Ken Jimbo
神保 謙 ジンボ ケン

総合政策学部准教授
政策・メディア研究科委員
生年1974年
学位博士(政策・メディア)
主な兼職キヤノングローバル戦略研究所主任研究員/東京財団上席研究員/G1政策研究所アドバイザリーボード/言論NPO客員研究員/Civic Force理事/日本再建イニシアティブ Academic Advisory Board
略歴【学歴】
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程修了
【主な前職】
国立政治大学客員准教授/国立台湾大学客員准教授/タマサート大学客員研究員/南洋工科大学S・ラジャラトナム国際研究院客員研究員/日本国際問題研究所研究員/日本国際フォーラム研究主幹/防衛大学校講師(非常勤)
【政府関係の審議会・研究会等への参加】(★は現在の役職)
外務省「政策評価アドバイザリーグループ」★/内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)「重要インフラ専門委員会」委員★/防衛省「防衛外交研究会」委員・「サイバーディフェンス連携協議会」(CDC)委員★/経済財政諮問会議「21世紀ビジョングローバル化ワーキンググループ」委員/外務省「世界の中の日本:30人委員会」委員/経済産業省「サイバーセキュリティと経済研究会」委員/国際交流基金日米センター安倍フェローシップ評価委員
専門分野国際安全保障論 アジア太平洋の安全保障 東アジア地域主義 日本の安全保障政策
担当科目安全保障と国際紛争,地域と社会(アジア・大洋州),安全保障政策,グローバル・ガバナンス研究(グローバリゼーションと地域変容),地域戦略研究(北東アジア),研究会(国際安全保障と多元的ガバナンス),大学院プロジェクト科目(グローバル・ガバナンスとリージョナル・ガバナンス)
所属学会・団体日本国際政治学会 国際安全保障学会
主要著作・論文・作品【編著】
『アジア太平洋の安全保障アーキテクチャ:地域安全保障の三層構造』(共編著、日本評論社、2011年)
『中国改革開放への転換: 「一九七八年」を越えて』(共編著、慶應義塾大学出版会、2011年)
【共著】
『大国としての中国:どのように台頭しどこにゆくのか』(一藝社、2017年)
『民主党政権:失敗の研究』(中央公論新社、2013年)
『学としての国際政治』(有斐閣、2009年)
『東アジア共同体と日本の進路』(NHK出版、2005年)
『新しい安全保障を考える』(共著、自由国民社、2004年)
『アメリカと東アジア』(慶應義塾大学出版会、2004年)
“Sino-Russian Military Cooperation and Japanese Defense Policy”(pp.21-28) , Ken Jimbo et.al, Japan and the Sino-Russian Entente: The Future of Major-Power Relations in Northeast Asia (Seattle: National Bureau of Asian Research, 2017) 
"Japan-US-Australia Cooperation on Capacity Building in Southeast Asia", Yuki Tatsumi ed., US-Japan-Australia Security Relations: Prospects and Challenges (Stimson Center, 2015)
"In Search of a Seamless Security Posture: US-Japan Defense Cooperation Guidelines and National Security Legislation" (pp.13-16), Ron Huiskin ed., CSCAP Regional Security Outlook 2016 (Canberra: Paragon Printers Australasia, 2015)
"US Rebalancing to the Asia-Pacific: A Japanese Perspective" (pp.77-89), William Tow and Douglas Stuart eds., The New US Strategy towards Asia: Adapting to the American Pivot (Routledge Security in Asia Pacific Series, London: Routledge, 2015)
"The Rise of China and Japan’s Foreign Policy Reorientation" (pp.249-264), Li Mingjiang and Kalyan M. Kemburi eds., China's Power and Asian Security (London: Routledge, 2015)
"An Emerging East Asian Community?: The Political Process of Regionalism in East Asia", Ralph A. Cossa and Akihiko Tanaka eds., An East Asian Community and the United States (The CSIS Press, 2007)
"Rethinking Japanese Security: New Concepts in Deterrence and Defense", Benjamin Self and Jeff Thompson eds., Japan's Nuclear Option: Security, Policy and Option for 21st Century (Washington DC: Henry A. Stimson Center, 2003).
【論文】
「無人化システム・ロボティクスと安全保障」『国際問題』No.658(2017年1・2月号)
「アジアの安全保障アーキテクチャ:米中対峙の中での地域安全保障の三層構造の変化」『東亜』(2015年11月号)
「安倍政権下でのシームレスな安全保障体制の構築:防衛計画の大綱・日米防衛協力のガイドライン・安全保障法制」『問題と研究』第44巻2号(2015年4.5.6月号)
"Anchoring Diversified Security Cooperation in the ADMM-Plus: A Japanese Perspective" Asia Policy, No.22 (July 2016)
“Emerging Feature of Multilateral Security in Asia-Pacific: From ‘Double-Track’ to ‘Multi-Layered’ Mechanism,” Global Economic Review, Vol 32, No.3 (2003) pp.95-108
“Japanese Perspectives on Missile Defense and Strategic Coordination” Non Proliferation Review (Summer 2002) pp.56-62
“Japanese Perspectives on Missile Defense and Strategic Coordination” Non Proliferation Review (Summer 2002)
(その他多数)
学生諸君へ一言Think globally and act globally at SFC, through SFC and beyond SFC
個人ウェブページhttp://web.sfc.keio.ac.jp/~kenj/
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス ι-409
kenj [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください