Takashi Osaka
逢阪 貴士 オオサカ タカシ

総合政策学部教授(有期)
政策・メディア研究科委員
略歴平成4年3月 東京大学法学部卒業
 4年4月  警察庁入庁
 9年5月  コロンビア大学ロースクール修士課程(LL.M.)修了
10年6月  ニューヨーク州弁護士登録
10年8月  福岡県警察本部刑事部捜査第二課長
12年2月  警察庁警備局外事課課長補佐
14年8月  警察庁生活安全局地域課課長補佐
17年1月  警察庁警備局外事情報部外事課課長補佐
17年7月  在ロシア日本国大使館一等書記官
20年8月  警察庁刑事局組織犯罪対策部国際捜査管理官付理事官
21年7月  警察庁長官官房企画官兼刑事局組織犯罪対策部企画分析課理事官
22年7月  警察庁長官官房企画官兼総務課理事官
24年8月  福島県警察本部警務部長
26年7月  警察庁長官官房総務課広報室長
27年8月  警察庁生活安全局情報技術犯罪対策課長
28年8月  佐賀県警察本部長
30年4月  慶應義塾大学総合政策学部教授(有期)
専門分野社会安全政策、警察学、刑事司法、サイバーセキュリティ
担当科目社会安全政策(治安),政策立案論 (GIGA/GG),情報セキュリティマネジメント,グローバル・ガバナンス研究(応用研究),情報リスク管理,修士研究会,研究会(社会安全政策論研究会),研究会(サイバー防犯ボランティア研究会),アカデミックプロジェクト(リーガル・プラクティス)
所属学会・団体警察政策学会
サイバーセキュリティ法制学会
主要著作・論文・作品「「空き交番」の解消を目指す取組みについて」
(警察学論集第57巻第3号、平成16年、立花書房)
学生諸君へ一言SFCで教員として皆さんに会えることを楽しみにしています。警察庁で25年間勤務してきた経験と知識を生かして、公共の安全とサイバーセキュリティに関する法的・政策的問題について一緒に考えていきたいと思います。
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
tosaka18 [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください