Mamoru FUJITA
藤田 護 フジタ マモル

環境情報学部専任講師
政策・メディア研究科委員
学位M.Phil. in Development Studies, Institute of Development Studies, University of Sussex
主な兼職アンデス口承史工房(Taller de Historia Oral Andina)メンバー(ボリビア・ラパス市)、非常勤講師(PARC自由学校アイマラ語講座、神奈川大学外国語学部、関東学院大学国際文化学部、放送大学)
略歴学位
1999 東京大学教養学部教養学科第二卒(主専攻:中南米の文化と社会、副専攻:国際関係論)
2002 M.Phil. in Development Studies, Institute of Development Studies, University of Sussex
2013 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻単位取得退学

職歴(主要なもののみを記述)
2003-2006 在ボリビア日本国大使館専門調査員(政務・経済担当)
2007-2008 国際協力機構(JICA)客員研究員(アンデス高地先住民への協力)
2008-2010 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2009-2010 ボリビア外務省多民族外交アカデミー客員研究員
2010-2011 東京大学教養学部スペイン語部会・ラテンアメリカ科教務補佐員(助手)
2012-2013 ボリビア国立民族学・民俗学博物館客員教員
2013-2015 東京大学教養学部スペイン語部会助教(教員)
専門分野ラテンアメリカ研究(特にアンデス諸国)、アンデス人類学、アイヌ語とアイヌ語口承文学、国際開発協力政策・開発の人類学、日本文学(特に大江健三郎)
担当科目プロジェクト,スペイン語インテンシブ1,スペイン語インテンシブ3,スペイン語海外研修A,スペイン語海外研修B,地域と社会(米州),概念構築(コミュニケーション),言語教育デザイン論,アイヌの言語と文化,アカデミックプロジェクト,研究会(「南」からの思考(スペイン語圏の言語と社会を中心として)),研究会(アイヌ語とアイヌ語の口承文学を学ぶ),研究会(現地訪問を通じてアイヌ語とアイヌ文化の現状に触れる),大学院プロジェクト科目(言語教育デザインプロジェクト)
所属学会・団体Latin American Studies Association
Asociación de Estudios Bolivianos
日本口承文芸学会
日本ラテンアメリカ学会
日本イスパニア学会
日本社会文学会
主要著作・論文・作品1.編著・共著

2009a (柳原透、清水達也と共著)『アンデス高地先住民への協力』国際協力機構(JICA)客員研究報告書。(第1章、第6章、第7章を執筆)

2.論文・分担執筆

2005 「2003年10月政変から改憲議会へ―ボリビア政治情勢への視点」藤岡美恵子、中野憲志編『グローバル化に抵抗するラテンアメリカの先住民族』現代企画室、pp.73-85。
2007 (with Andrea Cornwall). “The Politics of Representing ‘the Poor’” In Rosalind Eyben and Joy Moncrieffe eds. The Power of Labelling: How People are Categorized and Why It Matters. London: Earthscan, pp.48-63.
2009b 「ボリビアにおける2000年代左派アジェンダの検討―先住民による権力獲得、多層的共存、現状を切り開く思想」村上勇介、遅野井茂雄編『現代アンデス諸国の政治変動―ガバナビリティの模索』明石書店、pp.287-314。
2011 「大江健三郎『水死』における言葉の方法―「後れ」が導き入れる現代の物の怪と憑坐(よりまし)」『言語態』第11号、東京大学言語態研究会、pp.73-89。(査読付)
2012a (Coedición con Filomena Nina Huarcacho, Silvia Rivera Cusicanqui y Alvaro Linares) Historia Oral: Boletín de Taller de Historia Oral Andina, no.2, Chukiyawu (La Paz): Aruwiyiri.
2012b “Las radionovelas aymaras entre la oralidad y la escritura” En Anales Reunión Anual de Etnología 2011 (Tomo I). La Paz: Museo Nacional de Etnografía y Folklore (MUSEF), La Paz, Bolivia, pp.555-565.(査読付)
2012c (with Andrea Cornwall) “Ventriloquising the ‘Poor’? Of Voices, Choices and the Politics of ‘Participatory’ Knowledge Production.” Third World Quarterly, Vol.33, No.9, pp.1751-1765.(査読付)
2013a「アイマラ語―政治と人々の暮らしの中で躍動を続ける先住民の言語」真鍋周三編『ボリビアを知るための73章(第2版)』明石書店。
2013b 『ラテンアメリカを知る事典』平凡社。(「アイマラ語」の項目を執筆)
2014 「ボリビア・アンデスにおけるアイマラ語口承文学の躍動―ラパス市周辺の渓谷部における語りから」『イベロアメリカ研究』第36巻第1号、pp.27-51。(査読付)
2016a 「アイヌの散文説話における取り組まれるべき課題(タスク)の構成」中川裕編『アイヌ語の文献学的研究(2)』千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第298集、pp.13-27。
2016b 「アイマラ語のオーラルヒストリーを「読む」試み―20世紀初頭の南米ボリビア・アンデスにおけるカシーケス・アポデラードスの運動―」『ODYSSEUS―東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻紀要』第20号、pp.127-144。
2016c 「南米ボリビアのラパス県渓谷部のアイマラ語口承テクストとその考察(1)―蛇の力を得た娘の伝承―」『京都ラテンアメリカ研究所紀要』15号、pp.115-152。(査読付)

3.学会報告

2005 “Re-examining the ‘Participation’ in the World Bank’s Voices of the Poor: A Travel Tale of Quotes.” International Conference on the Power of Labelling, Overseas Development Institute, 7 November, London, United Kingdom.
2006年 「再び国家の時代へ―2000〜2005年のボリビア政治」日本ラテンアメリカ学会定期大会、アジア経済研究所、6月3日。
2010年 「20世紀後半のボリビアにおけるアイマラ語のラジオドラマ―政治と文学の間で」日本ラテンアメリカ学会定期大会、京都大学、6月5日。
2011a “Las radionovelas aymaras entre la oralidad y la escritura” Reunión Anual de Etnología 2011, Museo Nacional de Etnografía y Folklore, La Paz, Bolivia, 24 de agosto.
2011b “Retomando la historia oral de Santos Marka T’ula y de los caciques apoderados.” Conferencia invitada en el Aniversario de Taller de Historia Oral Andina (THOA), Chukiyawu (La Paz), Bolivia, 15 de noviembre.
2012a “La resonancia del pensamiento de René Zavaleta Mercado en la política boliviana después del año 2000”, Congreso Latinoamericano de Ciencia Política, FLACSO, Quito, Ecuador, 12 de junio.
2012b “La resonancia del pensamiento de René Zavaleta Mercado en la política boliviana después del año 2000” Seminario intelectuales japoneses reflexionan sobre Bolivia, Posgrado de Ciencias para el Desarrollo, Universidad Mayor de San Andrés (CIDES-UMSA), La Paz, Bolivia 22 de agosto.
2012c “La apertura de los cuentos aymaras a la realidad: Reflexiones desde Río Abajo y Quilihuaya al pie de Illimani.” Reunión Anual de Etnología 2012, Museo Nacional de Etnografía y Folklore, La Paz, Bolivia 31 de agosto.
2014a「20世紀初頭のボリビアのカシーケス・アポデラードスの運動に関するアイマラ語オーラルヒストリー資料の再評価」日本ラテンアメリカ学会第35回大会、関西外国語大学、6月8日。
2014b“La figura y el rol del serpiente en la literatura aymara contemporánea de Bolivia, oral y escrita.” Biannual Congress, Latin American Studies Council of Asia and Oceania(CELAO), Universidad de Kioto, Kioto, 17 de septiembre。
2015a "Retomando la historia oral de los caciques apoderados: Hacia la publicación de documentos inéditos y su primer intento de lectur." VIII Congreso Internacional de la Asociación de Estudios Bolivianos, Casa de la Libertad, Sucre, 22 de julio.
2015b "Préstamos léxicos hispanos en aymara: Análisis preliminar de narraciones orales del altiplano boliviano." Seminario internacional "Dinámicas de contacto: Español y lenguas amerindias," Universidad de Tokio, Tokio, 22 de noviembre.
2016a. "La vigencia del concepto de abigarrmiento de René Zavaleta en la Bolivia actual." Annual Congress of Latin American Studies Association (LASA2016), May 27-30, Nueva York.
2016b. (con Filomena Nina Guarcacho y Oscar Chambi Pomacahua) "(Des) educación: la comadre zorra y el deseo colonial del cuerpo del otro." Jornadas Andinas de la Literatura Latinoamericana (JALLA), 12 de agosto, Universidad Mayor de San Andrés (UMSA), La Paz.
2016c. "Explorando la evidencialidad y las voces en las narraciones orales aymaras." Symposium on Indigenous Languages and Cultures of Latin America (ILCLA) and Symposium on Teaching and Learning Indigenous Languages of Latin America (STLILLA), 14 de octubre, Ohio State University, Columbus OH (EEUU).
2017a 「大江健三郎『憂い顔の童子』における暴力」第11回学際日本駒場フォーラム「大健三郎における暴力の構造」、東京大学駒場キャンパス、5月26日。
学生諸君へ一言もっと広く深い多言語・多文化の世界へ
Let us always maintain a sense of deep crisis and a stance of critical commitment.
プロジェクトURLhttp://mfujita.sfc.keio.ac.jp/
個人ウェブページhttp://lapazankiritwa.blogspot.jp/
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
TEL : n/a
FAX : n/a
mfujita [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください