Naoki Matsuo
松尾 直樹 マツオ ナオキ

政策・メディア研究科講師(非常勤)
学位理学博士(理論物理学)
主な兼職(有)クライメート・エキスパーツ,(株)PEARカーボンオフセット・イニシアティブ
略歴大阪大学理学部物理学科 卒業 (1983年 3月)
大阪大学大学院 理学研究科物理学専攻 博士課程 修了(1988年 3月)
京都大学 数理解析研究所 研修員(1988年 4月 – 1989年 3月)
日本学術振興会 特別研究員(1989年 4月 – 1991年 3月)
(財)日本エネルギー経済研究所(1991年 5月 – 1998年 3月)
(財)地球環境戦略研究機関(1998年 4月 – 2002年 8月)
(財)地球産業文化研究所(1998年 5月 – 2001年3月)
Climate Experts設立(2002年 9月 – (2004年 7月有限会社化))
PEARカーボンオフセット・イニシアティブ設立(2007年8月 –)
専門分野気候変動全般
担当科目低炭素社会設計論,環境ビジネスデザイン論,低炭素社会デザイン演習2
所属学会・団体環境経済政策学会
主要著作・論文・作品Matsuo, N. (1998), “International Framework on Climate Change after the COP 3 ― Key Elements of the Kyoto Protocol and the Prospects of the Emissions Trading”, Energy, July, pp.1–35.
Matsuo, N. (1999), “Toward an Integrated Emissions Market of Kyoto Mechanisms ― Perspective for Future Development” in R. Dixon (ed.) (1999), The U.N. Framework Convention on Climate Change Activities Implemented Jointly (AIJ) Pilot: Experiences and Lessons Learned. Kluwer.
Matsuo, N. (2000), “Proposal for Step-by-Step Baseline Standardization for CDM” ― From Project-Specific to Generalized Formula (version 3.0).
Effective International and Domestic Policy Design under the Carbon Constrained Kyoto Regime
UNFCCC In-Depth Review of Annex I National Communications – UN Framework Convention on Climate Change (UNFCCC), (1995, 1998, 2003, 2007, 2011), as a member of the in-depth review team.
学生諸君へ一言気候変動問題はクロスカッティングな問題です.広い視野と同時に,深い専門性を身につけ,常に問題意識を持つようにしましょう.
個人ウェブページwww.climate-experts.info, www.pear-carbon-offset.org
連絡先〒104-0045 東京都中央区築地 1-10-11 RATIO 1002
nmatsuo [ at ] sfc.keio.ac.jp, n_matsuo@climate-experts.info, n_matsuo@pear-carbon-offset.org
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください