/制御/情報. システム制御情報学会. No.51 Vo.4, pp. 158-163.
武田圭史. Nicolas Christin, Davar Pishva (2007). 情報セキュリティに関する近年の新たな取り組みについて. 知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌19(3). セキュリティとトラスト特集号, p.p. 200-208.
Keiji Takeda and Yoshiyasu Takefuji (2001). Pakemon - A Rule-based Network Intrusion Detection System, International Journal of Knowledge-Based Intelligent Engineering Systems, 5(4), p.p. 240-245.
武田圭史 (2001). 侵入検知システムに関する研究. 情報処理. Vol.42 No.12 Dec.2001, ,pp.1169-1174.
Davar Pishva and Keiji Takeda. (2008). Product-Based Security Model for Smart Home Appliance, IEEE Aerospace and Electronic Systems Magazine, October 2008.
Simhalu Sriperumbuduru Kandala, Keiji Takeda (2007). Browser-Based Agile e-Voting System. 12th Annual Asian Computing Science Conferences (ASIAN) .
Hiroki Hisamitsu and Keiji Takeda (2007). The Security Analysis of e-voting in Japan, First Conference on E-Voting and Identity. Bochum(Germany), October.
久光弘記, 武田圭史 (2007). 現行電子投票システムの選挙への適用に関する安全性分析. CSS2007(Computer Security Symposium 2007)
Davar Pishva, Naoshi Kitamura, Seiji Tsugawa, and Keiji Takeda (2007). An Initiative to Improve the State of Information Security at Local Governments in Japan, IEEE International Carnahan Conference on Security Technology.
Davar Pishva, Keiji Takeda (2006). A Product Based Security Model for Smart Home Appliances. IEEE International Carnahan Conference on Security Technology
武田圭史, Nicolas Christin , 新山剛司,三和宏 (2006). 匿名P2Pファイル共有ネットワークにおける漏洩情報の拡散とその抑止. CSS2006 (Computer Security Symposium 2006).
Keiji Takeda (2005). The Application of Bioinformatics to Network Intrusion Detection. IEEE International Carnahan Conference on Security Technology.
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
TEL : 050-3637-9567