Akihito Shimazu
島津 明人  シマズ アキヒト

総合政策学部教授(有期)
政策・メディア研究科委員
学位博士(文学)
略歴<学歴>
早稲田大学第一文学部心理学専修,早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻修士課程を経て,2000年同大学院博士後期課程修了,博士(文学)。臨床心理士。公認心理師。

<職歴>
早稲田大学文学部心理学教室・助手,広島大学大学院教育学研究科心理学講座・専任講師,同助教授,オランダ ユトレヒト大学社会科学部社会・組織心理学科客員研究員,東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野・准教授,北里大学一般教育部人間科学教育センター・教授を経て2019年4月より現職。2014年より南オーストラリア大学客員准教授。
専門分野心理学,行動科学,健康科学,産業保健,精神保健学
担当科目心身ウェルネス,ヘルスリサーチの基礎,環境ヘルスサイエンス,産業保健心理学,日常生活に活かすストレスマネジメント (GIGA/GG/GI),修士研究会,研究会(メンタルヘルスについて考える),研究会(職場のメンタルヘルスの研究と実践),アカデミックプロジェクト(こころの健康・臨床心理プロジェクト)
所属学会・団体国際労働衛生学会(仕事と心理社会的要因に関する科学委員会:委員長),日本行動医学会(理事長),日本産業ストレス学会(常任理事,編集幹事),日本産業精神保健学会(業務執行理事,編集委員),日本産業衛生学会(評議員,編集委員)など。
主要著作・論文・作品詳細はhttps://hp3.jp/publication を参照
【英文著書】
Shimazu, A., Oakman, J., Dollard, M. F., & Bin Nordin, R. (Eds.) (2016). Psychosocial factors at work in the Asia Pacific: From theory to practice. Switzerland: Springer.
Dollard, M. F., Shimazu, A., Bin Nordin, R., Brough, P., & Tuckey, M. (Eds). (2014). Psychosocial Factors at Work in the Asia Pacific. Switerland: Springer.
【英文論文】
Schaufeli, W. B., Shimazu, A., Hakanen, J., Salanova, M., & De Witte, H. (in press). An ultra-short measure for work engagement: The UWES-3. Validation across five countries. European Journal of Psychological Assessment. Advance online publication. http://dx.doi.org/10.1027/1015-5759/a000430
Shimazu, A., Schaufeli, W. B., Kubota, K., Watanabe, K., & Kawakami, N. (2018). Is too much work engagement detrimental? Linear or curvilinear effects on mental health and job performance. PLoS ONE 13(12): e0208684. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0208684
Watanabe, K., Kawakami, N., Imamura, K., Inoue, A., Shimazu, A., Yoshikawa, T., Hiro, H., Asai, Y., Odagiri, Y., Yoshikawa, E., & Tsutsumi, A. (2017). Pokémon GO and psychological distress, physical complaints, and work performance among adult workers: A retrospective cohort study. Scientific Report, 7: 10758. DOI: 10.1038/s41598-017-11176-2
Eguchi, H.*, Shimazu, A.*, Bakker, A. B., Tims, M., Kamiyama, K., Hara, Y., Namba, K., Inoue, A., Ono, M., & Kawakami, N. (2016). Validation of the Japanese version of the Job Crafting Scale. Journal of Occupational Health, 58, 231-240 (* Equal contribution).
Shimazu, A., Matsudaira, K., de Jonge, J., Tosaka, N., & Takahashi, M. (2016). Psychological detachment from work during nonwork time: Linear or curvilinear relations with mental health and work engagement. Industrial Health, 54, 282-292.
Eguchi, H., Shimazu, A., Kawakami, N., Inoue, A., Nakata, A., & Tsutsumi, A. (2015). Work engagement and high-sensitivity C-reactive protein levels among Japanese workers: A 1-year prospective cohort study. International Archives of Occupational and Environmental Health, 88, 651-658.
Shimazu, A., Schaufeli, W. B., Kamiyama, K., & Kawakami, N. (2015). Workaholism vs. work engagement: The two different predictors of future well-being and performance. International Journal of Behavioral Medicine, 22, 18-23.
Shimazu, A., Demerouti, E., Bakker, A. B., Shimada, K., & Kawakami, N. (2011). Workaholism and well-being among Japanese dual-earner couples: A spillover-crossover perspective. Social Science & Medicine, 73, 399-409.
Shimazu, A. & Schaufeli, W.B. (2009). Is workaholism good or bad for employee well-being? The distinctiveness of workaholism and work engagement among Japanese employees. Industrial Health, 47, 495-502

【和文著書】
島津明人(編集代表)(2018). Q&Aで学ぶワーク・エンゲイジメント.金剛出版
島津明人(編著)(2017). 産業保健心理学.ナカニシヤ出版.
島津明人 (編著)(2017). 職場のポジティブメンタルヘルス2:科学的根拠に基づくマネジメントの実践. 誠信書房.
島津明人・種市康太郎(編著)(2016). 産業保健スタッフのためのセルフケア支援マニュアル. 誠信書房.
島津明人(編著)(2015). 職場のポジティブ・メンタルヘルス:現場で活かせる最新理論. 誠信書房.
島津明人 (2014). ワーク・エンゲイジメント: ポジティブ・メンタルヘルスで活力ある毎日を. 労働調査会.
島津明人(編著) (2014). 職場のストレスマネジメント(CD付き):セルフケア教育の企画・実施マニュアル. 誠信書房.
【和文論文】
島津明人 (2018). ワーク・ライフ・バランスと健康:Tokyo Work-life INterface study (TWIN study). 社会精神医学, 27, 166-174島津明人 (2018). ワーク・エンゲイジメントと産業保健心理学の国際動向. 労働の科学, 462-465.
島津明人 (2014). ワーク・エンゲイジメント:「健全な仕事人間」とは. DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー, 2014年9月号, 32-42.島津明人・川上憲人 (2014). これからの職場のメンタルヘルス:産業保健心理学からの2つの提言. 学術の動向, 19, 60-65.
島津明人 (2013). 職場のメンタルヘルスのためのセルフケア教育のガイドライン. 産業ストレス研究, 20, 127-133.
学生諸君へ一言3つのHP,つまり健康増進(Health Promotion), 生産性(Human Performance)と幸福(HaPpiness)の向上をめざし,これまでにない斬新な発想をもった研究テーマを設定し,従来の枠を超えた介入手法の開発に挑戦しています。みなさんと一緒に新しい世界を切り拓いていきましょう。
個人ウェブページhttps://hp3.jp/
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス