Michito Tsuruoka
鶴岡 路人 ツルオカ ミチト

総合政策学部准教授
政策・メディア研究科委員
略歴1975年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業(1998年)後、同大学大学院法学研究科修士課程、米ジョージタウン大学大学院留学(慶應義塾派遣交換留学)を経て、英ロンドン大学キングス・カレッジで博士号(PhD)取得。外務省在ベルギー日本大使館専門調査員(NATO担当、2005-2008年)、米ジャーマン・マーシャル基金(GMF)研究員(2009年)を経て、防衛省防衛研究所(教官、主任研究官を歴任、2009-2017年)。その間、2012-13年に防衛省防衛政策局国際政策課部員(ARF、ADMMプラス担当)、2013-14年に英王立防衛安全保障研究所(RUSI:ロンドン)訪問研究員。2011年から東京財団研究員を兼務。2017年4月から現職。
専門分野国際安全保障、欧州政治、EU、NATO、核政策
所属学会・団体日本国際政治学会、国際安全保障学会、日本EU学会、国際関係学会(ISA)
主要著作・論文・作品【共編著】
・(田中俊郎、小久保康之との共編)『EUの国際政治』(慶應義塾大学出版会、2007年)
【論文】
・「ヨーロッパ通貨統合への道――EMUへの政治的コミットメントの形成過程、1988-1989年」『日本EU学会年報』第22号(2002年)
・「国際政治におけるパワーとしてのEU――欧州安全保障戦略と米欧関係」『国際政治』第142号(2005年8月)
・「NATO変革の中の災害救援――パキスタン地震救援活動と同盟変革の方向」『国際安全保障』第34巻第3号(2006年12月)
・‘“Expectations Deficit” in EU-Japan Relations: Why EU-Japan Partnership Cannot Flourish’, Current Politics and Economics of Asia, a special issue on ‘Lessons for Asia: The European Union in Comparative Perspective’, Vol. 17, No. 1 (2008); reprinted in Amy Verdun (ed.), The European Union and Asia: What is There to Learn? (Hauppauge: Nova Publishers, 2009).
・「NATOにおける集団防衛の今日的課題――ロシア・グルジア紛争と北大西洋条約第5条の信頼性」『国際安全保障』第37巻第4号(2010年3月)
・「日欧安全保障協力――NATOとEUをどのように『使う』か」『防衛研究所紀要』(防衛省防衛研究所)第13巻1号(2010年10月)、英語訳は、‘Japan-Europe Security Cooperation: How to “Use” NATO and the EU’, NIDS Journal of Defense and Security, No. 12 (December 2011).
・「NATO・EU協力の新たな課題――棲み分けから協働へ」『法学研究』(慶應義塾大学)第84巻第1号(2011年1月)
・「欧州統合における共通外交・安全保障・防衛――政府間主義とその変容」『日本EU学会年報』第31号(2011年)
・‘Defining Europe’s Strategic Interest in Asia: The Current State and Challenges Ahead’ Studia Diplomatica: The Brussels Journal of International Relations, Vol. 64, No. 3 (2011).
・‘NATO and Japan: A View from Tokyo’, RUSI Journal, Vol. 156, No. 6 (December 2011).
・「国際安全保障環境の変化と2010年戦略概念」広瀬佳一・吉崎知典編『冷戦後のNATO――ハイブリッド同盟への挑戦』(ミネルヴァ書房、2012年)
・「欧州戦術核問題の構図」『国際安全保障』第40巻第4号(2013年3月)
・‘NATO and Japan as Multifaceted Partners’, Research Paper, No. 91 (Rome: NATO Defense College, April 2013).
・‘The UK, Europe and Japan: Forging a New Security Partnership’, RUSI Journal, Vol. 158, No. 6 (December 2013).
・「英核抑止力の将来――トライデント代替策レビューから」『法学研究』(慶應義塾大学)第87巻第5号(2014年5月)
・‘Nuclear Proliferation, Deterrence and Strategic Stability in East Asia: The United States, China and Japan in a Changing Strategic Landscape’, in Joseph Pilat and Nathan Busch (eds.), Routledge Handbook of Nuclear Proliferation and Policy (Abingdon: Routledge, 2015).
・「冷戦と日欧政治・安全保障関係」細谷雄一編『戦後アジア・ヨーロッパ関係史――冷戦、脱植民地化・地域主義』(慶應義塾大学出版会、2015年)
・‘NATO’s Challenges as Seen from Asia: Is the European Security Landscape Becoming Like Asia?’ Polish Quarterly of International Affairs, Vol. 25, No. 1 (May 2016).
・‘The NATO vs. East Asian Models of Extended Nuclear Deterrence? Seeking a Synergy beyond Dichotomy’, The Asan Forum, Vol. 4, No. 3 (May-June 2016).
・「欧州における同盟、集団防衛、集団的自衛権――新たな脅威へのNATO、EUの対応」国際安全保障学会編『国際安全保障』第44巻第1号(2016年6月)
・‘Tokyo Wants a Stronger European Foreign Policy’, The International Spectator, Vol. 51, No. 3 (2016)
・「日英、日仏の安全保障・防衛協力――日本のパートナーとしての英仏比較」『防衛研究所紀要』第19巻第1号(2016年12月)
・「トランプ政権の誕生と欧州――『トランプ現象』波及への懸念とバードン・シェアリング」『世界経済評論』(2017年3-4月号)
・「欧州戦略環境の変動――東アジアへの影響」防衛研究所編『東アジア戦略概観2017』(防衛省防衛研究所、2017年)(第1章)
・‘Strategic Considerations in Japan-Russia Relations: The Rise of China and the U.S.-Japan Alliance', in Shoichi Ito et al., Japan and the Sino-Russian Entente: The Future of Major-Power Relations in Northeast Asia, Special Report, 64 (Seattle: National Bureau of Asian Research, April 2017).
・ ‘Japan's New Nuclear Deterrence Challenges: The Implications of Russia's Nuclear Saber-Rattling and NATO's Response,' in Aaron Friedberg et al., North Korea and Asia's Evolving Nuclear Landscape: Challenges to Regional Stability, Special Report, 67 (Seattle: National Bureau of Asian Research, August 2017).
学生諸君へ一言「自分がやらないで誰がやる」と思えるほどの情熱が持てる何かを見つけてください。
個人ウェブページhttp://mtsuruoka.blogspot.jp/
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
tsuruoka [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください