Ryotaro Yamamoto
山本 龍太朗 ヤマモト リョウタロウ

総合政策学部講師(非常勤)
主な兼職特定非営利活動法人ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京) 理事
略歴2004年 慶應義塾大学総合政策学部卒業
2007年 名古屋大学法科大学院修了
2009年1月〜2011年12月 外国法共同事業法律事務所リンクレーターズ
2011年7月〜2011年9月 BNPパリバ証券株式会社法務部(出向)
2012年〜2015年3月 ホワイト&ケース法律事務所
2015年4月〜現在 弁護士法人大江橋法律事務所
主要著作・論文・作品

主な取扱案件

ベンチャー企業に関する案件
- 国内アパレルベンチャーに対して、新規ブランドの日米同時起ち上げについてアドバイス
- 国内ヘルスケア関連ベンチャーによる同業他社の買収についてのアドバイス
- アフリカをフィールドとする国内環境技術ベンチャーによる中国企業とのODM契約についてのアドバイス
- 国内ITベンチャーに対して、海外向けFacebookアプリ開発に関するアドバイス
- 米国ITベンチャーに対して、国内大手IT企業との合弁会社設立に関するアドバイス
- 米国ITベンチャーに対して、日本における事業の起ち上げについてアドバイス

M&A及び合弁会社設立に関する案件
- 中国大手家電メーカーに対して、国内大手家電メーカーの日本及び東南アジアにおける冷蔵庫、洗濯機、その他家庭用白物電化製品事業の買収についてアドバイス
- 国内大手資源開発会社に対して、他の国内大手資源開発会社子会社買収についてアドバイス
- シンガポールの上場会社に対して、日本の会社の半導体関連事業の買収についてアドバイス
- 国内大手コンサルティング会社に対して、M&Aコンサルティング子会社の海外インベストメントファンドへの売却についてアドバイス
- 国内大手通信会社に対して、米国電子決済会社との合弁会社設立についてアドバイス

訴訟・国際仲裁その他の紛争関連案件
- モンゴルにおける建設機械の販売に関して、JCAAの仲裁においてモンゴルの建設会社を代理
- アフリカにおける高速道路建設プロジェクトに関して、ICCの仲裁に発展する可能性のある案件において、日本のゼネコンで組織するコンソーシアムに対してアドバイス
- 発信者情報開示請求を巡る仮処分事件において外資系大手ソーシャルメディア運営会社を代理
- 重要な取引先の契約解消を巡る仮処分事件において、外資系食品メーカーを代理
- 国内上場会社の支配権を巡る紛争において、外資系インベストメントファンドへアドバイス
- インフラ関連コンサルティング会社に対して、有料道路を巡るインフラストラクチャー投資スキームのリストラクチャリングについてアドバイス
- 太陽光発電開発プロジェクトを巡る紛争において、海外大手建設会社へアドバイス

雇用関連法務
- 競業避止義務の有効性に関する裁判において、外資系ITベンダー日本子会社の前代表取締役を代理
- 解雇無効確認請求に関する裁判において、外資系ソフトウェア会社を代理
- 解雇無効確認請求に関する裁判において、外資系大手自動車部品メーカーを代理
- 未払賃金支払請求事件に関する労働審判において、外資系投資助言会社を代理
- 元従業員との業務委託契約を巡る裁判において、外資系出版会社を代理
- 解雇無効確認請求に関する労働組合との団体交渉において、外資系メーカー、国内大手コンサルティング会社、外資系大手製薬会社等多数のクライアントを代理
- 退職勧奨の中止及びパワーハラスメントを巡る労働組合との団体交渉において、外資系製薬会社を代理
- PIP(業務改善計画)の中止・撤回を巡る労働組合との団体交渉において、外資系ソフトウェア会社を代理
学生諸君へ一言法学部で行われる授業のコピーではなく、事業の起ち上げに関心を持っている学生向けの授業にしていこうと考えています。新たな試みですので、学生の皆さんにも積極的に参加して頂ければと思います。
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス