Yuji Ohgi
仰木 裕嗣 オオギ ユウジ

政策・メディア研究科教授
環境情報学部教授
政策・メディア研究科委員
生年1968年
学位博士(政策・メディア)、修士 (体育学)
主な兼職SPINOUT 代表(Sports 実験/データ解析/ソフト開発会社)
略歴【学歴】
筑波大学体育専門学群(1990年)
同 体育研究科コーチ学修士課程(1992年)
同 体育科学研究科博士課程単位取得退学 (1997年)
慶應義塾大学 政策・メディア研究科(2003, 博士(政策・メディア))
【主な前職】
SPINOUT 代表(Sports 実験/データ解析/ソフト開発会社)
専門分野スポーツ工学, スポーツバイオメカニクス,生体計測, 無線計測
担当科目身体運動解析,スポーツエンジニアリング,スポーツバイオメカニクス,概念構築(CB),スポーツ・スキルサイエンス論,研究会,研究会(スポーツ工学:工学的アプローチによるスポーツスキルの分析とアスリート支援),大学院プロジェクト科目(スポーツサイエンスとコグニティブエルゴノミクス)
所属学会・団体日本体育学会、日本バイオメカニクス学会、日本水泳・水中運動学会(諮問委員)、日本機械学会、International Sports Engineering Association、日本バイオロギング研究会(幹事),日本電子情報通信学会
主要著作・論文・作品<著書>
太田憲,仰木裕嗣,木村広,廣津信義著,データサイエンスシリーズ11,スポーツデータ,共立出版, 2005.

<論文>
(1) Ohgi, Y., Hirai, N., Murakami, M., Seo, K., Aerodynamic study of ski jumping flight based on inertia sensors, The Engineering of Sport 7, Estivalet, M., Brisson, P., eds., Vol.2, pp.157-164., 2008.
(2) Murakami, M., Hirai, N., Seo, K., Ohgi, Y., Aerodynamic study of ski jumping flight phase, The Engineering of Sport 7, Estivalet, M., Brisson, P., eds., Vol.1, pp.449-456., 2008.
(3) Koyanagai, R., Ohgi, Y., Measurement of the forces on ball in flight using built-in accelerometer, The Engineering of Sport 7, Estivalet, M., Brisson, P., eds., Vol.2, pp.1-7., 2008.
(4) Sakurai, Y., Ohgi, Y., Maruyama, T., Development and validation of an automated method to detect gait events using acceleration and angular rate, The Engineering of Sport 7, Estivalet, M., Brisson, P., eds., Vol.2, pp.359-366., 2008.
(5) Shimadzu, H., Shibata, R., Ohgi, Y., Modelling swimmer's speeds over the course of a race, Journal of Biomechanics, 41, pp. 549-555, 2008.
学生諸君へ一言仰木研究室は、陸・海・空の様々なスポーツを対象にして、従来計測することが困難であると信じられてきた事象を明らかにするための新たな計測方法を開発しています。体に装着するタイプのセンサデバイスの開発を中心にして、陸(ゴルフ、格闘技、野球、etc)、海(水泳)、空(スキージャンプ)におけるスポーツ技能を解明する研究を進めています。スポーツを愛し、「やる気」と「根気」のある人、募集中です。
プロジェクトURLhttp://www.sports.sfc.keio.ac.jp
個人ウェブページhttp://web.sfc.keio.ac.jp/~ohgi/
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス o206
TEL : 0466-49-3494
ohgi [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください