Masashi Nakatani, Ph.D.
仲谷 正史 ナカタニ マサシ

環境情報学部准教授(有期)
生年1979年
学位博士(情報理工学)、東京大学
主な兼職2016-2019 JST さきがけ研究員(社会情報基盤)
略歴【学歴】
1998年 神奈川県立 湘南高等学校 卒業
2003年 東京大学 工学部 計測工学科 システム情報工学コース 卒業
2005年 東京大学大学院 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 修士課程修了
2008年 東京大学大学 院情報理工学系研究科 システム情報学専攻 博士課程修了

【職歴】
2005-2008 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
2005-2006 ハーバード大学 エンジニアリング・応用科学部 リサーチ・アシスタント(滞在研究)
2008-2012 民間化粧品会社 リサーチセンター 勤務
2009-2010 慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 訪問上席研究員
2012-2015 慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 訪問研究員
2012-2014 日本学術振興会 特別研究員 (SPD)
2012-2015 コロンビア大学医療センター 皮膚科 博士研究員
2015-2016 東京大学 高齢社会総合研究機構 特任研究員
2015-2016 慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 特任准教授(非常勤)
2016-2017 北海道大学 電子科学研究所 研究員
2016-2019 JST さきがけ研究員
2016-現在 NTTコミュニケーション基礎科学研究所 客員研究員
2017-現在 慶應義塾大学 環境情報学部 准教授 (有期), SFC TOUCH LAB, ラボリーダー
専門分野触覚、計測工学
担当科目プロジェクト,現象の理論,アカデミックプロジェクト,プロジェクトA,触覚と社会,触覚の科学と技術,数理モデル,研究会(Touch Lab 2: Touch Science / 触覚の科学),研究会(Touch Lab 1: Touch Fab),研究会(Touch Lab 1: Touch Fab / 触楽とものづくり),研究会(Touch Lab 2: Touch Science),研究会(TOUCH SCIENCE[触覚の科学]:乳幼児のことば・認知発達と触れ遊びの研究実習),研究会(生理心理学研究の入門と実習),研究会(TOUCH FAB [触感ものづくり CHI編]: Computer Human Interaction Workshop),大学院プロジェクト科目(生活実践知)
所属学会・団体日本バーチャルリアリティ学会
北米神経科学会
主要著作・論文・作品【主要著書】
『触楽入門』(朝日出版社)(共著)https://www.asahipress.com/extra/shokuraku/
『触感をつくる――《テクタイル》という考え方』(岩波科学ライブラリー)
(共著)https://www.iwanami.co.jp/book/b265937.html

【主要論文/Papers】
Maksimovic, S.*, Nakatani, M.*, Baba, Y.*, Nelson, A.M., Marshall, K.L., Wellnitz, S.A., Firozi, P., Woo, S., Ranade, S., Patapoutian, A., Lumpkin, E.A. Epidermal Merkel cells are mechanosensory cells that tune mammalian touch receptors. Nature, 509, pp 617-621, 2014. PMID: 24717432. doi:10.1038/nature13250. (* Equal contribution)

Kumamoto, J.*, Nakatani, M.*, Tsutsumi, M., Goto, M., Denda, S., Takei, K., Denda, M. Coculture system of keratinocytes and dorsal-root-ganglion-derived cells for screening neurotrophic factors involved in guidance of neuronal axon growth in the skin. Exp Dermatol. Wiley-Blackwell, 23(1), pp. 58-60, 2014. PMID: 24267269. (*Equal contribution)

Nakatani, M., Fukuda, T., Sasamoto, H., Arakawa, N., Otaka, H., Kawasoe, T., and Omata, S. Relationship between perceived softness of bilayered skin models and their mechanical properties measured with a dual-sensor probe. Int J Cosmet Sci., Wiley-Blackwell, 35 (1), pp. 84–88, 2013. PMID: 22970777.

Nakatani, M., Fukuda, T., Arakawa, N., Kawasoe, T., and Omata, S. Softness sensor system for simultaneously measuring the mechanical properties of superficial skin layer and whole skin. Skin Res Technol. 19 (1), pp. e332–e338, 2013. PMID: 22672219.

Nakatani, M., Howe, RD. and Tachi, S. Surface texture can bias tactile form perception. Exp Brain Res., Springer, 208(1), pp. 151-6, 2011. PMID: 20981539.
学生諸君へ一言学生の間にできるだけ多くの人に出会い、多様な価値観に触れてください。その直接的な体験が、 確固たる将来の自分の価値観を築く礎となります。
プロジェクトURLhttp://touchlab.sfc.keio.ac.jp/
個人ウェブページhttp://www.merkel.jp/
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス イオタ棟 3F, ι306号室