Toshio Ohori
大堀 壽夫 オオホリ トシオ

環境情報学部教授
政策・メディア研究科委員
学位Ph.D. (Linguistics) 1992, UC Berkeley
略歴東京出身。Ph.D in Linguistics (University of California at Berkeley, 1992)、慶應義塾大学商学部助手・助教授 (1985-1993)、東京大学教養学部助教授・教授 (1994-2017)
専門分野言語学(意味論、機能的類型論、談話分析)
担当科目プロジェクト英語B,語彙意味論,認知言語論,修士研究会,研究会(言語科学:基礎からオリジナル研究へ),大学院プロジェクト科目(認知・行為・メディアと言語・言語教育)
所属学会・団体日本言語学会、日本英語学会、日本認知言語学会、日本英語コーパス学会、日本エドワード・サピア協会、Association for Linguistic Typology
主要著作・論文・作品・ジョン・R・テイラー(西村義樹・平沢慎也・大堀壽夫・長谷川明日香・古賀裕章・小早川暁・友澤宏隆・湯本久美子訳)(2017)『メンタル・コーパス−−母語話者の頭の中には何があるのか』. くろしお出版. [第6章「構文」を担当]
・Ohori, Toshio (2015) "Rethinking diagrammatic iconicity from an evolutionary perspective". Masako K. Hiraga, William J. Herlofsky, Kazuko Shinohara and Kimi Akita (eds.) Iconicity. East Meets West. Amsterdam: John Benjamins. 259-274.
・大堀壽夫 (2014) 「従属節の階層を再考する:南モデルの理論的基盤」. 益岡隆志、大島資生、橋本修、堀江薫、前田直子、丸山岳彦(編)『日本語複文構文の研究』. ひつじ書房. 645-672.
・Ohori, Toshio (2012) "When recursion collapses: evidence from discourse interaction". Thomas C. Scott-Phillips, Mónica Tamariz, Erica A. Cartmill, James R. Hurford (eds.) The Evolution of Language. Proceedings of the 9th International Conference (EVOLANG 9). Singapore: World Scientific. 282-287.
・Ohori, Toshio (2011) "Grammaticalization of subordination". Heiko Narrog & Bernd Heine (eds.) The Oxford Handbook of Grammaticalization. Oxford: Oxford University Press. 636-645.
・Ohori, Toshio (2007) "What linguistic diversity tells about the human mind: universal semantics from the bottom up". Yoshiko Matsumoto, David Y. Oshima, Orrin R. Robinson, and Peter Sells (eds.) Diversity in Language: Perspectives and Implications. Stanford: CSLI. 35-69.
・大堀壽夫 (2004) 「物語の構造と発達」. 大堀壽夫(編)『認知コミュニケーション論』(シリーズ認知言語学6巻). 大修館. 243-278.
・大堀壽夫 (2002) 『認知言語学』. 東京大学出版会.
学生諸君へ一言「ことばは心の覗き窓」と言われますが、そこで見えてくるのは、時に洗練された法則性をもち、時に人の個性や人間味を感じさせる、多様で豊かな世界です。そんなことばの世界を探っていきましょう。
個人ウェブページhttp://coglxforum.html.xdomain.jp/personal/index.html
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス