Shinya Fujii
藤井 進也 フジイ シンヤ

環境情報学部専任講師(有期)
学位博士(人間・環境学),京都大学
略歴【学歴】
2004 アンミュージックスクール京都校ドラムス科マスターコース特待生認定 修了
2005 京都大学総合人間学部自然環境学科 卒業
2007 京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程 修了
2010 京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程 修了,博士(人間・環境学)
【職歴】
2007-2010 日本学術振興会特別研究員DC1(京都大学)
2010-2013 日本学術振興会特別研究員PD(東京大学,ハーバード大学)
2013-2015 日本学術振興会海外特別研究員(トロント大学)
2015-2016 東京大学大学院教育学研究科身体教育学コース 特任助教
2016-現在 慶應義塾大学環境情報学部 専任講師
専門分野ドラム、音楽神経科学、音楽身体科学、音楽と脳、リズム、音楽家の身体運動、音楽の知覚・認知、ヒトの音楽性の進化・発達的起源、リズム感の個人差、失音楽症、聴覚フィードバックシステムを用いた運動学習とリハビリテーション
担当科目先端研究ワークショップ(XD1),先端研究ワークショップ(XD2),先端研究ワークショップ(XD3),先端研究ワークショップ(XD4),アカデミックプロジェクト,修士研究会,環境情報学,体育2〜5,未踏領域のデザイン戦略,音楽と脳,音楽と心・身体,データドリブンアート,研究会,研究会(音楽神経科学(Neuro Music)),研究会(エクス・ミュージック(X Music)),研究会(音楽神経科学研究の実践)
所属学会・団体Society for Music Perception and Cognition, Member
Frontiers in Auditory Cognitive Neuroscience, Review Editor
Musicae Scientiae, Consulting Editor
主要著作・論文・作品【論文 (全て査読有)】
Miura A., Fujii S., Okano M., Kudo K., & Nakazawa K. Upper rate limits for one-to-one auditory-motor coordination involving whole-body oscillation: a study of street dancers and non-dancers. J Exp Biol. 2018.
http://jeb.biologists.org/content/early/2018/06/29/jeb.179457.long
Paquette S., Fujii S., Li H.C., & Schlaug G. The cerebellum's contribution to beat interval discrimination. NeuroImage. 163:177-182, 2017. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1053811917307656
Fujii S., Lulic T., & Chen JL. More feedback is better than less: Learning a novel upper limb joint coordination pattern with augmented auditory feedback. Frontiers in Neuroscience. 10:251, 2016.
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnins.2016.00251/full
Miura A., Fujii S., Okano M., Kudo K., & Nakazawa K. Finger-to-beat coordination skill of non-dancers, street dancers, and the world champion of a street-dance competition. Frontiers in Psychology. 7:542, 2016.
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpsyg.2016.00542/full
Chen JL*., Fujii S*., & Schlaug G. The use of augmented auditory feedback to improve arm reaching in stroke: a case series. *equally contributed. Disability and Rehabilitation. 38 (11), pp. 1115-1124, 2015.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4769960/
Miura A., Fujii S., Yamamoto Y., & Kudo K. Motor control of rhythmic dance from a dynamical systems perspective: A review. Journal of Dance Medicine and Science. 19 (1) pp. 11-21, 2015.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25741780
Fujii S., & Wan CY. The role of rhythm in speech and language rehabilitation: The SEP hypothesis. Frontiers in Human Neuroscience. 8:777, 2014.
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnhum.2014.00777/full
Fujii S., Watanabe H., Oohashi H., Hirashima M., Nozaki D., & Taga G. Precursors of dancing and singing to music in three- to four-months-old infants. PLoS ONE. 16; 9(5): e97680, 2014.
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0097680
Fujii S., & Schlaug G. The Harvard Beat Assessment Test (H-BAT): a battery for assessing beat perception and production and their dissociation. Frontiers in Human Neuroscience. 7:771, 2013.
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnhum.2013.00771/full
Fujii S., & Moritani T. Spike shape analysis of surface electromyographic activity in wrist flexor and extensor muscles of the world’s fastest drummer. Neuroscience Letters. 514 (2), pp. 185-188, 2012.
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0304394012003151
Fujii S., & Moritani T. Rise rate and timing variability of surface electromyographic activity during rhythmic drumming movements in the world’s fastest drummer. Journal of Electromyography and Kinesiology. 22 (1), pp. 60-66, 2012.
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S105064111100157X
Fujii S., Hirashima M., Kudo K., Ohtsuki T., Nakamura Y., & Oda S. Synchronization error of drum kit playing with a metronome at different tempi by professional drummers. Music Perception. 28 (1), pp.491-503, 2011.
https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/5536/1/KU-1100-20110128-20.pdf
Kudo K., Miyazaki M., Sekiguchi H., Kadota H., Fujii S., Miura A., Yoshie M., & Nakata H. Neurophysiological and dynamical control principles underlying variable and stereotyped movement patterns during skill acquisition. Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics. 15, pp. 942-953, 2011.
https://www.fujipress.jp/jaciii/jc/jacii001500080942/
Fujii S., Kudo K., Ohtsuki T., & Oda S. Intrinsic constraint of asymmetry acting as a control parameter on rapid, rhythmic bimanual coordination: A study of professional drummers and non-drummers. Journal of Neurophysiology, 104 (4), pp. 2178-2186, 2010.
https://www.physiology.org/doi/abs/10.1152/jn.00882.2009?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori%3Arid%3Acrossref.org&rfr_dat=cr_pub%3Dpubmed
Katsuhara Y., Fujii S., Kametani R., & Oda S. Spatiotemporal characteristics of basketball bouncing in skilled and unskilled players. Perceptual and Motor Skills, 110 (2), pp. 469-478, 2010.
http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.2466/PMS.110.2.469-478?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori:rid:crossref.org&rfr_dat=cr_pub%3dpubmed
Fujii S., Kudo K., Ohtsuki T., & Oda S. Tapping performance and underlying wrist muscle ac-tivity of non-drummers, drummers, and the world’s fastest drummer. Neuroscience Letters, 459 (2), pp. 69-73, 2009.
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0304394009005795
Fujii S. & Oda S. Effects of stick use on bimanual coordination performance during rapid alternate tapping in drummers. Motor Control, 13 (3), pp. 331-341, 2009.
https://pdfs.semanticscholar.org/f664/50867103c3c239358b73fa5219544ce942e0.pdf
Fujii S., Kudo K., Shinya M., Ohtsuki T., & Oda S. Wrist muscle activity during rapid unimanual tapping with a drumstick in drummers and non-drummers. Motor Control, 13 (3), pp. 237-250, 2009.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19799164
Fujii S. & Oda S. Effects of stick use on rapid unimanual tapping in drummers. Perceptual and Motor Skills, 108 (3), pp. 962-970, 2009.
http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.2466/PMS.108.3.962-970?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori:rid:crossref.org&rfr_dat=cr_pub%3dpubmed
Shinya M., Fujii S., & Oda S. Corrective postural responses evoked by completely unexpected loss of ground support during human walking. Gait and Posture, 29 (3), pp. 483-487, 2009.
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0966636208003780
Fujii S. & Oda S. Tapping speed asymmetry in drummers for single-hand tapping with a stick. Perceptual and Motor Skills, 103 (1), pp. 265-272, 2006.
http://journals.sagepub.com/doi/pdf/10.2466/pms.103.1.265-272

【解説論文・著書(分担執筆)】
藤井進也.楽器奏者の「力まない科学」:ドラマーの身体運動制御の視点から.バイオメカニクス研究,第22巻1号,pp. 39-45, 2018.
http://biomechanics.jp/journal/journal2/back_number/2018/vol_22_1_2018_j.html
藤井進也.巧みな音楽パフォーマンスの背景にある神経・筋メカニズム:世界最速ドラマーの手首筋活動を例に.日本生理人類学会誌,第19巻3号,pp. 159-165, 2014.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpa/19/3/19_KJ00009497869/_pdf/-char/ja
藤井進也.音楽リズム運動の生成と同期.バイオメカニズム学会誌,第36巻2号,pp.12-18,2012.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sobim/36/2/36_79/_pdf/-char/ja
藤井進也.変わらないために変わり続ける身体,ムチのようにしなる身体の動き,世界最速ドラマーの筋活動,眼で聴く音楽,身体の動きでリズムを感じる,市橋則明・小田伸午(編),ヒトの動き百話-スポーツ科学からリハビリテーションの視点まで(市村出版),pp.36-37,pp.46-47,pp.60-61,pp.62-63,pp.66-67,2011.
藤井進也.ドラムの研究と実践,小田伸午(編),京大人気講義シリーズ運動科学実践編(丸善出版),pp.160-187,2007.
藤井進也.リズム感とスポーツ,田口貞善・小田伸午(編),スポーツ百科事典(丸善出版),pp.714-715,2006.

【講演・学会発表等(2016年以降)】
藤井進也.音楽の身体科学・神経科学でミュージシャンの超絶技巧に迫る.日本体育学会第68回大会バイオメカニクス研究領域シンポジウム『達人技』を科学する,静岡大学,2017年9月9日.
藤井進也.音楽聴取中の乳児の四肢運動の個性.新学術領域研究「個性創発脳」第二回領域会議,御殿場高原―時之栖,2017年7月7〜9日.
Fujii S., Lam T., Marks M., Alter DA., & Chen JL. Does listening to music help you learn new movements? The Neuroscience and Music VI: Music, Sound and Health. Martin Conference Center at Harvard Medical School, Boston, USA. June 15-18, 2017.
Schlaug G., DiBiase M., & Fujii S. Beat-deaf syndrome: a case series with the Harvard Beat Assessment Test (H-BAT). The Neuroscience and Music VI: Music, Sound and Health. Martin Conference Center at Harvard Medical School, Boston, USA. June 15-18, 2017.
Paquette S., Li HC., Fujii S., & Schlaug G. Accelerando or ritardando - when the cerebellum can't keep the beat. The Neuroscience and Music VI: Music, Sound and Health. Martin Conference Center at Harvard Medical School, Boston, USA. June 15-18, 2017.
藤井進也.赤ちゃんの「聞く」.同志社講座2017春学期 赤ちゃん学入門講座〜ヒトのはじまりを科学で探る〜,同志社大学東京サテライトキャンパス,2017年5月13日.
藤井進也.音楽神経科学のフロンティア.神経画像勉強会,慶應義塾大学医学部病院,2017年3月8日.
藤井進也,多賀厳太郎.乳児を対象とした活動ログ計測技術の開発.東京大学大学院教育学研究科付属発達保育実践政策学センター(Cedep)2016年度関連SEEDSプロジェクト最終報告会,東京大学本郷キャンパス福武ホール,2017年3月5日.
藤井進也.音楽神経科学とは.第1回異分野合同研究合宿,早稲田大学伊豆川奈セミナーハウス,2017年2月25日.
藤井進也.音楽的コミュニケーションのダイナミクスに応じた乳児の四肢運動の変化.発達神経科学学会第5回大会,東京大学本郷キャンパス武田先端知ビル,2016年11月26日.
藤井進也.SFC x 音楽.慶應義塾大学SFCオープンリサーチフォーラム,2017年始動・SFCの新しい教育の仕組み〜Health Scienceパースペクティブ〜,東京ミッドタウン,2016年11月19日.
藤井進也.音楽家の身体運動制御研究が切り拓く未来.第5回 日本音楽家医学研究会,東京大学駒場キャンパス,2016年11月3日.
藤井進也.乳児にみられる歌と踊りの前兆―ヒトの音楽性の起源.日本音楽教育
学会 第47回大会ラウンドテーブル「人はなぜ歌うのか,歌を学ぶのか:赤ちゃんの音楽性を学際的に考える」,横浜国立大学,2016年10月19日.
Fujii S. Breaking New Ground: Music, Motor Control, and Rehabilitation,第10回 Motor Control研究会シンポジウム,慶應義塾大学日吉キャンパス,2016年 9月3日.
Fujii S. Music, Motor Control, and Rehabilitation,International Workshop on Music, Brain and Body. Sophia University, Tokyo. August 31, 2016.
藤井進也.音楽を感じる脳,上智大学音楽医科学研究センター主催特別シンポジウム,上智大学四谷キャンパス,2016年 8月23日.
藤井進也,平島雅也,渡辺 はま,中村 仁彦,多賀 厳太郎.ドラマーとベーシストの即興演奏中の運動リズム同期:モーションキャプチャーデータのN:M位相同期解析,第21回認知神経科学会,東京大学武田ホール,2016年 8月6日.
Fujii S., Hirashima M., Watanabe H., Nakamura Y., & Taga G. Quantifying synchronization in musical duo improvisation: Application of n:m phase locking analysis to motion capture data. 14th International Conference on Music Perception and Cognition (ICMPC14). San Francisco, California, USA. July 5-9, 2016.
藤井進也.スポーツサイエンスから音楽の神経科学・発達脳科学研究へ:身体運動科学研究が切り拓く未来,第157回 スポーツサイエンス研究会,早稲田大学所沢キャンパス, 2016年 6月30日.
藤井進也.リズムを処理する脳―ヒトの音楽性の起源.日本赤ちゃん学会第16回学術集会ラウンドテーブル「赤ちゃんは生まれながらに音楽的か:”歌”を多角的に考える」,同志社大学今出川校 良心館・寒梅館,京都,2016年 5月21日.
藤井 進也,儀間 裕貴,多賀 厳太郎,渡辺 はま.自発的運動と他動的運動の分離:乳児用モーションキャプチャースーツを用いて,日本赤ちゃん学会第16回学術集会,同志社大学今出川校 良心館・寒梅館,京都,2016年 5月21日.
藤井進也.ドラマー研究の開拓,そして音楽リズム同期現象の発達的起源を求めて, 上智大学「脳神経可塑性」プロフェッショナルセミナーシリーズ,上智大学,東京,2016年 1月15日.
Fujii S. Precursors of dancing and singing to music in infants. 発達基礎科学シンポジウム,東京大学本郷キャンパス福武ラーニングシアター,2016年 1月12日.
学生諸君へ一言巧みで美しい身体運動は、音楽や芸術行為の中に満ち溢れています。ドラマーとして音楽を演奏する傍ら、ヒトの身体運動の不思議さに魅了され、一流ドラマーの身体科学研究をはじめました。研究をすればするほど、そもそもヒトはなぜ、リズムを奏でるのか、ヒトにとって音楽とは何か、より本質的な問いに迫りたいと思うようになりました。最近では、神経科学や発達脳科学の観点から、ヒトの音楽性の進化・発達的起源や、音楽・言語リズムの脳内処理過程、聴覚フィードバックを用いた運動学習やリハビリテーションについても研究を進めています。音楽や芸術についての神経科学・身体科学は、まだまだ未開拓の研究領域です。皆さんと一緒に、SFCから世界に向けて、エクストリームでおもしろい研究を発信していきたいと思います。
個人ウェブページhttp://sface.sfc.keio.ac.jp/018-shinya-fujii.html
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
sfujii [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください