Junya Hoshida
星田 淳也 ホシダ ジュンヤ

総合政策学部准教授(有期)
略歴2000年、東京大学法学部卒業。
2008年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)にて公共政策学修士号取得。
2000年4月に厚生労働省(当時厚生省)に入省後、医療保険、感染症対策、食品安全、社会保障協定、労災保険、国際機関(ILO)との調整、労働組合関係等の業務を経験(他省庁等への出向も含む)。また、政策研究大学院大学(GRIPS)にて講義等の経験あり。
専門分野医療政策、社会保障政策、労働政策
所属学会・団体社会保障法学会
学生諸君へ一言世の中で多くの人が当然だと受け止めていることが本当にそうなのか、自分の頭で納得するまで考えられるようになっていただきたいと思います。たとえば「少子高齢化が進むから年金制度が破綻する」「日本の役所は縦割りで、省益にしか関心がない」「議員立法が少ないという事実が、国会が形骸化していることを示している」、こういった主張は本当に正しいのでしょうか。自分で考えることができると、本に違うことが書いてあろうが、世の中の99%の人に「間違っている」と言われようが、「いや、間違っているのはあなた方で、自分の方が正しい」と自信を持って言えるようになります。
 と、大上段に振りかぶったことを書きましたが、新しいことを知ること、また新しい能力を身につけることほど楽しいことはありません。そういった機会が溢れているのが大学という場だと、少なくともそうあるべきだと思います。是非、そういった意味でも学生生活を楽しんでほしいと思います。
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス