Shinnosuke Murakami
村上 慎之介 ムラカミ シンノスケ

政策・メディア研究科特任助教(非常勤)
学位博士(政策・メディア)
主な兼職株式会社メタジェン 主任研究員
略歴【学歴】
2007年3月 慶應義塾高等学校 卒業
2011年3月 慶應義塾大学 環境情報学部 卒業
2013年3月 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程 修了
2016年3月 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 後期博士課程 修了 
2016年3月 博士(政策・メディア)取得

【職歴】
2013年4月〜2016年3月 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2016年4月〜 株式会社メタジェン 主任研究員
2016年8月〜 日本健康開発財団 温泉医科学研究所 連携研究者
専門分野環境微生物学・温泉療法学
担当科目遺伝子解析実習
主要著作・論文・作品【原著論文】
Nishihara T, Inoue J, Tabata S, Murakami S, Ishikawa T, Saito N, Fukuda S, Tomita M, Soga T. (2017) Synthetic biomarker design by using analyte-responsive acetaminophen, Chembiochem, 18(10), 910-913.

Murakami S, Goto Y, Ito K, Hayasaka S, Kurihara S, Soga T, Tomita M, Fukuda S. (2015) The consumption of bicarbonate-rich mineral water improves glycemic control, Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine, 2015, 824395.

Murakami S, Baba F, Aw W, Fukuda S, Soga T, Fujishima H, Tomita M. (2015) Comprehensive analysis of microbes and metabolites in human tear fluids, Keio SFC Journal, 15(1), 382-400.

Furusawa Y, Obata Y, Fukuda S, Takaho A Endo, Nakato G, Takahashi D, Nakanishi Y, Uetake C, Kato K, Kato T, Takahashi M, Noriko N Fukuda, Murakami S, Miyauchi E, Hino S, Atarashi K, Onawa S, Fujimura Y, Trevor Lockett, Julie M Clarke, David L Topping, Tomita M, Hori S, Ohara O, Morita T, Koseki H, Kikuchi J, Honda K, Hase K, Ohno H. (2014) Commensal microbe-derived butyrate induces the differentiation of colonic regulatory T cells. Nature, 504, 446-450.

Murakami S, Fujishima K, Tomita M, Kanai A. (2011) Metatranscriptomic analysis of microbes in an oceanfront deep-subsurface hot spring reveals novel small RNAs and type-specific tRNA degradation, Applied and Environmental Microbiology, 78(4), 1015-22.

【総説】
福田 真嗣,村上 慎之介、腸エコシステムとアンチエイジング、アンチ・エイジング医学、2013 Vol.9 No.5

【書籍】
大野 博司(編)、共生微生物 -生物と密接に関わるミクロな生命体-、化学同人、2016年、3章(pp.25-36)
プロジェクトURLhttp://www.iab.keio.ac.jp/
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
mushin [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください