Kenzo Narita
成田 健造 ナリタ ケンゾウ

政策・メディア研究科特任助教
学位博士(体育科学)
略歴2012 新潟大学教育学部学校教員養成課程保健体育専修 卒業
2014 筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程体育学専攻 修了
2018 筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程体育科学専攻 単位取得退学
専門分野水泳,スポーツバイオメカニクス,コーチング学
主要著作・論文・作品Developing a methodology for estimating the drag in front-crawl swimming at various velocities. Kenzo Narita, Motomu Nakashima, Hideki Takagi. Journal of Biomechanics, 54, 123-128, 2017.
高強度トレーニングを柱とした競泳競技トレーニングシステム.仙石泰雄,角川隆明,小林啓介,成田健造. コーチング学研究,30,61-66,2017
Comparison of Active Drag Using the MRT-Method and the MAD-System in Front Crawl Swimming. Kenzo Narita, Futoshi Ogita, Motomu Nakashima, Hideki Takagi. Multidisciplinary Digital Publishing Institute Proceedings. Vol. 2. No. 6. 2018.
Effect of leg kick on active drag in front-crawl swimming: comparison of whole stroke and arms-only stroke during front-crawl and the streamlined position. Kenzo Narita, Motomu Nakashima, and Hideki Takagi. Journal of Biomechanics, 76, 197-203, 2018.
多段階の泳速度におけるクロール泳中の自己推進時抵抗とストリームライン姿勢中の受動抵抗の比較. 成田 健造, 中島 求, 仙石 泰雄, 本間 三和子, 椿本 昇三, 高木 英樹. 体育学研究 63, 2, 505-515, 2018.
The relationship between active drag and swimming velocity during front-crawl swimming. Kenzo Narita, Futoshi Ogita, Motomu Nakashima, Tomohiro Gonjo, Hideki Takagi. Proceedings of XIIIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming, 2018
学生諸君へ一言自分自身のこだわり,興味を大切に,また出会いと成長を楽しみながら,「すごい!」と思うことを探究していきましょう.
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
ninzen7 [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください