Josephine Galipon
ガリポン ジョゼフィーヌ ガリポン ジョゼフィーヌ

政策・メディア研究科特任助教
学位博士(理学)
略歴2006年 パリ第5大学薬学生物学部生物科学科卒業(フランス)
2008年 パリ第5大学大学院医学部細胞生物学専攻細胞学専修修士課程修了
2013年 東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻博士課程修了・博士(理学)
2013年 パリ第6大学大学院複雑系科学専攻博士課程修了(ジョイント学位)
2013年6月〜2014年4月 東京大学大学院理学系研究科 特任研究員
2014年4月〜2015年9月 東京大学大学院総合文化研究科 特任助教
2015年10月〜 慶應義塾大学先端生命科学研究所 特任助教
ーーー
Ultimaker Education Challenge賞 (2017)
Nvidia GPU Seed Grant (2017)
ネスレ栄養科学会議 助成金 (2016)
専門分野分子生物学/情報生命科学
担当科目ゲノム分子生物学1,ゲノム分子生物学2
主要著作・論文・作品ーーー2018ーーー
・Galipon J*, Ishii R*, Ishiguro S, Suzuki Y, Kondo S, Okada-Hatakeyama M, Tomita M, Ui-Tei K. High-quality overlapping paired-end reads for the detection of A-to-I editing on small RNA (Methods in Molecular Biology) *equal contribution

ーーー2017ーーー
・Galipon J, Ishii R, Suzuki Y, Tomita M, Ui-Tei K. Differential binding of three major human ADAR isoforms to coding and long non-coding transcripts (Genes) PMID: 28208661

ーーー2016ーーー
・Miki A, Galipon J, Sawai S, Inada T, Ohta K. RNA decay systems enhance reciprocal switching of sense and antisense transcripts in response to glucose starvation (Genes to Cells) PMID: 27723196
・実験医学・NGS Professionalシリーズ RNA Seqマ
スターブック─『 RNA-SeqによるA-to-I RNA編集の検出』Josephine Galipon/石黒宗/冨田勝/程久美子
・Takemata N, Oda A, Yamada T, Galipon J, Miyoshi T, Suzuki Y, Sugano S, Hoffman CS, Hirota K, Ohta K. Local potentiation of stress-responsive genes by upstream noncoding transcription (Nucleic Acids Research) PMID:26945040
・生物の科学 遺伝2号『3Dプリンターにおける電子顕微鏡データの可視化 ─ 見えない世界を手で触れるように』Josephine Galipon
・生物の科学 遺伝1号『3Dプリンターでミクロの世界を立体化 ─ 先端技術を科学教育に活かす』Josephine Galipon

ーーー2015ーーー
・実験医学6月号『Opinion ─ 研究の現場から ─ 僕らの国籍はサイエンスである』Josephine Galipon

ーーー2014ーーー
・Kume H, Hino K, Galipon J, Ui-Tei K. A-to-I editing in the miRNA seed region regulates target mRNA selection and silencing efficiency (2014) Nucleic Acids Research 42 (15): 10050-10060. PMID:25056317

ーーー2014ーーー
・Galipon J, Miki A, Oda A, Inada T, Ohta K. Stress-induced lncRNAs evade nuclear degradation and enter the translational machinery (Genes to Cells) PMID:23489294
・丸善出版(株)『パスツールと微生物〜伝染病の解明と治療につくした科学者〜』Annick Perrot, Maxime Schwartz著/佐藤直樹・Josephine Galipon 監訳/笹川昇・佐藤直樹・松田良一<ためしてみよう!>監修
・実験医学7月号『長鎖ncRNAによるクロマチン・転写活性化の制御』太田邦史/小田有沙/Josephine Galipon/竹俣直道/三好知一郎/廣田耕志

ーーー2009ーーー
Daubriac J, Fleury-Feith J, Kheuang L, Galipon J, Saint-Albin A, Renier A, Giovannini M, Galateau-Salle; F, Jaurand MC. Malignant pleural mesothelioma cells resist anoikis as quiescent pluricellular aggregates (Cell Death & Differentiation) PMID:19343038
学生諸君へ一言マシンラーニング・生物化学・機械工学という分野を融合して bioprinting(3Dプリンターを用いて細胞で立体的な組織を作るなど)と biomimetics(自然の中で存在する優れた機能や形状を真似した新マテリアルデザインなど)の様々な研究開発を行なっています。研究室は先端生命科学研究所(IAB)にあります。
プロジェクトURLhttp://bioprinting.iab.keio.ac.jp
連絡先〒997-0035山形県鶴岡市馬場町14-1
慶應義塾大学鶴岡タウンキャンパス