Hideyuki Kawashima
川島 英之 カワシマ ヒデユキ

環境情報学部准教授
政策・メディア研究科委員
略歴2005年3月,慶應義塾大学 大学院理工学研究科 後期博士課程 修了.博士(工学)
2005年4月,慶應義塾大学 理工学部 助手.
2007年2月,筑波大学 計算科学研究センター 講師.
2011年10月,筑波大学 システム情報系 講師.
2016年4月,筑波大学 計算科学研究センター 准教授.
専門分野データベース,トランザクション処理,システムソフトウェア
担当科目ソフトウェア工学 (GIGA/GG/GI),アルゴリズムサイエンス,大規模データシステム論 (GIGA/GI),概念構築(CI),先端研究(CI),環境情報システム構築法,修士研究会,研究会(データシステム研究会),アカデミックプロジェクト(ノーベル・コンピューティング:AIと脳科学)
所属学会・団体情報処理学会,ACM, IEEE.
主要著作・論文・作品6. 村田直郁,川島英之,建部修見,RDMA の適用によるRAMP トランザクション処理の高速化,情報処理学会論文誌データベース(TOD) Vol. 10, No. 2, pp. 19-30, 2017-06-28.

5. Makoto Yabuta, Anh Viet Nguyen, Shinpei Kato, Masato Edahiro, Hideyuki Kawashima, Relational Joins on GPUs: A Closer Look. IEEE Transactions on Parallel and Distributed Systems, pp. 1-11, doi:10.1109/TPDS.2017.2677451, 2017.

4. 神谷孝明,川島英之,星野喬,建部修見,並列ログ先行書き込み手法P-WAL,情報処理学会論文誌データベース,Vol. 10, No. 1, pp. 24-39, 2017.
4. 川島英之,データ基盤システムの動向,コンピュータソフトウェア,Vol. 33, No. 3 p. 3 44-349, 2016.

3. Ryuya Mitsuhashi, Hideyuki Kawashima, Takahiro Nishimichi, Osamu Tatebe, Three-dimensional spatial join count exploiting CPU optimized STR R-tree. IEEE International Conference on Big Data, pp. 2938-2947, 2016.

2. Li Jiang, Hideyuki Kawashima, Osamu Tatebe, Fast Window Aggregate on Array Database by Recursive Incremental Computation, The IEEE 12th International Conference on eScience, pp. 101-110, 2016.

1. Harunobu Daikoku, Hideyuki Kawashima, Osamu Tatebe, On Exploring Efficient Shuffle Design for In-Memory MapReduce. BeyondMR workshop, Article 6, 2016.
学生諸君へ一言考え,信じ,夢見て,挑戦せよ.
プロジェクトURLhttps://kaw.sfc.keio.ac.jp/
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス