Yoshiaki Miyamoto
宮本 佳明 ミヤモト ヨシアキ

環境情報学部専任講師(有期)
生年1983年
学位博士(理学)、京都大学
主な兼職理化学研究所計算科学センター 客員研究員
略歴 学歴
2002 慶應義塾高等学校卒業
2006 慶應義塾大学理工学部機械工学科卒業
2008 京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻修士課程卒業
2011 京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻博士後期課程修了 博士(理学)
 職歴
2008-2011 日本学術振興会特別研究員(DC1)
2008-2009 Center for Analysis and Prediction of Storms, The university of Oklahoma, Visiting Researcher
2011-2011 Mesoscale and Microscale Meteorology Division, National Center for Atmospheric Research, Visiting Researcher
2011-2013 理化学研究所計算科学研究機構 特別研究員
2013-2016 理化学研究所計算科学研究機構 基礎科学特別研究員
2016-2018 日本学術振興会海外特別研究員、Rosenstiel School of Marine and Atmospheric Science, The university of Miami, Research Scholar
2016-現在 理化学研究所計算科学研究機構 客員研究員
2018-現在 慶應義塾大学環境情報学部 専任講師
専門分野気象学
担当科目微分・積分 [DS1](GIGA/GG/GI),地球環境技術論,環境センシング論,先端研究(EG1),研究会(気象学研究会),研究会(小さな島内の気象〜離島の気象場は海洋性なのか?〜),研究会(霧の観測〜天気予報の難所を理解する〜),アカデミックプロジェクト(気候変動・災害リスクガバナンスシステムと持続可能な開発)
所属学会・団体日本気象学会
日本地球惑星科学連合
American Meteorological Society
American Geophysical Union
主要著作・論文・作品 解説記事・著書
宮本 佳明, 2018: 台風が発達するワケ, 『台風についてわかってることいないこと』, 筆保 弘徳 編.
宮本 佳明, 2017: 台風の急発達メカニズムと強風, 強風をもたらす様々な空間スケールの渦, 日本風工学会誌, 42(1), 15-22.
宮本 佳明, 2016: 台風の発達と回転, 日本流体力学会会報誌ながれ, 35, 365-372.
宮本 佳明, 2014: Maximum Potential Intensity, 新用語解説, 天気, 61(9), 799-801.
宮本 佳明, 2012: 図解・台風の科学, 本だな, 天気, 59(11), 1017.
筆保 弘徳, 宮本 佳明, 2012: 発達過程と成熟期,『台風研究の最前線』, 筆保 弘徳・中澤 哲夫 編, 気象研究ノート, 226, 65-92.
 論文(主著者として掲載されたものの一部)
Miyamoto, Y., and D. S. Nolan, 2018: Structural Changes Preceding Rapid Intensification in Tropical Cyclones as shown in a Large Ensemble of Idealized Simulations. Journal of the Atmospheric Sciences. 75, 555-569.
Miyamoto, Y., G. H. Bryan and R. Rotunno, 2017: An analytical model of maximum potential intensity for tropical cyclones incorporating the effect of ocean mixing. Geophysical Research Letters. 44, 5826-5835.
Miyamoto, Y., T. Yamaura, R. Yoshida, H. Yashiro, H. Tomita and Y. Kajikawa, 2016: Precursors of deep atmospheric convection in a subkilometer global simulation. J. Geophysical Research ―Atmospheres―, 121, 12,080-12,088.
Miyamoto, Y., T. Yamaura, R. Yoshida, H. Yashiro, H. Tomita and Y. Kajikawa, 2016: A simple method detecting lifecycle of deep moist convection from discretized data. AICS technical report, No. 2016-001.
Miyamoto, Y., and T. Takemi 2015: A triggering mechanism of rapid intensification of tropical cyclones. Journal of the Atmospheric Sciences, 72, 2666-2681.
Miyamoto, Y., J. Ito, S. Nishizawa, and H. Tomita, 2015: A linear thermal stability analysis of discretized fluid equations. Theoretical and Computational Fluid Dynamics, 29, 155-169, doi: 10.1007/s00162-015-0345-x
Miyamoto, Y., R. Yoshida, T. Yamaura, H. Yashiro, H. Tomita and Y. Kajikawa, 2015: Does convection vary in different cloudy disturbances? Atmospheric Science Letters, doi: 10.1002/asl2.558
Miyamoto, Y., M. Satoh, H. Tomita, K. Oouchi, Y. Yamada, C. Kodama and J. Kinter III, 2014: Gradient wind balance in tropical cyclones in global experiments. Monthly Weather Review, 142, 1908-1926.
Miyamoto, Y., Y. Kajikawa, R. Yoshida, T. Yamaura, H. Yashiro and H. Tomita, 2013: Deep moist atmospheric convection in a sub-kilometer global simulation. Geophysical Research Letters, 40, 4922-4926.
Miyamoto, Y. and T. Takemi, 2013: A transition mechanism for the spontaneous axisymmetric intensification of tropical cyclones. Journal of the Atmospheric Sciences. 70, 112-129.
Miyamoto, Y. and T. Takemi, 2011: Effects of surface exchange coefficients for high wind speeds on intensity and structure of tropical cyclones: numerical simulations for Typhoon Ioke (2006). Theoretical and Applied Mechanics Japan. 59, 275-283.
Miyamoto, Y. and T. Takemi, 2010: An effective radius of the sea surface enthalpy flux for the maintenance of a tropical cyclone. Atmospheric Science Letters, 11, 278-282.
学生諸君へ一言気象・気候学は、日常生活に密接に関わる学問で、日々の天気予報や、豪雨災害、大気汚染、気候変動、地球温暖化、ヒートアイランドなどを取り扱います。気象学を学ぶことで環境問題のメカニズムを理解できるようになるだけでなく、「なぜ今日は雨が降ったのか?」・「明日は雨が降りそう」と考えられるようになります。台風や集中豪雨など日々の天気を決める気象現象が、どのように形成するのかを探求するという科学的研究に加え、日々の生活に深く関わる分、ビジネスや防災、政治など多くの分野への応用研究も考えられます。特に応用に関しては今後発展が期待できる内容で、みなさんの柔軟な発想を武器に、一緒に開拓して行ければと思っています。
プロジェクトURLhttp://met-lab.sfc.keio.ac.jp
連絡先〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
ymiya [ at ] sfc.keio.ac.jp
※メールを送る際には [ at ] を @ に変換してお送りください