Yasushi Ikeda
池田 靖史 イケダ ヤスシ

政策・メディア研究科教授
環境情報学部教授
政策・メディア研究科委員
生年1961年
学位工学博士
主な兼職株式会社IKDS代表
略歴【学歴】
東京大学工学部建築学科
東京大学工学系大学院卒
【主な前職】
槇総合計画事務所
専門分野建築・都市設計
担当科目デザインスタジオ(自然と建築),先端研究(EG1),応用環境デザイン(都市環境のデザイン),研究会(建築・都市・環境のコンピューテーショナル・デザイン),大学院プロジェクト科目(環境デザインの手法開発とその支援システムの構築)
所属学会・団体日本建築学会、都市計画学会
主要著作・論文・作品建築作品
井の頭通りの家(1997)、桜並木の家(1999)、袋小路の家(1996)、井の頭通りの家(1998)、桜並木の家(1999)、慶応義塾大学SFCマルチメディア会議室(1999) 、慶応義塾大学SFCデザインスタジオ棟(2000)、広尾コーポラティブハウス(2000)、慶應義塾先端生命科学研究所(2001)、慶應義塾普通部新本館(2001)、東北公益大学マスタープラン(2001)、勝浦の週末住宅(2002)、コーナーツリーの家(2003)、元麻布コンバージョン集合住宅(2003)、フォレシティ東麻布(2004)、吉祥寺コーポラティブハウス(2004)、竹薮構造の家(2005)、東北公益文科大学大学院棟(2005)、コーポラティブハウス代沢+(2005)、酒田市公益研修センター多目的ホール(2006)、台北中央駅再開発空港高速線駅舎設計(2006)、慶應SFC納品検収所(2008)、北千住駅東口駅前交番(2011)、遼寧省龍門温泉大和館観山閣(2012)
著作
「情報化と環境共生を取り入れた建築計画に関する研究」(1999)
ヴィジュアル版建築入門5「建築の言語」(彰国者 2002 共著)
A Study on Self-organized Architectural Design Applying Complex System(International symposium of Temporal Design),STUDIO PROGRAM OF SPACE ARCHITECTURE AT UNIVERSITY(International Symposium on Space Technology and Science),A STUDY ON CONSTRUCTION METHOD FOR SELF-ORGANIZED ARCHITECTURE (4 IAHS World Hosing Congres 2006)「アルゴリズミック・デザイン―建築・都市の新しい設計手法」(彰国者 2009 共編・共著)
「都市のあこがれ―東京大学槇文彦研究室のその後とこれから」(彰国者 2009 共編・共著)
プロジェクトURLhttp://ikeda-lab.sfc.keio.ac.jp/
個人ウェブページhttp://www.ik-ds.com
備考2017年度秋学期は福澤基金留学のため担当授業なし
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス (内線:53658)
TEL : 0466-49-3499
yasushi [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください