Satoki Homma
本間 聡起 ホンマ サトキ

看護医療学部講師(非常勤)
学位博士(医学)
略歴1984年 慶應義塾大学医学部卒、その後、慶應義塾大学病院内科研修医、国立霞ケ浦病院内科、慶應義塾大学老人内科、社会福祉法人康和会久我山病院内科、米国ルイジアナ州立大学健康科学センター病理学、東京都多摩老人医療センター総合内科を経て、2008年より慶應義塾大学医学部先端医療・環境情報科学寄附講座,兼 慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所、2012年より杏林大学医学部総合医療学,兼 慶應義塾大学政策メディア研究科(現職)
専門分野遠隔医療、医療情報ネットワーク、予防医療(動脈硬化)、内科学
所属学会・団体日本内科学会(総合内科専門医)、日本老年医学会(専門医、代議員)、日本動脈硬化学会(専門医、評議員)、日本人間ドック学会(認定医)、日本医療情報学会、日本遠隔医療学会、日本糖尿病学会
主要著作・論文・作品Homma S, Ishii T, Tsugane S, Hirose N: Different Effects of Hypertension and Hypercholesterolemia on the Natural History of Aortic Atherosclerosis by the Stage of Intimal Lesions. Atherosclerosis 128(1): 85-95, 1997.

本間聡起、石川裕司、佐藤雅也、白鳥和人、長谷川高志、柳楽美幸、納富京子、荒木五郎、三宅浩郷、五島雄一郎:高齢者を対象とした遠隔診察システムの医学的評価、医療情報学会誌18(1): 39-47, 1998.

本間聡起:遠隔医療の現状と今後の課題. 日本病院設備 40(2): 139-142、1998.

Homma S, Hirose N, Inagaki T, Suzuki M, Wakida Y: Lifestyle, Family History, and Social Background of Japanese Centenarians. In "Japanese Centenarians ― Medical Research for the Final Stages of Human Aging. Edited by Tauchi H., Sato T., Watanabe T., Editorial and Publishing Office of "Japanese Centenarians", 1999, p.20-35.

Homma S, Hirose N, Ishida H, Ishii T, Araki G. Carotid plaque and intima-media thickness assessed by B-mode ultrasonography in subjects ranging from young adults to centenarians. Stroke 32(4): 830-835, 2001.

本間聡起、広瀬信義. 糖尿病における動脈硬化の機序. 日本医事新報 4044: 87-88, 2001.

Walcher D, Aleksic M, Jerg V, Hombach V, Zieske A, Homma S, Strong J, Marx N. C-peptide induces chemotaxis of human CD4-positive cells: involvement of pertussis toxin-sensitive G-proteins and phosphoinositide 3-kinase. Diabetes 53(7):1664-70, 2004.

本間聡起、井藤英喜. 高齢者、性・年齢による予防戦略. コラム「前期と後期の高齢者」. In 冠動脈疾患プロフェッション 山口徹 シリーズ監修、 第5巻 冠動脈疾患の予防戦略. 代田浩之編. 中山書店、東京、2006, p. 373-377.

本間聡起、井藤英喜. 虚血性心疾患の将来を予測する、日本人のコレステロール値. からだの科学. 248. 大鈴文孝編、日本評論社、東京、2006, p. 54-58.

Arai Y, Susumu Nakazawa S, Kojima T, Takayama M, Ebihara Y, Shimizu K, Yamamura K, Homma S, Osono Y, Gondo Y, Masui Y, Inagaki H, Kitagawa K, Hirose N. High adiponectin concentration and its role for longevity in female centenarians. Geriatr Gerontol Intern 6(1):32-39, 2006.

Homma S, Troxclair DA, Zieske AW, Malcom GT, Strong JP, for the Pathological Determinants of Atherosclerosis in Youth (PDAY) Research Group: Histological topographical comparisons of atherosclerosis progression in juveniles and young adults. Atherosclerosis 197(2):791-798, 2008.

本間聡起、鈴木博道、兵藤郷、宮木晶子、菅原幸枝、青胗幸利、長谷川高志. 遠隔医療による生活習慣改善への介入試験─生活習慣の連続的モニタリングと反復指導プログラム. 日本人間ドック学会誌 24(1):140-145, 2009.

本間聡起、中元秀友、竜崎崇和、鈴木詩織、金子郁容. センサネットワークi-手帳を活用したヘルスモニタリングと地域コミュニティ形成による生活習慣改善プログラムの開発研究. 日本遠隔医療学会誌 5(2):192-195, 2009.

Homma S, Troxclair DA, Zieske AW, Malcom GT, Strong JP, for the Pathological Determinants of Atherosclerosis in Youth (PDAY) Research Group: Histological changes and risk factor associations in type 2 atherosclerotic lesions (fatty streaks) in young adults. Atherosclerosis 2011;219(1): 184-190.

Homma S, Sone M, Kurose I, Homma R, Nagare T. Clinical efficacy of a telemedicine program for lifestyle modification involving self-monitoring of health status, and patient compliance with it. Ningen Dock 2012; 27(1): 97-102.

本間聡起、溝口環、木下博之. 遠隔診察(テレケア)において適用可能な疾患の抽出と疾患別に必要なシステムの構成要素 ―慢性疾患と急性発症の疾患への対応の可否. 医療情報学 2012;32(4): 175-187.

本間聡起.  Ⅵ. 遠隔モニタリング 2. 計測機器によるもの. 「遠隔診療実践マニュアル ―在宅医療推進のために―」 石塚達夫、酒巻哲夫、長谷川高志、森田浩之編. 篠原出版新社、東京. 2013, p.193-197.
個人ウェブページhttp://www.telecare-research.com/ (sorry! now under construction)
連絡先〒252-0883 神奈川県藤沢市遠藤4411
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス