Mika Kunieda
國枝 美佳 クニエダ ミカ

総合政策学部専任講師(有期)
専門分野グローバルヘルス、ウェルビーイング・未病、開発コミュニケーション、個人・コミュニティ行動変容、健康行動経済学、アフリカ
主要著作・論文・作品母子保健 X 低投入な効果的アプローチ
 (共著)Effectiveness of community-based peer support for mothers to improve their breastfeeding practices: A systematic review and meta-analysis
 Parent and Child Health Handbook Promotion Association (ed.) BOSHI-TECHO Mother and Child Health Handbook Immunization Section pp.70-78

戦争・テロX公衆衛生
 (共著)戦争・テロと世界の公衆衛生課題, 公衆衛生 vol.81 no.2 2017年2月

交通電力水衛生教育セクター介入X 母子保健
 (共著)プロジェクト研究 マルチセクトラルアプローチの母子保健への影響 ファイナルレポート 2016年8月 (委託先プロジェクト研究の総括)

ポリオキャンペーンX行動変容
 (単著)Monitoring individual behaviour change and immunisation outcomes in West and Central Africa through secondary data analysis of polio campaigns

コミュニティ開発X感染症対策 (各種レポート非公開)
 ユニセフ 宗教リーダーやコミュニティ組織を介したポリオコミュニケーション活動
 マラリア対策支援プロジェクト

交通Xジェンダー
 (共著)An Overview of Women’s Transport Issues in Developing Countries: The Challenges in Addressing Gender Dimensions of Transport in Developing Countries: Lessons from World Bank’s Projects
 (共著)Gender and Urban Transport: Smart and Affordable Module 7a Sustainable Transport: A Sourcebook for Policy-makers in Developing Cities
 (単著)Finding the fistula patients in Asia (article published in the UNESCAP Transport and Communications Bulletin for Asia and the Pacific special edition on transport and gender)
学生諸君へ一言SFC生の学びは「浅く広い」と言われて久しいが、卒業してから思うにこれが行動(アウトプット)の源。「実学」に他ならない。カテゴリーXで採用された教員として様々な領域・分野の研究者と連携してイノベーティブな教育・研究・社会実践を追求する。「不公正のない世界を目指して」、「貧富の差の解消」そして「健康格差の解消」に共に取り組みましょう。
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
mkunieda [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください