Kazunori Takashio
高汐 一紀 タカシオ カズノリ

環境情報学部教授
政策・メディア研究科委員
生年1967年
学位博士(工学)(慶應義塾大学 1995年)
略歴【学位】
1990 工学士 慶應義塾大学 理工学部 電気工学科
1992 修士(工学) 慶應義塾大学 理工学研究科 計算機科学専攻
1995 博士(工学) 慶應義塾大学 理工学研究科 計算機科学専攻

【主な職歴】
電気通信大学 情報工学科 助手
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別研究教員 助教授
慶應義塾大学 環境情報学部 准教授
Guest Researcher, Institute for Cognitive Systems (ICS), Technische Universität München (TUM) (2012-2013)
専門分野クラウドネットワークロボティクス,ソーシャルロボティクス,ヒューマンロボットインタラクション,ユビキタスコンピューティング
所属学会・団体ACM,IEEE,情報処理学会,電子情報通信学会
主要著作・論文・作品"Ex-Amp Robot: Expressive Robotic Avatar with Multimodal Emotion Detection to Enhance Communication of Users with Motor Disabilities", IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2017), Lisbon, Portugal, Aug. 2017.(共著)
"TalkingNemo : Aquarium Fish Talks Its Mind for Breeding Support", ACM Animal Computer Interaction 2016, Milton Keynes, UK, Nov. 2016.(共著)
"Ex-Amp Robot: Physical Avatar for Enhancing Human to Human Communication", The 4th annual International Conference on Human-Agent Interaction (HAI 2016), Singapor, Oct. 2016.(共著)
"Toward Health Exercise Behavior Change for Teams Using Lifelog Sharing Models", IEEE Journal of Biomedical and Health Informatics, Vol.20 (3), pp.775-786, December. 2015.(共著)
"ライフログデータを用いたチームの行動変容促進",情報処理学会論文誌,Vol.56 (1),pp.349-361,2015年1月.(共著)
"Toward Health Exercise Behavior Change for Teams Using Lifelog Sharing Models", IEEE 16th International Conference on e-Health Networking, Applications and Services (Healthcom 2014), pp. 327-333, IE, Natal, Brazil, October. 2014. (共著)(Best Paper Award)
"Torta: Extending Applications' Capability to Select Heterogeneous Computing Resources Adaptively to the PC Usage", 情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS), Vol.6 (4), pp.83-95, 2013年10月.(共著)
"People Identification based on Sitting Patterns", European Conference on Artificial Intelligence (ECAI) 2012, Ubiquitous Data Mining (UDM), pp.33-37, Montpellier, France, Aug. 2012.
"Interoperability of middleware for context-aware services", Electronics and Communications in Japan(電気学会論文誌), Vol.94, Issue 2, pp.67-74, February 2011.(共著)
"Chameleon:多様な状況下の機器指定を実現する複数インタラクション統合技術",情報処理学会論文誌,Vol.52 (4),pp.1571-1585,2011年4月.(共著)
"制御ルールを考慮したセンサアクチュエータネットワーク機構の構築",情報処理学会論文誌「コンピューティングシステム」,Vol.2 (2),pp.178-191,2009年7月.(共著)
"アーバンセンシング基盤に向けて",人工知能学会誌,23(4),pp.474-479,2008.(共著)
"CroSSML −ネットワークロボット間の通信プロトコルの提案−",電子情報通信学会誌,91(5),pp.366-373,2008.(共著)
"Spot & Snap: センサノードと日用品の関連付けのためのインタラクション",情報処理学会論文誌,48(3),pp.1381-1392,2007年.(共著)
"ユビキタス環境構築のためのブロック型情報機器連携技法",情報処理学会論文誌,48(3),pp.1405-1416,2007年.(共著)
"u-Texture: Self-organizable Universal Panels for Creating Smart Surroundings" in Proceedings of The 7th International Conference on Ubiquitous Computing (UbiComp 2005), pp.19-36, September 2005.(共著)
"u-Photo: Interacting with Pervasive Information and Services using Digital Still Images" in Proceedings of 3rd International Conference on Pervasive Computing (Pervasive 2005), pp.190-207, May 2005.(共著)
"粒度の動的変更による位置匿名性についての考察",情報処理学会論文誌,46(9),pp.2260-2268,2005年.(共著)(マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2004)優秀論文賞)
"ユビキタスコンピューティングにおけるシステムソフトウェアの役割 −ミドルウェアからアプリケーションまで−",人工知能学会誌,19(4),pp.425-432,2004年.
"Constructing Environment-Aware Mobile Applications Adaptive to Small, Networked Appliances in Ubiquitous Computing Environment", in Proceedings of 4th International Conference on Mobile Data Management (MDM 2003), pp. 230-246, January 2003.
"Least Suffering Strategy in Distributed Real-Time Programming Language DROL", Real-Time Systems Journal, 11 (1), pp. 41-70, Kluwer Academic Publishers, 1996.
"DROL: An Object-Oriented Programming Language for Distributed Real-Time Systems", in Proceedings of ACM Conference on Object-Oriented Programming Systems, Languages, and Applications (OOPSLA'92), pp. 276-294, ACM PRESS, October 1992.
プロジェクトURLhttp://www.ht.sfc.keio.ac.jp/srobot
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス