Kan Hiroshi SUZUKI
鈴木 寛 スズキ カン

政策・メディア研究科教授(有期)
総合政策学部教授(有期)
政策・メディア研究科委員
主な兼職文部科学大臣補佐官、東京大学教授
略歴通商産業省⇒慶應義塾大学環境情報学部助教授⇒参議院議員・文部科学副大臣⇒現職
専門分野政策形成過程,ガバナンス,教育政策,医療イノベーション政策、スポーツ政策,情報政策,ソーシャル・イノベーション
主要著作・論文・作品

【著作】

  • 『特定債権法の解説−特定債権等に係る事業の規制に関する法律』
    (1995年9月 通商産業調査会)通商産業省産業政策局編集
  • 『ボランタリー経済の誕生』
    (1998年1月 実業之日本社)共著
  • 『中央省庁の政策形成過程』
    (1998年12月 中央大学出版会)共著
  • 『インターネットの素朴な質問』
    (2000年4月 あさ出版)単著
  • 『コミュニティ・スクール構想』
    (2000年12月 岩波書店)共著
  • 『中学改造』
    (2002年6月 小学館)共著
  • 『コミュニティ・ソリューションとしての教育』
    (2006年12月 仙谷由人事務所)単著
  • 『先生復活―にっぽんの「先生」を再生する 』
    (2007年4月 ヒトメディア)単著
  • 『子育てキャッチボール―ボール ひとつから始まる教育再生』
    (2007年6月 徳間書店)共著
  • 『研究開発強化法 日本の研究開発システム改革のゆくえ』
    (2009年12月 科学新聞社)共著
  • 『コンクリートから子どもたちへ』
    (2010年3月 講談社)共著
  • 『「熟議」で日本の教育を変える現役文部科学副大臣の学校改革私論』
    (2010年9月 小学館)単著
  • 『テレビが政治をダメにした』
    (2013年4月 双葉社) 単著
  • 『熟議のススメ』
    (2013年5月 講談社)単著

【その他 掲載誌- 掲載書籍等】

  • 鈴木寛 (1993) 「脳の交流・定着と産業の新たな展開をめざして--山口県(地域の産業政策)」, 『通産ジャーナル』, 26(9), pp.62-64.
  • 鈴木寛 (1997) 「ECとリスクマネジメント(テーマ計画行政とリスクマネジメント), 『計画行政』, 20(3), pp.49-55.
  • 鈴木寛 (1999) 「わが国における電子商取引政策の現状と課題(サイバースペースと国際取引法)」, 『日本国際経済法学会年報』, (8), pp.195-217.
  • 鈴木寛 (1999) 「霞が関における人的資源管理の実態と今後--通商産業省国家公務員第一種事務系行政官を中心として(ネットワーク社会と人的資源管理システム)」, 『計画行政』, 22(3), pp.19-25.
  • 鈴木寛 (1999) 「教育・スポーツの革新は静岡型サッカー・クラブに学べ(明日への視点(特別版)「ボランタリー経済」の成育--資本主義に求められる新しい基軸)」, 『実業の日本』, 102(13), pp.50-51.
  • 鈴木寛 (1999) 「情報流通の波(6)「情報流通」の明日担う次世代を育てる」, 『あけぼの』, 17(3), pp.42-45.
  • 山内康英, 鈴木寛, 渋川修一 (2000) 「政策決定の新しいデザインと「知識マネジメント」」, 『GLOCOM review』, 5(5), pp.1-17.
  • 稲陰正彦, 鈴木寛 (2000) 「映画・音楽と家庭ネットワーク」, 『計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers』, 39(8), pp.519-521.
  • 鈴木寛 (2000) 「小売業再生6つの提言 ネットワークがもたらす中小商店の古くて新しい役割(事例特集 ネット活用で実店舗がパワーアップ--中小店こそネットの特性を経営に生かせ!)」, 『商業界』, 53(9), pp.130-134.
  • 大谷信介, 鈴木寛, 藤田昌弘 (2001) 「都市問題研究第600号記念座談会 20世紀の都市から21世紀の都市へ--IT・グローバリゼーションと都市 (特集 20世紀の都市から21世紀の都市へ(2)IT・グローバリゼーションと都市)」, 『都市問題研究』, 53(1), pp.78-117.
  • 鈴木寛 (2001) 「E-Commerce総論:図書館におけるE-Commerceを目指して(特集:E-Commerceと図書館)」, 『情報の科学と技術』, 51(1), pp.3-8.
  • 鈴木寛 (2001) 「情報社会におけるガバナンス--IT革命と社会の未来経営(特集 デジタル社会の到来), 『季刊未来経営』, (1), pp.24-29.
  • 鈴木寛, 佐々木孝明, 山内康英 (2001) 「特集 情報社会とネティズンの政治参加(第1回)ネットワークコミュニティと社会変革:「志」によるボランタリーネットワークが日本を変える」, 『智場』, (69), pp.2-11.
  • 加藤寛, 鈴木寛 (2002) 「国民が納得できる税制を--加藤寛千葉商科大学学長(特集 税と国民負担)」, 『Discussion journal 『民主』』, (3), pp.11-19.
  • 鈴木寛, 石井登志郎 (2002) 「電子政府の推進と課題(特集 自治体IT化)」, 『とうきょうの自治』, (45), pp.7-12
  • 大塚耕平, 松井孝治, 鈴木寛 [他] (2002) 「本音でトーク!!座談会 政と官と民のあり方--依存から自立へ」, 『Discussion journal 『民主』』, (1), pp.104-113.
  • 金子郁容, 藤原和博, 鈴木寛 (2003) 「教育 教育の再生 ゆとり+学力+よのなか(総特集 復興と再生)」, 『Discussion journal 『民主』』, (4), pp.109-118.
  • 澤野由紀子, 鈴木寛 (2003) 「スズカン@永田町(最終回)対談/社会における学びとは? 学校教育とは?--ゲスト/澤野由紀子」, 『総合教育技術』, 57(16), pp.48-51.
  • 亀井眞樹, 鈴木寛 (2003) 「「異種格闘」 対談--21世紀の医をつくる 亀井眞樹 代々木公園診療所院長 VS 鈴木寛 参議院議員(民主党) はじまったポストモダニズムへの胎動 “構造改革”よそに地滑り的変革の発想」, 『ばんぶう』, (269), pp.46-49.
  • 鈴木寛, 渡辺康麿 (2004) 「民間出身校長に聴く(5)ソーシャルプロデューサーが考える「学校の条件」(1)鈴木寛・参議院議員」, 『月刊高校教育』, 37(11), pp.75-79.
  • 鈴木寛 (2004) 「教育システムとしての成績評価とGPA(特集 GPA制度の活用)」, 『大学時報』, 53(298), pp.44-49.
  • 鈴木寛, 渡辺康麿 (2004), 「民間出身校長に聴く(6)ソーシャルプロデューサーが考える「学校の条件」(2)鈴木寛・参議院議員」, 『月刊高校教育』, 37(13), pp.82-85.
  • 小林興起, 鈴木寛, 渡辺周 (2004) 「プロ野球問題では与野党が一致 政治家も「国民不在のプロ野球」に黙っていられない--小林興起(自民党衆院議員)×鈴木寛(民主党参院議員)×渡辺周(民主党衆院議員」, 『現代』, 38(11), pp.250-256.
  • 鈴木寛, 渡辺康麿 (2004) 「民間出身校長に聴く(7)ソーシャルプロデューサーが考える「学校の条件」(3)鈴木寛・参議院議員」, 『月刊高校教育』, 37(14), pp.88-93.
  • 鈴木寛 (2005) 「Interview 鈴木寛 参議院議員・中央大学大学院客員教授 セキュリティ文化の醸成と「人間力」の回復」, 『セキュリティ研究』, 8(6), pp.19-25.
  • 公文俊平, 鈴木寛, 土屋聡, 庄司昌彦 (2005) 「セッション 情報社会における憲法を考える(特集 情報社会の合意形成:GLOCOM forum開催報告」, 『智場』, (104), pp.8-13.
  • 鈴木寛, 岩淵美克 (2008) 「[2008年]5月号特別インタビュー 決定権を現場に委ねコミュニティーが決める社会を--「個人・社会・経済」のバランスが取れたヒューマンな二十一世紀に」, 『改革者』, (574), pp.24-29.
  • 鈴木寛 (2008) 「FOCAL POINT 「研究開発力強化法」が成立!! 参議院議員鈴木寛氏に聞く」, 『オプトロニクス』, 27(9), pp.103-106.
  • 鈴木寛(2008) 「タイムスインタビュー 民主党参議院議員 民主党統合医療推進議員連盟幹事長 鈴木寛氏」, 『医療タイムス』, (1883), pp.7-9.
  • 亀田隆明, 清郷伸人, 鈴木寛[他] (2009) 「討論(医療費)」, 『シンポジウム詳録』, 4, pp.30-45.大村秀章, 後藤田正純, 鈴木寛[他] (2009) 「私の社会保障ビジョン(特集 社会保障改革と病院の将来)」, 『病院』, 68(7), pp.538-544.
  • 鈴木寛 (2009) 「若者は政治に無関心じゃない!(必勝!総選挙 若者・女性のココロはこうしてつかむべし)」, 『連合』, 22(4), pp.7-9.
  • 世耕弘成, 上昌広, 鈴木寛 (2009) 「TOP鼎談「経営談義」(第11回)現場の声をもとに新たな政策を立案し危機打開を実現する」, 『フェイズ・スリー』, (299), pp.8-11.
  • 鈴木寛 (2009) 「Interview 民主党キーマンに聞く 鈴木寛 参議院議員(特集 どうなる政権交代後の医療の行方?徹底検証 民主党の医療政策」, 『フェイズ・スリー』, (302), pp.17-19.
  • 鈴木寛, 鈴木悦子 (2009) 「緊急特別インタビュー 鈴木寛文部科学副大臣に訊く 新政権でこんなに変わる”教育制度”」, 『総合教育技術』, 64(12), pp.8-13.
  • 鈴木寛 (2009) 「特集 シミュレーション 民主党連立政権下の情報通信政策」, 『New Media』, 27(10), pp.32-37.
  • 鈴木寛, 篠原清昭 (2009) 「インタビュー 鈴木寛文部科学副大臣に聞く 民主党の教育政策--教育免許更新制、中教審、教員養成の行方は?熟議民主主義とは何か?(特集 政権交代で教育はどうなる?)」, 『季刊教育法』, (163), pp.4-7.
  • 鈴木寛 (2010) 「実践力のある教師を育てるために何をどう改革するか(教師教育研究フォーラム 実践力のある教師を育てるために、何をどう改革するか:課題・展望・希望)」, 『教師教育研究:早稲田大学教師教育研究所紀要』, (3), pp.31-43.
  • 鈴木寛, 菊地栄治, 浅田匡[他] (2010) 「質疑・討論 (教師教育研究フォーラム 実践力のある教師を育てるために、何をどう改革するか : 課題・展望・希望)」, 『教師教育研究 : 早稲田大学教師教育研究所紀要』, (3), pp.31-43.
  • 吉田就彦, 鈴木寛 (2010) 「吉田就彦のヒット学 ヒットの法則あるわけネェだろ!(第36回)鈴木寛「民主党参議院議員/文部科学副大臣」」, 『音楽主義』, (36), pp.56-61.
  • 鈴木寛, 市川昭午 (2010) 「新春特別企画 鈴木寛文部科学副大臣に聞く (特集 新政権下で教育はどう変わるのか--マニフェストの実現と対応課題)」, 『教職研修』, 38(5), pp.22-33.
  • 鈴木寛 (2010) 「新春特別インタビュー 新政権になって教育界はこう変わる」, 『週刊教育資料』, (1101), pp.3-7.
  • 鈴木寛, スズキカン, SUZUKI Kan (2010) 「友愛と政治(特集 友愛政治の理念とその可能性--コミュニティをつなぐもの)」, 『公共研究』, 6(1), pp.35-52.
  • 小林正弥, 鈴木寛, 倉阪秀史 [他] (2010) 「パネル・ディスカッション、質疑応答(第1部) (特集 友愛政治の理念とその可能性--コミュニティをつなぐもの)」, 『公共研究』, 6(1), pp.53-67.
  • 鈴木寛, 西村周三, 和田勝 [他] (2010) 「座談会 日本の医療の可能性--医療費亡国論再考 (特集 医療の拡大がもたらす社会の厚生--医療費亡国論再考)」, 『病院』, 69(4), pp.254-259.
  • 鈴木寛, 宮田満, 小池康博 [他] (2010) 「座談会 科学技術立国ニッポンの課題 (特集 科学技術研究の未来)」, 『三田評論』, (1133), pp.10-27.
  • 鈴木寛 (2010) 「今月の教育改革ニュース(新連載・第1回・特別版)民主党政権が目指す新しい学校のカタチ」, 『総合教育技術』, 65(1), pp.3-6.
  • 鈴木寛, 橋詰悦荘 (2010) 「教員の質と数確保へ、議論本格化--あすの政策インタビュー 鈴木寛文科副大臣に聞く」, 『内外教育』, (5987), pp.2-5.
  • 川端達夫, 鈴木寛 (2010) 「文科省三役の定例記者会見・抄録」, 『内外教育』, (5992), pp.14-16.
  • 川端達夫, 鈴木寛 (2010) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 [2010年]5月14日(金) 川端達夫文科相 5月13日(木) 鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (5995), pp.13-14.
  • 鈴木寛 (2010) 「[国立大学マネジメント研究会]総会記念講演 新政権における高等教育政策」, 『大学マネジメント』, 6(3), pp.48-54.
  • 川端達夫, 鈴木寛 (2010) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 [2010年]6月1日(火)川端達夫文科相 [2010年]5月20日(木)鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6000), pp.17-19.
  • 鈴木寛 (2010) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 [2010年]5月27日(木)鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6002), pp.17-19.
  • 川端達夫, 鈴木寛 (2010) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 [2010年]6月18日(金)川端達夫文科相 6月3日(木)鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6005), pp.18-21.
  • 川端達夫, 鈴木寛 (2010) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 [2010年]6月22日(火)川端達夫文科相 6月10日(木)鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6006), pp.19-22.
  • 川端達夫, 鈴木寛 (2010) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 [2010年]7月6日(火)川端達夫文科相 6月17日(木) 鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6009), pp.17-19.
  • 川端達夫, 鈴木寛 (2010) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 [2010年]7月13日(火) 川端達夫文科相 7月16日(金) 川端達夫文科相 6月24日(木) 鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6011), pp.21-24.
  • 川端達夫, 鈴木寛 (2010) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 [2010年]7月20日(火)川端達夫文科相 7月1日(木)鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6012), pp.21-22.
  • 鈴木寛, 隈元信一 (2010) 「ネット時代に応じて見直す必要 ジャーナリストが介在する意味 (特集 記者会見をめぐる諸問題)」, 『ジャーナリズム』, (243), pp.27-34.
  • 川端達夫, 鈴木寛 (2010) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 [2010年]7月23日(金) 川端達夫文科相 7月27日(火) 川端達夫文科相 7月8日(木) 鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6013), pp.23-26.
  • 川端達夫, 鈴木寛 (2010) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 7月22日(木) 鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6019), pp.18.
  • 川端達夫, 鈴木寛 (2010) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 8月27日(金)川端達夫文科相 7月29日(木)鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6020), pp.24-25.
  • 川端達夫, 鈴木寛 (2010) 「科省三役の定例記者会見・抄録 8月31日(火)川端達夫文科相 9月3日(金)川端達夫文科相 8月6日(金)鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6021), pp.21-23.
  • 鈴木寛 (2010) 「8月26日(木) 鈴木寛文科副大臣 (文科省三役の定例記者会見・抄録)」,『内外教育』, (6023), pp.18-20.
  • 鈴木寛 (2010) 「9月2日(木) 鈴木寛文科副大臣 (文科省三役の定例記者会見・抄録)」, 『内外教育』, (6025), pp.28-30.
  • 鈴木寛 (2010) 「創刊号特別企画 鈴木寛文部科学副大臣インタビュー 教員養成の主要舞台は大学院に移行--学部卒で基礎免許、一般免許は大学院で」, 『Synapse』, 1, pp.2-5.
  • 鈴木寛 (2010) 「個別化医療」, 『シンポジウム詳録』, (5), pp.145-147.
  • 高木義明, 鈴木寛 (2010) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 [2010年]10月15日(金) 高木義明文科相 9月30日(木) 鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6031), pp.17-20.
  • 高木義明, 鈴木寛 (2010) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 [2010年]10月22日(金)高木義明文科相 10月26日(火)高木義明文科相 10月7日(木)鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6033), pp.22-27.
  • 鈴木寛 (2010) 「[2010年]10月14日(木)鈴木寛文科副大臣 (文科省三役の定例記者会見・抄録)」, 『内外教育』, (6035), pp.20-24.
  • 鈴木寛 (2010) 「科省三役の定例記者会見・抄録 [2010年]11月4日(木) 鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6038), pp.20-22.
  • 鈴木寛 (2010) 「[2010年]11月11日(木) 鈴木寛文科副大臣 (文科省三役の定例記者会見・抄録)」, 『内外教育』, (6040), pp.19-23.
  • 鈴木寛 (2010) 「[2010年]11月25日(木)鈴木寛文科副大臣 (文科省三役の定例記者会見・抄録)」, 『内外教育』, (6043), pp.20-22.
  • 鈴木寛 (2011) 「スポーツ基本法制定に向けて (日本スポーツ法学会第18回大会 : スポーツ団体の自立・自律とガバナンスをめぐる法的諸問題) -- (シンポジウム)」, 『日本スポーツ法学会年報 = JSLA (Japan Sports Law Association) annual』, (18), pp.24-29.
  • 鈴木寛 (2011) 「巻頭インタビュー 鈴木寛文部科学副大臣に聞く--平成23年教育行政の動向と学校管理職への期待」, 『教職研修』, 39(5), pp.7-13.
  • 鈴木寛, 橋詰悦荘 (2011) 「あすの政策 鈴木寛文部科学副大臣に聞く 教委改革、地域を3分類し議論」, 39(5), pp.7-13.
  • 鈴木寛 (2011) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 [2010年]12月16日(木)鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6050), pp.21-22.
  • 高木義明, 鈴木寛 (2011) 「文科省三役の定例記者会見・抄録」, 『内外教育』, 6056, pp.20-22.
  • 鈴木寛 (2011) 「1月27日(木) 鈴木寛文科副大臣 (文科省三役の定例記者会見・抄録)」, 『内外教育』, (6058), pp.20-22.
  • 鈴木寛 (2011) 「熟議による政策形成に向けて」, 『日本原子力学会誌 = Journal of the Atomic Energy Society of Japan』, 53(3), pp.155.
  • 鈴木寛 (2011) 「[2011年]3月3日(木) 鈴木寛文科副大臣 (文科省三役の定例記者会見・抄録)」, 『内外教育』, (6069), pp.22-25.
  • 鈴木寛 (2011) 「[2011年]3月10日(木) 鈴木寛文科副大臣 (文科省三役の定例記者会見・抄録)」, 『内外教育』, (6069), pp.25-26.
  • 鈴木寛, 杉田英一 (2011) 「特別インタビュー 文部科学省・鈴木寛副大臣に聞く 日本人は当事者だと自覚すると、すごい力を発揮するんですよ--文部科学施策の微妙な変化を聞く」, 『教育ジャーナル』, 50(1), pp.10-17.
  • 鈴木寛, 藤原和博 (2011) 「文部科学副大臣 鈴木寛&大阪府知事特別顧問 藤原和博に聞く 学校マネジメントは、どうあるべきか? (特集 すべての教師に、マネジメント力を!)」, 『総合教育技術』, 66(1), pp.14-19.
  • 鈴木寛 (2011) 「特集 鈴木寛副大臣にホンネを直接ぶつけてみました! 現場教師から文部科学省への10の質問」, 『総合教育技術』, 66(1), pp.70-75.
  • 鈴木寛 (2011) 「[2011年]3月17日(木) 鈴木寛文科副大臣 (文科省三役の定例記者会見・抄録)」, 『内外教育』, (6072), pp.19-20.
  • 鈴木寛 (2011) 「[2011年]4月7日(木) 鈴木寛文科副大臣 (文科省三役の定例記者会見・抄録)」, 『内外教育』, (6076), pp.14-17.
  • 鈴木寛 (2011) 「給食費未納問題は、子ども手当で解決できる (総力大特集 保護者と連携し「家庭教育力」を引き出すヒント) -- (給食費未納問題、クレーマー問題etc. いまどきの保護者の「4つの大問題」は、こう解決する!)」, 『総合教育技術』, 66(2), pp.18-21.
  • 鈴木寛 (2011) 「今月の教育改革ニュース2011--この先進実践に注目! 今月の先進実践校 東京都日野市立平山小学校 学力向上、校務の効率化、開かれた学校づくり ICTを徹底活用」, 『総合教育技術』, 66(2), pp.78-81.
  • 鈴木寛 (2011) 「[2011年]4月21日(木)鈴木寛文科副大臣 (文科省三役の定例記者会見・抄録)」, 『内外教育』, (6079), pp.17-18.
  • 鈴木寛 (2011) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 [2011年]4月28日(木)鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6080), pp.15-17.
  • 鈴木寛 (2011) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 [2011年]5月12日(木) 鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6082), pp.14-18.
  • 鈴木寛 (2011) 「文科省三役の定例記者会見・抄録 [2011年]5月19日(木)鈴木寛文科副大臣」, 『内外教育』, (6083), pp.14-18.
  • 鈴木寛 (2011) 「PISA調査と日本の教育改革 -エビデンスに基づく改善サイクル-」, OECD/Japanセミナー, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2011) 「今月の教育改革ニュース2011--この先進実践に注目! 今月の先進実践校 大阪府寝屋川市立和光小学校 地域連携による子どもの安全確保と徹底反復学習による学力づくり 安全体制の確立から学力向上へ」, 『総合教育技術』, 66(4), pp.48-51.
  • 鈴木寛 (2011) 「今月の教育改革ニュース2011--この先進実践に注目! 今月の先進実践校 福岡県北九州市立貴船小学校 話し合いの授業で「生きる力」をつける 「子ども熟議」を全国に先駆けて実践」, 『総合教育技術』, 66(8), pp.80-83.
  • 鈴木寛, 樋野興夫 (2011) 「対談 人間の幸せとは何か。今、それが問われている 鈴木寛・文部科学副大臣 樋野興夫・順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授」, 『がんサポート』, 9(13), pp.6-9.
  • 鈴木寛 (2011) 「今月の教育改革ニュース2011--この先進実践に注目!(第4回)今月の先進実践校 東京都杉並区立富士見丘小学校 コミュニケーション能力を育て協力・共生の心を培う 「演劇体験授業」の取り組み」, 『総合教育技術』, 66(9), pp.78-81.
  • 鈴木寛 (2011) 「今月の教育改革ニュース2011--この先進実践に注目!(第5回)今月の先進実践校 福井大学教職大学院・福井市至民中学校 教員の専門性を高める 「福井大学方式」の教員養成」, 『総合教育技術』, 66(10), pp.76-79.
  • 鈴木寛 (2011) 「今月の教育改革ニュース2011--この先進実践に注目!(第6回)特別版 今月の先進実践 教育夏まつり2011in東北・石巻 子どもたちの将来の夢や復興教育の指針を話し合う 「子ども熟議」と「大人熟議」の取り組み」, 66(11), pp.80-83.
  • 鈴木寛 (2011) 「月の教育改革ニュース2011 この先進実践に注目!(第7回)今月の先進実践 京都市立御所南小学校 140年の歴史を受け継ぎ、地域とともに学校をつくる 小中一貫コミュニティ・スクール」, 『総合教育技術』, 66(12), pp.78-81.
  • 鈴木寛, 大矢根淳, 久木留毅 (2012) 「対談 スポーツの持つ力 : スポーツが復興に果たす役割 (専修大学社会体育研究所公開シンポジウム2012 スポーツの力を考える「スポーツを通じた社会開発」)」, 『専修大学社会体育研究所報』, pp.8-13.
  • 伊調馨, 米満達弘, 松本隆太郎 [他], 鈴木寛, 佐藤雅幸, 久木留毅 (2012) 「スポーツの好循環 : カレッジスポーツの位置づけ (専修大学社会体育研究所公開シンポジウム2012 スポーツの力を考える「スポーツを通じた社会開発」)」, 『専修大学社会体育研究所報』, pp.14-21.
  • 鈴木寛 (2012) 「今月の教育改革ニュース2011 この先進実践に注目!(第8回)今月の先進実践 愛知県小牧市立光ヶ丘中学校 市内の全小中学校を結ぶシステムと校内ネットワークの導入 IT活用で校務の効率化を実現」, 『総合教育技術』, 66(13), pp.82-85.
  • 鈴木寛 (2012) 「今月の教育改革ニュース2012 この先進実践に注目!(第9回)今月の先進実践 宮城県・女川向学館 被災地の子どもの教育を支援する放課後学校 日本初のコラボ・スクールの取り組み」, 『総合教育技術』, 66(14), pp.82-85.
  • 鈴木寛 (2012) 「今月の教育改革ニュース2012 この先進実践に注目!(最終回)前文部科学副大臣 鈴木寛」, 『総合教育技術』, 66(15), pp.80-83.
  • 鈴木寛 (2012) 「パネルディスカッションⅡ 震災対応を踏まえた地域とともにある学校の在り方 (特集 東日本大震災を通じて考える地域とともにある学校づくり) -- (震災対応を通じて考える地域とともにある学校づくりフォーラム : 平素からの学校と地域の関係づくりが子どもたちを守り,地域を守ることにつながる)」, 『教育委員会月報 = Monthly reports of the board of education』, 64(2), pp.31-37.
  • 鈴木寛, 佐々木雄太, 清家篤 [他] (2012) 「座談会 知識基盤社会を担う人材の育成・輩出を目指して」, 『大学時報』, 61(345), pp.16-31.
  • 鈴木寛 (2012) 「鈴木寛氏講演 日本の教育の現状とこれからの教育の可能性(2012年3月3日/第6回日本スクールビジネス研究会シンポジウム) 今後のスクール・ビジネス・マネージャーの役割に大きく期待」, 『学校事務』, 63(8), pp.26-33.
  • 鈴木寛, 東浩紀 (2013) 「ニコ生思想地図『日本2.0』から考える(2)対談 熟議はどこまで可能か」, 『Genron etc. = ゲンロンエトセトラ : コンテクチュアズ友の会会報』, 6, pp.40-57.
  • 寺脇研, 鈴木寛 (2013) 「寺脇研の教育を語ろう(PART11)21世紀型へ思考の転換を(上)」, 『学校事務』, 64(2), pp.38-41.
  • 寺脇研, 鈴木寛 (2013) 「寺脇研の教育を語ろう(第11回)ゲスト/鈴木寛(参議院議員・元文部科学副大臣) 21世紀型へ思考の転換を(上)」, 『月刊高校教育』, 64(2), pp.54-57.
  • 寺脇研, 鈴木寛 (2013) 「寺脇研の教育を語ろう(第12回)ゲスト/鈴木寛(参議院議員・元文部科学副大臣) 21世紀型へ思考の転換を(下)」, 『月刊高校教育』, 46(3), pp.54-57.
  • 寺脇研, 鈴木寛 (2013) 「寺脇研の教育を語ろう(PART12)21世紀型へ思考の転換を(下)」, 『学校事務』, 64(3), pp.52-55.
  • 鈴木寛 (2013) 「基調講演 「スポーツの持つ力 : ロンドンオリンピックから考えるスポーツの好循環」(専修大学社会体育研究所公開シンポジウム2012,スポーツの力を考える「スポーツを通じた社会開発」,専修大学生田キャンパス10号館10301教室,2012年10月29日開催)」, 『専修大学社会体育研究所報 = Annual Report』, (60), pp.6-7.
  • 鈴木寛, 野田万起子 (2013) 「いま聞きたい : この人の言葉(22)元文部科学副大臣・参議院議員 鈴木寛 日本経済を活性化する中小企業の戦略 : ITの活用で環境変化を乗り越える」, 『Business summit = 月刊ビジネスサミット : がんばろうニッポンの中小企業』, pp.38-41.
  • 鈴木寛, (2013) 「教師の力量形成と地域連携 (中部教育学会第61回大会シンポジウム 教師の力量形成と地域連携 : 地域とともに育つ教師)」, 『中部教育学会紀要』, (13), pp.51-67.
  • 福田峰之, 鈴木寛, 黒川勝 (2013) 「議員研修会レポート ネット選挙解禁、いま政治を変えていこう (議員実力養成講座 もっと知りたいインターネット選挙)」, 『議員navi : 議員のための政策情報誌』, (38), pp.4-7.
  • 宮田亮平, 鈴木寛 (2013) 「特別対談 宮田亮平(東京藝術大学学長、文化審議会会長)×鈴木寛(元文部科学副大臣、文化芸術振興議員連盟幹事長) 芸術の心を育み文化に対する誇りを持つためにいま、日本人がなすべきこと」, 『月刊美術』, 39(8), pp.64-69.
  • 鈴木寛 (2013) 「国立競技場の改築はいかにして決まったのか(特集 2050年のTOKYO:新国立競技場から考える)」, 『春秋』, (554), pp.5-8.
  • 鈴木寛 (2014) 「支持者のウケ狙いが自己目的化している教育改革は現場に立ち返れ (特集 教育はどこへ行くのか?)」, 『Journalism』, (287), pp.106-114.
  • 鈴木寛 (2014) 「第1回 誰もが目的を達成した”敗者なき都知事選” 舛添新都知事に求められるソフトパワー強化策」(混沌社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第2回 私大文系の知識偏重と数学なしが問題 入試改革”言いっぱなし放談”を斬る!」(混沌社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第3回 早稲田の入試が悪いわけじゃない! 社会全体の関与で教育改革に好循環を」(混沌社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「地方教育行政制度のさらなる改革に向けて : 新たな議論の枠組みと政治の役割(I <特集1>教育ガバナンスの形態)」, 『日本教育政策学会年報』, (21), pp.8-24.
  • 鈴木寛 (2014) 「第4回 医療・教育が”倒され”公共事業増強へ再転換 自民党型予算成立に見る予算配分構造の限界」(混沌社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第5回 乱読・多読で歴史を掴み5000時間がむしゃらに 新社会人に贈るインテリジェンス養成のヒント」(混沌社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第6回 社会科、歴史を学ぶ意義は何か? ピント外れな教科書問題論争」(混沌社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第7回 東大生就職”新御三家”」から透ける安易さ 本当に大切な「就活インテリジェンス」を考える」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第8回 30代で社長になれる20代、なれない20代 「バイパス型キャリアアップ」を考える」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第9回 ワールドカップ前だからこそ思い起こしたい サッカーがもたらした静かなる”民主革命”」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第10回 退化するLINE世代の話す・書く力 再強化へ注目したい”企業人”父の役割」(社会を生き抜くインテリジェンス),『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第11回 「自分たちのサッカー」の言葉に見る日本の宿痾 ザッケローニ 氏に総括を聞きジュニア育成に活かせ」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第12回 プロ野球発の社会革命だった”事件”から10年 旧勢力との苦闘がもたらした「社会的遺産」」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛, 広瀬裕子, 前原健二 (2014) 「教育ガバナンスの基本方向 (鈴木寛元文部科学副大臣インタビュー : 教育に関するガバナンスの基本方向、そして文部科学省とのこと)」, 『専修大学社会科学研究所月報』, (617), pp.2-15.
  • 鈴木寛, 広瀬裕子, 前原健二 (2014) 「副大臣時代のこと (鈴木寛元文部科学副大臣インタビュー : 教育に関するガバナンスの基本方向、そして文部科学省とのこと)」, 『専修大学社会科学研究所月報』, (617), pp.15-35.
  • 鈴木寛 (2014) 「第13回 懸念される政府のNISA未成年解禁検討 「世論誘導」に嵌められないリテラシー強化を」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第14回 話題のISAK開校を通して見えてきた 草莽崛起する若者と思考停止した大人たち」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第15回 パリの「復幸祭」で飛躍した東北の中高生たち 22世紀の教育を先取りする創造型復興教育」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第16回 朝日新聞誤報問題 壊れゆく新聞という近代の産物」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第17回 ハコモノよりも”コスパの良い”地方創生は? ヒントはサッカー界で常識の「レンタル移籍」」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第18回 ノーベル物理学賞”師弟受賞”の背景にあるものは? スポーツ界に凝縮された科学者育成のための種蒔き術」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第19回 財務省に告ぐ! 35人学級は国家戦略の要諦 財政論のみで教育を語るのは愚の骨頂」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第20回 ひたすら人に会い”紹介の連鎖”を得るべし! 日本人エリートが再考すべき本物の「外遊」」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2014) 「第21回 日本の民主主義は終焉を迎えつつある!? 総選挙を機に考えたい新しいガバナンスと論憲」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「第22回 イノベーションなき20年の元凶はマークシート 入試改革から”日本を取り戻す”」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「第23回 変革の担い手”幕末イノベーター”を続々輩出 現代にも通ずる「飛耳長目」を貫いた松陰の真髄」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 金子郁容, 松井孝治, 細野豪志 [他], 鈴木寛, 大西健丞, 内海成治 (2015) 「今、あらためて考える『新しい公共』」ディスカッション概要(パネルディスカッション,大会報告,第15回大会)」, 『ボランティア学研究』, (15), pp.67-83.
  • 鈴木寛 (2015) 「第24回 このままでは”頭脳フライト”が加速する! 日本に「アジア超一流」を取り込む戦略はあるか」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「第25回 ピケティの言う「教育で格差は縮まらない」は本当か」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「熟議をめぐる政治と政策 : 政治家の経験を踏まえて (特集 千葉大学公共学会設立記念講演会)」, 『公共研究 = Journal on public affairs』, 11(1), pp.6-31.
  • 鈴木寛 (2015) 「第26回 日本の大学入試はフランスに170年遅れている!」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「第27回 IT業界出身で福島の高校副校長に転身した異色若手官僚の情熱」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「第28回 “受験英語”を”使える英語”に変える実践的会話術」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「「熟議の政治」、その挑戦と挫折 (小特集 立法学学術フォーラム : 立憲民主政の変動と立法学の再編)」, 『法律時報』, 87(8), pp.62-64.
  • 鈴木寛 (2015) 「第29回 若い世代への教育投資を阻む シルバーデモクラシーを憂う」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「第30回 超売り手市場の就職戦線 企業は「訳あり」学生を狙え!」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「第31回 ドローンで学ぶイノベーションとリスク対策の両立(上)」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「第31回 ドローンで学ぶイノベーションとリスク対策の両立(下)」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「第32回 やはり「屋根」は必要! 新国立競技場に関する誤解を解く」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「第33回 18歳新有権者に政治リテラシーをどう教育すべきか」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「第34回 サッカー女子W杯の自国開催が日本を蘇らせる」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「財政論のみでは教育は語れない (特集 財務省は、なぜ、教職員定数を減らそうとするのか : 教職員増員は、夢物語か)」, 『教職研修』, 43(12), pp.89-91.
  • 鈴木寛 (2015) 「第35回 主流は私立発のITから国立発のバイオへ 盛り上がる「大学ベンチャー」の課題」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「第36回 「大学に文系は要らない」は本当か? 下村大臣通達に対する誤解を解く(上)」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「第36回 「大学に文系は要らない」は本当か? 下村大臣通達に対する誤解を解く(下)」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「第37回 ドラえもんと学び直す「親子の政治教育」」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「第38回 将来、人工知能に仕事を奪われないために! 若者を「開花」させる文科省の教育改革」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「第39回 ロボットと人間が対立せず、楽しく共生できる社会づくりとは?」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 合田哲雄, 佐藤学, 鈴木寛 (2015) 「特別座談会 アクティブ・ラーニングと学校教育の未来 (総力大特集 「主体的・協働的な学び」をどう実現するか? 次期学習指導要領のキーワード アクティブ・ラーニングの焦点)」, 『総合教育技術』, 70(9), pp.10-15.
  • 鈴木寛 (2015) 「第40回 1億総活躍のトリガーは国民的な「学び直し」にあり」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2015) 「教育と地方創生 国内外の社会・経済構造の転換を踏まえて : 人づくりで地域活性化を」, 『地方行政』, (10594), pp.2-4.
  • 鈴木寛 (2016) 「国立大学における研究・教育のあり方 : 国立大学中期計画をめぐって (2015.8.1公開シンポジウム 国立大学法人の人文社会系の学問・教育はどうなるのか : 国立大学法人第3期中期計画をめぐって)」, 『大学創造』, (31), pp.2-10.
  • 鈴木寛 (2016) 「世論・熟議リテラシーの向上に向けて (特集 世論をめぐる困難) -- (困難から生まれる世論の未来,社会の可能性)」, 『放送メディア研究 = Studies of broadcasting and media』, (13), pp.335-353.
  • 鈴木寛 (2016) 「第41回 今こそ活字復権を! 大学入試の「記述式導入」批判にモノ申す」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2016) 「第42回 患者に優しい日本で医療革新が起きにくい残念な理由」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2016) 「第43回 日本が目指すべき国家戦略は「難病治療の最後の砦」」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2016) 「第44回 都知事選で考えたい「世論の専制君主化」が進む日本の危機」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2016) 「巻頭インタビュー 2100年を見据えた教育改革(上)」, 『月刊高校教育』, 49(4), pp.5-9.
  • 鈴木寛 (2016) 「巻頭インタビュー 2100年を見据えた教育改革(下)」, 『月刊高校教育』, 49(6), pp.5-8.
  • 鈴木寛 (2016) 「提言インタビュー 文部科学大臣補佐官 鈴木寛 子どもを伸ばす教師はアクティブ・ラーナーである! (総力大特集 若手が伸びる!ミドルリーダーが育つ! 教師こそアクティブ・ラーナーに! 最強の校内研修)」, 『総合教育技術』, 71(3), pp.10-13.
  • 鈴木寛 (2016) 「第45回 日本人は2周遅れ! 国際舞台で「顔を売る」ことの重要性」(社会を生き抜くインテリジェンス), 『DIAMOND online』, 2016年12月12日アクセス
  • 鈴木寛 (2016) 「基調講演 スポーツ庁の概要と果たすべき役割」, 『日本スポーツ法学会年報』, 23, pp.62-72.
学生諸君へ一言200年ぶりに世界史・日本史は大きく塗り替えられようとしている、それぞれの分野で、
新たなエポック・メイカーを、SFCから数多く輩出したい。
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス