Tadashi Okoshi
大越 匡 オオコシ タダシ

政策・メディア研究科特任講師
学位博士 (政策・メディア)
略歴1976年神奈川県生まれ。1998年慶應義塾大学環境情報学部卒業。2000年同大学大学院政策・メディア研究科修士。2006年米国カーネギーメロン大学計算機科学部計算機科学科修士 (M.S. in Computer Science)。約7年間、ブログ、ソーシャルネットワーク、ソーシャルメディア分野における起業、企業実務を経験 (アントレプレナーシップ、ソフトウェアアーキテクト、プロダクトマネージメント、プロジェクトマネージメント)。その後、2012年シンガポール経営大学情報システム学部 LiveLabs Urban Lifestyle Innovation Platform研究所研究員。2014年カーネギーメロン大学計算機科学部ヒューマンコンピュータインタラクション研究所訪問研究員。2015年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士。現職に至る。

現在の研究テーマは、ユビキタスコンピューティングで増え続けるデバイス、サービス、アプリケーション等からのさまざまな情報提供時における、「人間のアテンション(注意)」の管理 (センシング、推測、解析、共有、予測等)
専門分野分散システム、モバイルコンピューティング、ユビキタスコンピューティング、コンテキストアウェアコンピューティング
所属学会・団体ACM、IEEE、情報処理学会,電子情報通信学会
主要著作・論文・作品[1] T. Okoshi, H. Nozaki, J. Nakazawa, H. Tokuda, J. Ramos, and A. K. Dey, “Towards attention-aware adaptive notification on smart phones,” Pervasive Mobile. Computing Journal, Elsevier, Oct. 2015.

[2] T. Okoshi, J. Ramos, H. Nozaki, J. Nakazawa, A. Dey and H. Tokuda. Reducing Users’ Perceived Mental Effort due to Interruptive Notifications in Multi-Device Mobile Environments. In Proceedings of The 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp’15), p475-486, Sep. 2015.

[3] T. Okoshi, V. Lu, C. Vig, Y. Lee, R.K. Balan, and A. Misra. QueueVadis: Queuing Analytics Using Smartphones. In Proceedings of The 14th ACM/IEEE International Conference on Information Processing in Sensor Networks (IPSN ’15), p214-225, Apr 2015.

[4] T. Okoshi, J. Ramos, H. Nozaki, J. Nakazawa, A. Dey and H. Tokuda. Attelia: Reducing User’s Cognitive Load due to Interruptive Notifications on Smart Phones. In Proceedings of IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications 2015 (PerCom ’15), p96-104, Mar 2015.

[5] 大越匡, 小林隆生, and 濱野智史, “SNSのアライアンス (特集 地域SNSを考える),” Intelplace, no. 106, pp. 34–39, Mar. 2006.

[6] T. Okoshi, S. Wakayama, Y. Sugita, S. Aoki, T. Iwamoto, J. Nakazawa, T. Nagata, D. Furusaka, M. Iwai, A. Kusumoto, N. Harashima, J. Yura, N. Nishio, Y. Tobe, Y. Ikeda, and H. Tokuda, “Smart space laboratory project: Toward the next generation computing environment,” in Proceedings of IEEE Third Workshop on Networked Appliances (IWNA ’01), 2001.

[7] T. Okoshi, M. Mochizuki, Y. Tobe, and H. Tokuda, “MobileSocket: toward continuous operation for Java applications,” in Proceedings of Eight International Conference on Computer Communications and Networks (ICCCN ’99), 1999, pp. 50–57.
プロジェクトURLhttp://www.ht.sfc.keio.ac.jp/
個人ウェブページhttp://www.okoshi.org/
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
slash [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください