Takeya Takagi
高木 丈也 タカギ タケヤ

総合政策学部専任講師(有期)
学位博士(文学)
略歴【学歴】
東京外国語大学 外国語学部 卒業(2006年)
東京大学大学院 博士課程 人文社会系研究科 修了(2014年)

【主な前職】
早稲田大学、電気通信大学、神田外語大学、慶應義塾大学、昭和女子大学、芝浦工業大学、跡見学園女子大学 非常勤講師
東京大学 人文社会系研究科 研究員

【外部資金の獲得歴】
1.「日本語と朝鮮語の中途終了発話文−生起要因、機能を中心に−」(松下幸之助記念財団 研究助成)2010年度
2.「朝鮮語延辺方言における発話文生成の研究」(科研費 研究活動スタート支援)2015年度 〜 2016年度

【受賞歴】
2016年10月1日 第1回 朝鮮学会研究奨励賞 受賞
専門分野朝鮮語学、社会言語学
担当科目朝鮮語ベーシック1,朝鮮語インテンシブ1,朝鮮語インテンシブ2,朝鮮語インテンシブ3,地域統合論,概念構築(コミュニケーション),アカデミックプロジェクト,韓国地域論,研究会(朝鮮の文化・社会),大学院プロジェクト科目(言語教育デザインプロジェクト)
所属学会・団体日本言語学会、待遇コミュニケーション学会、朝鮮語研究会、朝鮮学会、湘南藤沢学会、高麗学会
主要著作・論文・作品<著書>
1.『そこまで知ってる?ネイティブも驚く韓国語表現300』(単著、アルク、2009年)
2.『中国語・韓国語ホテル会話ハンドブック』(共著、日本ホテル協会、2010年)
3.『中国語・韓国語ホテル会話CD』(共著、日本ホテル協会、2011年)

<論文> すべて単著
1.「日本語と韓国語の談話におけるいわゆる「中途終了発話文」の出現とその機能」『社会言語科学』第15巻1号 pp.89-101、2012年
2.「日本語と韓国語の自然談話に現れる「くり返し発話」」『待遇コミュニケーション研究』第10号 pp.52-68、2013年
3.「日本語と朝鮮語の自然談話における「情報要求」を表す「中途終了発話文」」『朝鮮語研究5』pp.253-282、2013年
4.「日本語と韓国語の談話における発話文生成メカニズム―「質問」を表す「中途終了発話文」を中心に―」『待遇コミュニケーション研究』第11号 pp.102-118、2014年
5.「日本語話者と韓国語話者の「質問」発話生成に対する意識―談話データとの比較から―」『待遇コミュニケーション研究』第12号 pp.69-85、2015年
6.「日本語と朝鮮語の談話における発話連鎖―「質問」と「応答」の連鎖を中心に―」『朝鮮学報』第235輯 pp.1-35、2015年 
7.「延辺地域朝鮮語における友人談話の発話形式―文末形式におけるソウル方言との比較から―」『韓国語学年報』第11号 pp.47-86、2015年
8.「遼寧省地域朝鮮語話者の言語意識―瀋陽市朝鮮族中学における質問紙調査の結果から―」『学苑』第905号 pp.32-40、2016年
9.「遼寧省地域朝鮮語における友人談話の発話形式―基層方言との関係という観点から―」『朝鮮学報』第241輯 pp.29-66、2016年
10.「延辺地域朝鮮語の終止形語尾「-재」に関する一考察」『韓国朝鮮文化研究』第16号 pp.85-99 2017年
11.「延辺地域語の待遇法体系と終止形語尾」『韓国語教育論講座 第3巻』2017年(forthcoming)
12.「延辺地域朝鮮語の談話における文末形式―親疎関係、話者の属性による差異に注目して―」『xxxx』2017年(forthcoming)

<翻訳>
1.「絶滅危機のアルタイ言語の記録」(ソウル大学 金周源先生)『韓国語教育論講座 第3巻』2017年(forthcoming)
学生諸君へ一言朝鮮語を学ぶことは、朝鮮語圏の人々とコミュニケーションが取れるようになるということ以上に意味があります。私たちに何ができるか、一緒に考えていきましょう。

※私が担当する研究会については、下記HPの情報も参考にしてください。
プロジェクトURLhttp://t-takagi.jimdo.com/
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス