Tatsuma Wada
和田 龍磨 ワダ タツマ

総合政策学部准教授
政策・メディア研究科委員
略歴学歴
1999年 慶應義塾大学経済学部卒業
2001年 慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程修了
2006年 ボストン大学経済学Ph.D. 
職歴
2000年 慶應義塾普通部非常勤講師
2006年 ウェイン州立大学経済学部助教授
2009年 ダラス連邦準備銀行客員研究員
2010年 カリフォルニア大学デービス校経済学部客員助教授
2013年 ウェイン州立大学経済学部准教授兼学部課程教育責任者
2014年 ウェスタンオンタリオ大学経済学部客員准教授
2015年 慶應義塾大学総合政策学部准教授
専門分野国際金融、計量経済学、マクロ経済学
所属学会・団体日本経済学会、American Economic Association, Econometric Society, Canadian Economic Association, Western Economic Association
主要著作・論文・作品論文
1. “Let’s Take a Break: Trends and Cycles in US Real GDP” with Pierre Perron, 2009, Journal of Monetary Economics 56 (6) 749-765.
2. “Immigration of Nurses” with David E. Kalist and Stephen J. Spurr, 2010, Industrial Relations 49 (2) 406-428.
3. “Oil Price Shocks and Industrial Production: Is the Relationship Linear?” with Ana Maria Herrera and Latika Gupta Lagalo, 2011, Macroeconomic Dynamics, 15-S3, 472-497.
4. “The Real Exchange Rate and Real Interest Differentials: The Role of the Trend-Cycle Decomposition,” 2012, Economic Inquiry, 50 (4) 968-987.
5. “On the Correlations of Trend-Cycle Errors,” 2012, Economics Letters, 116 (3) 396-400.
6. “The Role of Transitory and Persistent Shocks in the Consumption Correlation and International Comovement Puzzles,” 2014, Macroeconomic Dynamics, 18 (6) 1234-1270.
7. “International Stock Market Efficiency: A Non-Bayesian Time-Varying Model Approach,” with Mikio Ito and Akihiko Noda, 2014, Applied Economics, 46 (23) 2744-2754.
8. “Asymmetries in the Response of Economic Activity to Oil Price Increases and Decreases?” with Ana Maria Herrera and Latika Gupta Lagalo, 2015, Journal of International Money and Finance, 50, 108-133.

翻訳
伊藤幹夫・大津泰介・戸瀬信之・中東雅樹・丸山文綱・和田龍磨「S-PLUSによる統計解析 第2版」シュプリンガー・ジャパン株式会社
Modern Applied Statistics with S, 4th edition by W.N. Venables and B.D. Ripley, 2002.

学生諸君へ一言グローバル化が進む中で、経済学の知識やロジックは英語とともにビジネスの分野では世界共通の言語になりつつあります。なぜそうなっているのでしょうか?経済学を学ぶことでその答えが見えてくると思います。
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
twada [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください