Masaru Mori
森 大 モリ マサル

政策・メディア研究科特任助教
生年1981年
学位博士(薬学)
略歴2005年3月〜2007年3月 東北大学 大学院薬学研究科  修士課程(薬学)

2007年4月〜2010年3月 東北大学 大学院薬学研究科  博士課程(薬学)

2010年4月〜2013年3月 東北大学病院 薬剤部 助教

2013年4月〜 慶應義塾大学 先端生命科学研究所 特任助教

主要研究プロジェクト:

(1)プロテオ―ム解析技術(基盤技術開発)

・標的タンパク質(代謝関連タンパク質、シグナル伝達関連タンパク質、薬剤耐性タンパク質など)の一斉定量分析法の開発
・高感度・高精度なリン酸化プロテオーム解析法の開発

(2)がん医療への展開

・発がん・がん進行メカニズムの解明(メタボロームチームとの共同研究)
・抗がん剤耐性メカニズムの解明


専門分野プロテオミクス, 分析化学, 薬学
担当科目基礎生命科学実験,プロテオミクス,プロテオーム解析実習,生命科学実験の基礎
主要著作・論文・作品(1)森大, 眞野成康: 低分子結合タンパク質解析法, 試料分析講座(日本分析化学会)(2012)
(2)N.Mano, M.Sato, M.Nozawa, Y.Matsumoto, M.Mori, H.Yamaguchi, J.Goto, M. Shimada: An accurate quantitative LC/ESI–MS/MS method for sirolimus in human whole blood. J. Chromatogr. B, 879, 987–992 (2011)
(3)N.Mano, M.Nozawa, M.Sato, M.Mori, H.Yamaguchi, K.Kanda, M.Nogami, J.Goto, M.Shimada: Identification and elimination of ion suppression in the quantitative analysis of sirolimus in human blood by LC/ESI-MS/MS. J. Chromatogr. B, 879, 968-974 (2011)
(4)M.Mori, K.Abe, J.Goto, H.Yamaguchi, M.Shimada, N.Mano: Production of 18O-single labeled peptide fragments during trypsin digestion of proteins for quantitative proteomics using nanoLC/ESI-MS/MS., J. Proteome Res., 9, 3741-3749 (2010)
(5)N.Mano, S.Aoki, T.Yamazaki, Y.Nagaya, M.Mori, K.Abe, M.Shimada, H. Yamaguchi, T.Goto, J.Goto: Analysis of phosphorylated peptides by double pseudo-neutral loss extraction coupled with derivatization using N-(4-bromobenzoyl)aminoethanethiol., Anal. Chem., 81, 9395-9401 (2009)
学生諸君へ一言プロテオミクスに興味があれば、いつでも相談にのります。お気軽にどうぞ。
秋学期に授業と実習も開講しているので、ぜひ受講してみてください。
連絡先〒997-0035山形県鶴岡市馬場町14-1
慶應義塾大学鶴岡タウンキャンパス
TEL : 0235-29-0572
FAX : 0235-29-0536
m-masaru [ at ] ttck.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください