Megumu Tsujimoto
辻本 惠 ツジモト メグム

環境情報学部専任講師(有期)
略歴【学歴】
2004年6月 カリフォルニア大学サンディエゴ校生物学部生態・行動生態・進化学科卒業
2012年3月 総合研究大学院大学複合科学研究科極域科学専攻5年一貫制博士課程修了
【主な前職】
日本学術振興会 特別研究員(DC2)、南極研究科学委員会 フェロー(英国南極調査所)、国立極地研究所 生物圏研究グループ 特任研究員
専門分野極域生態学、生態学、保全生物学
所属学会・団体南極研究科学委員会、日本生態学会、日本蘚苔類学会
主要著作・論文・作品- Tsujimoto M, Komori O, & Imura S. Effect of lifespan and age on reproductive performance of the tardigrade Acutuncus antarcticus: minimal reproductive senescence. Hydrobiologia 772: 93-102, 2016.
- Tsujimoto M, Imura S, & Kanda H. Recovery and reproduction of an Antarctic tardigrade retrieved from a moss sample frozen for over 30 years. Cryobiology 72: 78-81, 2016.
- Tsujimoto M, Suzuki AC, & Imura S. Life history of the Antarctic tardigrade, Acutuncus antarcticus, under a constant laboratory environment. Polar Biology, 38, 1575–1581, 2015.
- Tsujimoto M, McInnes SJ, Convey P, & Imura S. Preliminary description of tardigrade species diversity and distribution pattern around coastal Syowa Station and inland Sør Rondane Mountains, Dronning Maud Land, East Antarctica. Polar Biology, 37, 1361-1367, 2014.
- Tsujimoto M & Imura S. Does a new transportation system increase the risk of importing non-native species to Antarctica? Antarctic Science, 24(5), 441-449, 2012.
- Chown SL, Huiskes AHL, Gremmen NJM, Lee JE, Terauds A, Crosbie K, Frenot Y, Hughes KA, Imura S, Kiefer K, Lebouvier M, Raymond B, Tsujimoto M, Ware C, Vijver B, & Bergstrom DM. Continent-wide risk assessment for the establishment of nonindigenous species in Antarctica. PNAS, 109(13), 4938-4943, 2012.
学生諸君へ一言「この地球上には様々な環境で多様な生物が生きている」ことを知ることは、人生を豊かにするとわたしは思っています。地球上の生き物の面白い生態を、一緒に解き明かしていきましょう。
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス