Shoko Miyagawa
宮川 祥子 ミヤガワ ショウコ

看護医療学部准教授
学位博士(政策・メディア)
主な兼職一般社団法人 情報支援レスキュー隊(IT DART)代表理事
略歴【学歴】
一橋大学経済学部卒業
同 大学院商学研究科修士課程修了
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程単位取得退学 博士(政策・メディア)
University of Texas, School of Biomedical Informatics 修了 (Master of Science in Health Informatics)

【研究分野】
ヘルスケアへのITの応用
・Web2.0サービスを活用した高齢者向けのヘルスプロモーションプログラムの開発
・災害時のヘルスアセスメントへのITの活用
・デジタルファブリケーションによる看護用具・用品の開発
専門分野ヘルスケア情報学
担当科目大学院プロジェクト科目(ネットワークコミュニティ)
(看護)情報とネットワーク,看護情報リテラシー,マルチメディア表現,ヘルスケア情報学,プロジェクトⅠ(基礎),プロジェクトⅡ(応用)
(健マネ)看護情報学
主要著作・論文・作品宮川祥子,山崎重一郎:インターネットにおける「信用」と「評判」−相互与信システムの社会的応用−,ビジネスレビューVol.46 No.2,pp50-pp74. 1998/11.
宮川祥子,清木康:特定分野ドキュメントを対象とした意味的連想検索のためメタデータ空間生成方式,情報処理学会論文誌データベース Vol.40 No.SIG5(TOD 2), pp15-28, 1999/3.
宮川祥子,清木康:電子証明書を用いた情報の信頼性評価を伴う検索方式,情報処理学会論文誌 Vol.41, No.SIG3(TOD6) pp.58-pp.70, 2000/5.
Shoko Miyagawa, Ikuyo Kaneko, Jun Murai: Making Network Communities Work, INET '98, Geneva, 1998/7.
Shoko Miyagawa, Hidehiro Ohashi, Ikuyo Kaneko: Designing and Constructing Job Matching Service in the Internet for People with Disabilities, INET '99, San Jose, California, 1999/6.
Shoko Miyagawa, Ikuyo Kaneko: Design and Development of Community-Oriented Tools, Digital Cities (Lecture notes in computer science; 1765), 2000/3.
宮川祥子、藤井千枝子(編);情報科学, ヌーヴェルヒロカワ, 2003.
宮川祥子: 老年看護におけるITを利用した情報流通の可能性と課題, 老年看護学, Vol.7 No.2, 2003/3.
宮川祥子: ネットワーク・コミュニティとその条件, 総合政策学の最先端IV -新世代研究者による挑戦-, 慶應義塾大学出版会, 2003/10.
Shoko Miyagawa: Circulation of Values and Trust Infrastructure for Human Service Communities, Proc. of International Symposium in Interactive Society with Information Commons, 2004/1.
宮川祥子他:電子コミュニティ通貨を用いた事業型NPOにおけるサービス利用促進支援システムの提案, コンピュータセキュリティシンポジウム2004, 2004/10.
Shoko Miyagawa at.el.:A Support System for Service Promotion in Business Oriented NPOs Using E-Community Currecy, SAINT 2005, 2005/2.
宮川祥子, 山崎重一郎, 内山映子: 在宅ケアにおけるプライバシーとプライオリティを考慮した情報配信フレームワークの設計, コンピュータセキュリティシンポジウム2005, 2005/10.
Shoko Miyagawa , Yuji Ohgi, Yuko Oguma Teruo Yamashita, Shigeo Ohsawa, Yoko Sato“A Community-based Health Promotion Program with Online Off-line Combination”, IADIS International Conference of E-health, 2009.6, Portugal.
Shoko Miyagawa, Shigeichiro Yamasaki, Eiko Uchiyama, Donald Amoroso "Framework for Information Sharing with Privacy and Priority Control in Long-Term Care in Japan", International Journal of E-Health and Medical Communications IGI Global 5/ 1, 46-62,2014.
Shoko Miyagawa, ICT utilization for disaster management, IEICE Tech. Rep. 115/ 207, IA2015-37, 1-4 2015/11/01.
宮川祥子, "大規模災害時の支援活動における情報技術の役割", Keio SFC Journal, Vol.16, No.1, 2016.
Shoko Miyagawa, Yuko Oguma, Yuji Ohgi "Evaluation of a Community-based Health Promotion Program with Online Off-line Combination: The Effect of an Online Diet Record System on Self-rated Achievement", Procedia Computer Science, Volume 100, 2016, Pages 768-775.
学生諸君へ一言ヘルスケア分野でITをどのように活用するかという研究は、世界的にも始まったばかりです。皆さんがこの分野で活躍できる余地はたくさんあります。好奇心旺盛なみなさんとのコラボレーションを楽しみにしています。
プロジェクトURLhttp://fabnurse.org/
連絡先〒252-0883 神奈川県藤沢市遠藤4411
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
miyagawa (at) sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください