Mitsuaki Okabe
岡部 光明 オカベ ミツアキ

名誉教授
学位政策・メディア博士, 経営学修士 (MBA)
略歴【学歴】
東京大学経済学部 (1968年)
ペンシルバニア大学ウォートン・スクール大学院 (1973年)
【主な前職】
豪州マクオーリー大学経済金融学部教授。 同大学日本経済研究所長, 日本銀行金融研究所研究第一課長, 米国プリンストン大学客員講師, 米国ペンシルバニア大学客員講師。
専門分野金融論, 日本経済論
主要著作・論文・作品『総合政策学』(共編,慶應義塾大学出版会,2006),
『総合政策学の最先端 I 』(編,慶應義塾大学出版会,2003),
『経済予測』(日本評論社,2003),
『株式持合と日本型経済システム』(慶應義塾大学出版会,2002),
『現代金融の基礎理論』(日本評論社,1999),
『環境変化と日本の金融』(日本評論社,1999),
『実践ゼミナール・日本の金融』(共編著,東洋経済新報社,1996),
『Cross Shareholdings in Japan』(英国エドワード・エルガー社,2002)
『The Structure of the Japanese Economy』(編著,マクミラン社,1995),
『Evolution of the International Monetary System』(共編,東大出版,1990),
『Toward a World of Economic Stability』(共編,東大出版,1988),
『私の大学教育論』(慶應義塾大学出版会,2006),
『大学生の条件 大学教授の条件』(慶應義塾大学出版会,2002)。